動画マーケティングが生み出す効果とは?成功させるコツなども併せて解説 - Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・ディレクターの求人転職支援

動画マーケティングが生み出す効果とは?成功させるコツなども併せて解説
TIPS 2021.11.01

動画マーケティングが生み出す効果とは?成功させるコツなども併せて解説

スマートフォンの普及やインターネット接続環境の向上、動画投稿サイトやSNSの拡大により、近年は動画を活用したマーケティングが注目されています。この記事では、動画マーケティングの基本を解説し、その効果やメリット・成功させるためのポイントをご紹介します。

動画マーケティングとは


動画を使用して集客・宣伝・販売を行うマーケティング施策の総称を「動画マーケティング」と言います。例えばYouTubeに動画をアップロードして商品を宣伝したり、自社サイトに会社の紹介動画を掲載したりすることが動画マーケティングに該当します。

動画マーケティングの目的

動画マーケティングは、大きく分けて3つの目的があります。

  • 認知度の向上
    スマートフォンの普及により、ユーザーがWeb上で動画を目にする機会が格段に増えました。動画は静止画やテキストよりもわかりやすくメッセージを伝えられるため、人目を引きやすい特徴があります。そして、訴求力のある動画ならばSNSで拡散されやすいため、より多くの人に認知してもらえるでしょう。

  • 商品、サービスの販売促進
    動画は、説明が複雑になってしまうような内容もストーリー仕立てにしたり、アニメーション化したりすることで商品やサービスの概要をよりわかりやすく伝えられます。文章では伝わらない魅力や使い方がアピールできれば、効果的に販売の促進ができます。

  • ブランドのイメージアップ
    動画に企業のイメージソングやカラーを使用したり、キャラクターを登場させたりすることで企業のブランドとしてのイメージを強く印象付けることが可能です。

動画マーケティングの種類

動画マーケティングは「動画コンテンツ」と「動画広告」の2つに大きく分けられます。

  • 動画コンテンツ
    動画コンテンツは、視聴者の興味をそそる動画や娯楽性のある動画をWebサイトにアップロードし、PCやスマートフォンなどで見てもらうことで認知度の上昇やブランディング効果を狙うものです。

  • 動画広告
    従来のWebマーケティングでは、文字を用いたテキスト広告や画像を用いたバナー広告が主流でした。しかし、回線環境の向上やスマートフォンの普及によって誰もが手軽に動画を視聴できる時代になり、動画広告の市場が拡大しました。
    動画広告には、従来のバナー枠に表示される「インバナー動画広告」、スクロールに合わせて自動で再生される「インリード動画広告」、動画配信サイトで流れる「インストリーム動画広告」があります。

動画マーケティングが注目されている理由

動画マーケティングが注目を集めている背景には、動画を利用する環境が整備されたことが挙げられます。2021年には国内のスマートフォン所持者は8000万人になると言われており、またWi-Fiの拡大や5G回線の普及など、空いた時間に気軽に動画を見られる環境はさらに拡充されていくでしょう。そして、動画再生に対応した様々なメディアが増加したことも、動画マーケティングが注目されている理由のひとつです。

動画マーケティングを活用した際の効果について


ここでは、動画マーケティングで得られる代表的な効果について3つご紹介します。

検索エンジンの評価が上がりやすい

インターネット上で商品やサービスを紹介する動画が話題になれば、結果的に検索エンジンでの最適化につながり、低コストで集客ができます。特にGoogleの傘下にあるYouTubeにアップロードされた動画は、SEOの効果が現れやすいと言われています。

Webサイトのコンバージョン率がアップする

コンバージョン率はWebサイトを閲覧したユーザーのうち、どれだけの割合の人数が設定した目標に達したかを示す数値です。例えば商品を販売するECサイトであれば、アクセスしたユーザーの中でどれだけの人数が商品を購入したかでコンバージョン率が決定します。
動画を視聴して商品に対する理解が得られることで購買意欲が増せば、購入・申込・問い合わせにつながる確率が向上するでしょう。

