マネジメントとは?マネジメントの本質を掘り下げよう - Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・ディレクターの求人転職支援

マネジメントとは?マネジメントの本質を掘り下げよう
COLUMN 2020.10.29

マネジメントとは?マネジメントの本質を掘り下げよう

ビジネスの根幹である「マネジメント」。そこで、今回はマジメントの意味を振り返り、マネジメントの本質的な理解を掘り下げていきましょう。

マネジメントとは簡単に言うと

マジメントは「ゴールへ導く」スキルである

マネジメントの意味を聞く際に、「経営」や「管理」と言われることがよくあります。これは間違った意味ではありませが、マネジメントを「経営」や「管理」という言葉のみでフレーミングするとなかなか本質が掴みづらくなります。

マネジメントとは、

①組織の状態をベストにし、組織のチームワークがゴールへ向かうスキル

②マジメントの対象となる個人の状態をゴールに向かってベストな状態に引き出すスキル

③社内の情報資源やコンテンツをゴールへ向かってベストな状態に活かすスキル

3つの視点で考えると良いでしょう。

社員にマジメントを施す場合、「組織の中の人間として」、「一人のビジネスパーソンとして」の双方で上手く行動や言動を促すことに役立つスキルは、すべてマネジメントと言えるでしょう。

マネジメントするのは人だけとは限りません。デジタルテクノロジーが整った時代は、ツールやシステムを使い、コンテンツをマネジメントすることで企業はより良い方向へ向かいます。

人でも情報でも、社内のあらゆる状況を「活かす技術」をマネジメントと取ることができます。

マネジメントの種類

種類1:組織形成に関わるマネジメント

マネジメントの一つは、ビジネスチームワークの形成に携わるものがあります。

経営層が行うトップマネジメント、中間管理職が行うミドル・マネジメント、現場監督が行うロワー・マネジメントとういのもあるでしょう。

会社だけでなく、スポーツで行うチームマネジメントも組織形成に関わるマネジメントです。

ダイバーシティマネジメントは、個人や集団間に存在するさまざまな違い、すなわち「多様性」を争優位の源泉として生かすためマネジメントで、これも組織作りを意識したマネジメントの一つと言えるでしょう。

目的と組織を擦り合わせていくため、個人は「目的に沿った組織のメンバーとしての役割や意識に集中すること」に重きが置かれていくでしょう。

種類2:個人へ向けたマネジメント

その人、一人にフォーカスしたマネジメントです。例えば、タレントマネジメントは、個人の才能発掘にフォーカスしていきます。

モチベーションマネジメントは、当人のモチベーションへスポットが当たります。

モチベーションマネージメントトは、パフォーマンスマネジメントの一つに括られることもあります。

個人のベストな活動が、組織の最大幸福につながるというマネジメント思考の特性を持ちます。

組織内だけでなく、顧客に対して振る舞うクライアントマネジメントとも存在します。これは、クライアントに対する一挙手一投足によって、プロジェクトの進行やコストが大きく変わるためです。

クライアント以外にも、外注するクリエイターや専門家に適切なヒアリングやディレクションやケアを行うことは、プロジェクトマネジメントの一つだと言えるでしょう。

種類3:人間以外のマネジメント

マネジメントの対象は人間だけとは限りません。

企業が保持している情報・知識をビジネスに活かすことはナレッジマネジメントと言われています。

クリエイティブな制作現場などでは、プロジェクトを管理することをプロジェクトマネジメントと言います。この場合のプロジェクトマネジメントとは対人コミュニケーションも含まれますが、その他にもプロジェクトの計画を練り、ゴールを描くことは、対人以外の仕事になります。

企業がこれまでにアウトプットした写真・文章・動画・メディアなどを再構築して、新たな資産を作るような施策は、コンテンツマネジメントと言えます。

企業規模や業態によっては、リスクマネジメントがマネジメントの中でも高い優先事項に入る場合もあるでしょう。

システムを導入し、システムを運用するような場合は、システムマネジメントと言われます。

何をマネジメントするに対しても、ゴールへ向かうためにマネジメントしていくわけです。

マネジメントスタッフ(マネージャー)の役割

役割1、リサーチ

徹底して判断材料を得るためのリサーチを行うことが良いマネジメントの第一歩と言えるでしょう。

役割2、ヒアリング

組織や個人をマネジメントする場合、相手から正しい情報を引き出す必要があります。

特に自己開示能力が低い人は、相手へ質問を投げ掛けても、相手は自己開示しないので、本音を隠して、嘘や建前の情報を返報するようになります。

すると、いくらヒアリングしても、相手の本心や本質を理解できずに、間違って引き出した内容で間違ったマネジメント施策をしていくことになってしまいます。

少ないコミュニケーションチャンスで、相手が本音を漏らしてくれる、そのためには、普段から本音でディベートするような機会を増やし、お互いが本音で語り合うことが当たり前の関係になっている必要があります。

役割3、エスコート

背中を押す、背中を見せる、一緒に行うといったエスコートもマジメントにおける役割となるでしょう。

組織や個人の自己肯定感や自己効力感を理解したうえで、適切なエスコートをしていく必要があるでしょう。

性格や行動体質ややる気によっては、エスコートをせずに、放任することがベストなマネジメントとなるケースもあるでしょう。

役割4、ケア

自分が行ったマネジメントの結果をしっかりと見届け、チェックし、最終的にケアを行っていきます。

最後に:ミクロなマネジメントは、ビジネスのマネジメント力を引き下げる

マネジメントという観点で様々な物事にチャレンジしていこう

以上、マネジメントの意味について掘り下げてきました。

マネジメントは様々な種類がありましたが、突き詰めると、全てがビジネス向上へ繋がっていきます。

ある1つの分野のマネジメントが上手になれば、自分のビジネスパフォーマンスそのものが大きく引き上がります。

例えば、コンテンツマネジメントを突き詰めた人は、自分自身が何かをコンテンツ作って大きく稼ぐことができる力を持つようになるでしょう。

システムマネジメントを突き詰めた人は、自身が独立してシステムコンサルティングのビジネスで成功できるようになるでしょう。

対人スキルとしてマネジメントを突き詰めた人は、人へ良い方向へ変わることのコミュニケーションスキルが腑に落ちているでしょう。カウンセラーでも、ビジネスコーチでも、営業でも、講師業でも、活躍すると言えます。

このようにマネジメントは、ビジネスの全体的な能力へ育っていきます。ぜひ、マネジメントという観点で、様々なことにチャレンジしてみてください。

▼関連記事

・「パーキソンの法則」意識すれば、組織・タイムマネジメント・生産性が大きく変わる!?
・自宅でのリモートワークでモチベーションをコントロールする10の方法
・ビジネスに活かせるマインドコントロールの技術・方法5選

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



Webディレクターの求人

MORE

おすすめの記事