Webマーケティングにおける主な「集客施策」とは?

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

Webマーケティングにおける主な「集客施策」とは?
COLUMN 2019.10.25

Webマーケティングにおける主な「集客施策」とは?

インターネットの普及に伴い発展し続けてきたWebマーケティングは、今やビジネスに欠かせないマーケティング手法です。自社のWebサイトやSNSを活用しながら、多種多様な方法で顧客にアプローチしている企業も多いでしょう。

Webマーケティングにも様々な種類が存在しますが、中でも重要なのが「集客」です。あらゆる「集客施策」を施し、より多くのユーザーを集めることが、Webマーケティングの醍醐味だとも言えるでしょう。そこで当記事は、初心者向けに、Webマーケティングにおける主な「集客施策」をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Webマーケティングにおける「集客」とは?

上記の通り、「集客」は、Webマーケティングにおいて非常に重要なミッションだと言えます。そもそもWebマーケティングとは、Webの特徴を活かしながら多くのユーザーを集め、最終的に自社の商品やサービスが売れるようにすること。よって、「Webの特徴を活かしながら多くのユーザーを集める」ことができなければ、Webマーケティングは始まりません。

そこで、Webマーケティング担当者は、様々な「集客施策」を考え、実践していきます。もちろん、企業によって最適な「集客施策」は異なるので、多くの企業がWebマーケティングに頭を悩ませているわけです。

Webマーケティング初心者であれば、まずは、基本的な「集客施策」を覚えておくべきでしょう。以下では、代表的な「集客施策」について解説していくので、参考にしてみてください。

主な「集客施策」

Webマーケティングにおける主な「集客施策」は、以下の6つです。それぞれ分かりやすく解説していきます。

・SEO
・リスティング広告
・アフィリエイト広告
・SNS広告
・リターゲティング広告
・オフライン広告

SEO

皆さんは、「SEO」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?「SEO(検索エンジン最適化)」とは、簡潔に言うと、Webサイトが検索結果の上位に表示されるよう対策することです。

ユーザーは、基本的に、検索結果の上位1~3記事程度しかクリックすることはありません。つまり、Webサイトを所持していても、検索結果の上位に表示されなければ、Webサイトの存在意義は極端に薄れてしまいます。Webサイトへのアクセスを多く集めるためには、「SEO」の知識が必須だと言えるでしょう。

【参考記事】
昔よくあったけど今は絶対やってはいけないSEO手法
SEOを行うのに押さえておくべき基本ツール5選

リスティング広告

「リスティング広告(検索エンジン連動型広告)」は、検索結果ページに表示される広告です。課金すればすぐに上位表示されるため、「SEO」よりも即効性の強い「集客施策」だと言えます。また、選定キーワードやクリック数によって費用が変動する、という特徴を持っています。

代表的な「リスティング広告」は、「Google AdWords」や「Yahoo!プロモーション広告」です。

アフィリエイト広告

1996年、米アマゾンドットコムが、アフィリエイトプログラムを開始しました。以降急速に発展したのが、「アフィリエイト広告」です。

アフィリエイトとは、ユーザーが自分のWebサイト等に「おすすめ商品」の広告を掲載し、その広告を介して売上が発生した場合に、売上の一部が広告主からユーザーに支払われる、という仕組みのこと。成果報酬型広告のため、低リスクで始めることが可能です。

SNS広告

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用した「SNS広告」も、今や主流の「集客施策」だと言えるでしょう。多くの人のライフスタイルに溶け込んでいるSNSを活用して、自社の商品やサービスを宣伝することができます。

Webマーケティング初心者であっても、以下のような、有名な「SNS広告」はしっかりと押さえておきましょう。

・精度の高いターゲティングが可能な「Facebook広告」
・10代・20代の女性向けマーケティングに最適な「Instagram広告」
・拡散力の高い「Twitter広告」
・幅広い年代にアプローチできる「LINE広告(LINE Ads Platform)」

【参考記事】
ついにユーザー数がFacebook超え!Instagram運用のコツ
7500万人にリーチ!LINE@の効果的な活用方法

リターゲティング広告

「リターゲティング広告」とは、Webサイトへ一度アクセスしたことのあるユーザーに対して広告を配信し、再アクセスを促す「集客施策」です。

自社のWebサイトや商品ページに訪問したことのあるユーザーは、一般的なユーザーと比較して、自社や自社商品への興味関心が高いと予測できるでしょう。そのようなユーザーに絞ってターゲティングを行うことで、効率の良い集客アプローチができます。

ターゲットを絞っているので、ある程度はコストを抑えることが可能ですが、そもそもWebサイトへのアクセスが少ない場合、あまり効果的な手法とは言えません。

オフライン広告

Webマーケティングでは、「オンライン広告」だけでなく、「オフライン広告」も重要です。様々な方法で、ユーザーを自社のWebサイトへ誘導していきます。例えば、テレビCM・新聞・雑誌・街頭広告などが挙げられるでしょう。

残念ながら、「オフライン広告」は、高コストなケースが多いです。しかし、上手く活用することができれば、非常に高い集客効果を発揮する可能性もあります。

まとめ

初心者向けに、Webマーケティングにおける主な「集客施策」をご紹介しました。冒頭でも触れましたが、あらゆる「集客施策」を施し、より多くのユーザーを集めることが、Webマーケティングの醍醐味だとも言えます。ぜひ当記事を参考にしながら、より効果的な「集客施策」を探してみてください。

▼関連記事

・Web運営初心者向け!効果的な「情報収集」の方法を徹底解説!
・UI/UXの素晴らしいサービスとは?先行サービスから学ぶ良いUI/UX
・Webデザイナーのサイト改善などに必須!Webマーケティングを知ろう

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事