STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

ビデオの強調スニペットとは?検索結果にあなたの動画が表示されやすくなるためのポイント
TIPS 2021.11.22

ビデオの強調スニペットとは?検索結果にあなたの動画が表示されやすくなるためのポイント

ビデオの強調スニペット

ビデオの強調スニペット

検索結果画面に表示される強調スニペットの中には、動画の強調スニペットもあります。
自分が運営しているサイトの動画をYouTubeにアップしている場合、この強調スニペットからの流入も期待できます。

今後検索エンジンではテキスト検索から画像や動画検索にユーザーがシフトしていく可能性が大きいため、SEO的にも力を入れたいところです。

ビデオの強調スニペットとは

ビデオの強調スニペットとは

強調スニペットは、Webページ内の情報から検索クエリに対する回答を表示する仕組みですが、動画の場合は楽曲名やアーティスト情報を検索した場合に登場する強調スニペットです。

キーワードにマッチしたYouTubeに投稿される動画が自動抽出され、強調スニペットとして表示されます。
アーティストの楽曲以外にも、ハウツー・料理・スポーツなどさまざまな種類の動画が採用されています。
動画の強調スニペットはほかの強調スニペットと比べると、テキストリンクが多く表示されることがあります。

ビデオの強調スニペットの表示例

例えばアーティストの曲名を検索すると、その楽曲に関連する画像・YouTubeへのリンク・歌詞・楽曲の配信に関する情報・アーティスト名・リリース年・ジャンルなどが検索結果画面の一番上に出てきます。当該アーティストに関連する動画や、他の人はこちらも検索といったレコメンドが出る場合もあります。

YouTubeビデオの強調スニペット対策

YouTubeビデオの強調スニペット対策

自社のサービスや商品に関する説明などを動画化したり、使い方や導入事例などを動画化してわかりやすく説明するケースがあるかと思います。もしそういった動画をホームページだけに掲載し、YouTubeなどの動画サイトにアップしていないのはSEO施策の面からみると非常にもったいない事です。

なぜならYouTubeに動画をアップしていれば、ユーザーが検索をしたときに、その動画が強調スニペットとして検索結果画面の一番上に表示されるかもしれないからです。

もし「○○社 ○○製品 使い方」 などとユーザーが検索した時に、その使用方法を紹介した動画が検索結果画面に出てくれば、ほぼ間違いなくクリックするのではないでしょうか。そこからWebサイトへの流入も期待できるので、動画の強調スニペット対策はSEO施策の一つとして行うべきです。

ではYouTubeにアップ済みの動画を、どのようにすれば強調スニペットに採用されるのか。その対策を紹介します。

動画チャプターを設定する

YouTubeにアップ済みの動画も、これから撮影予定の動画においても「チャプター」の作成をおすすめします。

一般的に動画チャプターを設定することで、ユーザーが見たい場面を見つけやすくなるメリットや、ユーザーのストレスを軽減できるので、好感度が上がります。それ以外にも、Googleの検索でその部分が大きく表示されるほか(強調スニペット)、YouTube内の検索結果でもそのチャプターで検索できるようになります。チャプターを入れるだけで見やすさや検索のしやすさ、そして強調スニペットに採用される可能性も高まるのでおすすめです。

ビデオのタイトル・説明・タグ

強調スニペットに採用される可能性が高くなる対策として、ビデオのタイトル・説明文・タグの設定があります。

基本的に検索クエリに対するシンプルな回答が含まれていることが、強調スニペットに採用される可能性を高めますが、動画の場合もそうしたテキストがタイトルや説明文に含まれていることが重要になります。

字幕のアップロード

YouTube動画の字幕はつけてもつけなくても良いものという認識を持っているかもしれませんが、実は字幕を付けることで多くのメリットがあります。

一つ目は目や耳に障害のあるユーザーやシニア層に対し、アクセスしやすい動画にできること、二つ目に字幕によって動画+テキスト情報という二つの情報があることで、検索エンジンに対しその内容の理解を促し、動画コンテンツとしての質を評価される可能性が高くなります。