キャンペーンの告知ができる

動画を活用することでキャンペーンの告知にも効果があります。Webページにテキストや画像を掲載して告知した場合と比べ、動画はキャンペーンの詳細を確認するために何度もクリックしたり画面をスクロールしたりする手間が不要であるため、最後まで視聴してもらえる可能性は比較的高いと言えます。

動画マーケティングで活用される広告


先述した通り、動画マーケティングの広告は大きく3種類に分かれます。ここではそれぞれの動画広告の特徴について詳しく解説します。

インストリーム広告

動画の再生前後や再生中に挿入される動画広告をインストリーム広告と言います。動画広告の中で最も多く使用されている手法で、ユーザーが動画に注視している中に挿入されるため、広告を強く印象付けることが可能です。

インフィード広告

SNSやスマートフォンで見るサイトのタイムライン(フィード)の間に埋め込まれている広告を、インフィード広告と言います。広告の形態は動画だけでなく静止画も含まれ、掲載するサイトのデザインに合わせて広告が表示されるため、広告色を抑えてユーザーに訴求できます。

インバナー広告

Webサイトやアプリのバナー広告枠内に流れる動画広告のことをインバナー広告と言います。様々な媒体で広告を表示でき、緻密にターゲティングを行えばコンバージョン率を高くすることが可能です。インストリーム広告に比べユーザーの興味を中断するようなことがないため、ネガティブな印象を持たれるリスクが減らせます。

インリード広告

Webサイトのコンテンツの間に表示される動画広告をインリード広告と言います。記事を読むために画面をスクロールしていく中で、広告が画面に表示されると動画が再生される仕組みになっています。記事を最後まで読もうとするユーザーの目に入り込みやすくなるため、スマートフォン用のWebサイトで動画広告を載せたい場合に有効です。

動画マーケティングのデメリット


近年、急成長を見せている動画マーケティングに様々な企業が注目していますが、動画マーケティングにはデメリットもあります。
動画マーケティングのデメリットは、動画の専門知識を有する人材がいない・動画制作コストが高いことです。
現状、動画マーケティングはまだ日の浅い分野であり、動画制作を行うための知識・技術を持った人材が不足しています。そして、自社内に動画制作ができる人材がいない場合、動画制作会社などに外注せざるを得ず、社内で動画を作成するよりも費用が掛かります。また、動画制作には企画・撮影・編集など複数の工程を経る必要があり、映像・音声・静止画など様々な素材を用意する必要があるのも制作コストを高くする要因です。

動画マーケティングを成功させるコツ


動画マーケティングを成功させるには、ただ動画を制作すれば良いというわけではなく、きちんと戦略を立てる必要があります。ここでは、動画マーケティング成功に必要なポイントをいくつか紹介します。

企画段階に時間を費やす

企画段階でしっかりターゲットを定めたり、動画を制作する目的と調査に時間を費やしたりと入念に準備することが、完成度の高い動画の制作につながります。シナリオや絵コンテを用意して動画の骨組みを作ることで、漠然としたイメージを形にでき、希望に近い動画が作れるでしょう。

ターゲットによって動画内容や時間、公開する場所を選ぶ

動画マーケティングでは、ターゲットによって動画の内容や時間の尺、動画を公開する場所をその都度最適なものに変更していくことが求められます。ターゲットの属性や視聴環境から求められているものを分析して動画を制作・公開しましょう。

費用よりもアイデアを重視する

動画制作にはある程度の手間とコストが必要ですが、必ずしも高額な費用をかけたものだけが成功するわけではありません。動画作成の費用が十分でない場合でも、ユーザーの支持が得られるアイデアを生み出せれば、低コストの動画であっても効果が得られる可能性があります。

まとめ


動画マーケティングは日々拡大しており、広告市場において強力な影響力を持つようになりました。動画マーケティングのノウハウをしっかりと学んで、ビジネスに活用してみてはいかがでしょうか。

▼関連記事

動画マーケティングとは? メリット・デメリットや事例をご紹介!
映像クリエイターの求人について解説!求人数の変化や求められるスキルとは?
企業がYoutubeでコンテンツマーケティングを最適化する方法

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



Webディレクターの求人

MORE

おすすめの記事