企業がYoutubeでコンテンツマーケティングを最適化する方法

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

企業がYoutubeでコンテンツマーケティングを最適化する方法
TIPS 2019.9.18

企業がYoutubeでコンテンツマーケティングを最適化する方法

企業がYoutubeでコンテンツマーケティングは可能なのか?

企業がYouTubeをより最適に活用する方法を見出そう

企業がYoutubeを使ったプロモーションには、「公式アカウントでプロモーション動画を公開する」、「Youtuberとタイアップする」などがあると思います。

しかしながら、もっとYoutubeを使い込んでコンテンツマーケティングに生かす方法はないのでしょうか?

今回は、企業がYoutubeでコンテンツマーケティングを最適化する方法について掘り下げていきたいと思います。

最適化1:テキストコンテンツを動画にする

オウンドメディアと連携をより強固にする

一番手っ取り早いのはオウンドメディアを持っている企業です。

テキストコンテンツを動画使用にして分かりやすく伝えるものをYouTubeで展開させる方法があります。

現在、Youtubeでも、イラストや漫画で分かりやすくニュースや記事を表現した動画で再生数が伸びているものがあります。

書籍でも「マンガで分かる!」「図解!」「キャラクター化!」といったように、複雑かつ専門的な内容をキャッチーなコンテンツに変換しているものが人気となっています。

もしくは、画像と文字と音声でスライドショーのようにするだけでも良いでしょう。

重要なのは、テキストコンテンツから動画コンテンツになったときに、新たな価値を生みだせているかどうかです。

オウンドメディアでテキストコンテンツを作ってから、動画コンテンツを作り、最終的にはオウンドメディアの記事下に埋め込むことができれば、「忙しい方は動画で閲覧する」ということも可能です。

Youtubeを記事内に埋め込むと、SEO的にも効果があると言われています。

オウンドメディアでテキストコンテンツを資産として持っている企業は、動画コンテンツへの変換体制を作ることができれば、かなり強いコンテンツマーケティングが行えると言えます。

動画の内製化は難しいわけではなく、知識不要で、高パフォーマンスな動画ができる動画自動生成ツールは今後ますます洗練され、種類も増えていくでしょう。

最適化2:企業内Youtuberでコンテンツ配信する

社内タレントを育成する

次は現実的に導入が難しい企業もあるかもしれませんが、社員をYoutuberとして育てながら、配信するという方法もあります。

例えば、社内に将来的にコンテンツホルダーやインフルエンサーになりたい人がいれば、その人に表に立ってもらうと良いでしょう。

そして、その人たちには副業やパラレルキャリアとして、個人的にチャンネルを開設することを促すと良いでしょう。

彼らが独立して、一人のYoutuberやインフルエンサーとして有名になればなるほど、過去に社内で撮った動画が価値を帯びるからです。

Youtuberを企業の広報の表に立つ人材と捉えると、違ったコンテンツマーケティングの可能性が出てきます。

最適化3:企業どうしでコラボレーション動画を作る

Youtuberのコラボ動画のようにブランド価値を掛け算していく

様々な企業とコラボレーションするような動画はコンテンツマーケティングとして非常に価値があると思います。

経営者どうしの対談でもいいでしょうし、同じ部署どうしの対談でも良いでしょう。

コラボして何かを作ってみるのも良いかもしれません。

こうしたコラボ企画を通じて、企業の中身を透明化することもできます。

最後に:企業もコンテンツホルダーになっていく必要がある

自社にストックされている情報を様々な切り口にコンテンツにしていこう

以上、企業がYoutubeでコンテンツマーケティングを最適化する方法についてお伝えしてきました。

今の時代はコンテンツをアウトプットできるプラットフォームは非常に増え、コンテンツの形式も様々です。

今後はAR、VRなど、ますます複雑化していくと言えるでしょう。

メディアでできること、情報に加えられることがたくさんあるため、コンテンツホルダーとしての力を磨く企業はこれから非常に強くなっていくはずです。

ぜひ、一度、自社にストックされている情報を精査してみてください。単なる社内で共有している広報誌でも、カスタマイズすれば、潜在顧客に必要なコンテンツとなり、アプローチやクロージングを促す可能性もあるのです。

Youtubeも既存の市場を理解しながらも、独自の可能性を追求してみてください。

▼関連記事

・コンテンツマーケティングにおけるSEOのポイント(設計編1/2)
・ついにユーザー数がFacebook超え!Instagram運用のコツ
・YouTuberタイアップは効果アリ!?メリットと相性の良い企業分野を解説

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事