動画が評価されれば検索順位の向上や、強調スニペットに採用される可能性が高くなります。検索順位が上がり、動画へのアクセス性が高まることで動画の視聴時間や回数が増えていけば、更なる高評価を期待できます。そうすることで強調スニペットに採用される日も近くなるはずです。
その為、動画コンテンツのSEOとして、字幕をテキストデータとして用意しましょう。

ちなみに字幕をアップするときは、動画コンテンツの音声をそのままテキスト化するのではなく、時には無駄な相づちやトークを省略して読みやすいものにしましょう。

可能であれば多言語対応

多言語対応は必須ではありませんが、商材が海外向けのものでもある場合、多言語対応しておくことで海外からの流入を増やすことができます。国内向け製品でも海外から注文が舞い込む可能性はゼロではありません。動画に英語の字幕を付けるだけで対世界という視点で、動画コンテンツや自社に関する商材などをアピールできます。動画を使ったマーケティングを考えている場合、多言語対応を積極的に行いましょう。

翻訳を行う際の注意点としては、日本語でテキストを書き起こし、冗長な部分をなるべくシンプルにしてから外国語にすると読みやすくなります。動画コンテンツや動画のコンセプトによって字幕のスタイルを変えるとより伝わりやすくなるでしょう。

テキストのブログコンテンツにビデオを埋め込む

もし自社でブログを開設している場合、テキストや画像だけのコンテンツだけでなく、動画を埋め込みましょう。
動画を埋め込むことで、動画へのクリックが増えれば検索エンジンの評価も高まります。動画が評価されれば、強調スニペットに採用される可能性も高くなるでしょう。

ビデオの強調スニペットとして表示されることのメリット

>ビデオの強調スニペットとして表示されることのメリット” width=”300″ height=”200″ class=”alignnone size-medium wp-image-10800″ />
<p>動画の強調スニペットに採用された場合、ほかの強調スニペットと同じくユーザーの目に留まりやすくなるというメリットがあります。
<br />これによって検索からのユーザー流入が期待できます。</p>
<p>また動画の場合、メディアや影響力のある個人や媒体に注目され、思わぬ形で紹介や特集が組まれることもあります。動画がバズってしまうかもしれませんね。また企業からアクセスされることで、広告の掲載依頼やコラボレーションの依頼、受注が舞い込む可能性もゼロではありません。</p>
<h3>ビデオの強調スニペットは今後更に利用されることが予想されている</h3>
<p>すでに日常的に多くの方がスマートフォンを利用して動画を見る時代になっていますが、これが5Gのサービス開始でさらに進化する可能性があります。通信環境の改善はより快適で安価に、スマートフォンを使った動画視聴を実現するでしょう。そうすれば通信料を気にせずに「スマホで動画を見る」という行動のハードルは、世代問わず低くなっていくことが予想されます。
<br />そうするとこれまで以上に動画コンテンツや動画広告の重要性が増していくでしょう。そうなれば企業はより「動画」に向き合わなくてはなりません。
<br />こうした通信環境の変化と動画視聴に対する人々の行動変容をGoogleが注目しないわけがありません。</p>
<p>今後は検索結果画面においてもより動画が重視され、動画の強調スニペットが幅広く浸透し、ユーザーも動画を閲覧しwebサイトを訪ねることが一般的なものになっていくはずです。</p>
<h3>まとめ</h3>
<img src=

Webサイトを運営し、マーケティングを行っていく上で動画は欠かせないものになりつつあります。強調スニペットも自社サイトへの流入策の一つとして真剣に考え、アップ済みの動画やこれから作成予定の動画については、今回紹介したいくつかのポイントを踏まえて構成しましょう。

▼関連記事

動画マーケティングが生み出す効果とは?成功させるコツなども併せて解説
映像クリエイターの履歴書・職務経歴書に書くべきことは?
【第2回】動画・映像クリエイターに聞く!〜動画制作を仕事にするには?〜

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事