STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

LP制作会社の選び方の重要なポイントとは?おすすめLP制作会社も紹介!
TIPS 2020.12.16

LP制作会社の選び方の重要なポイントとは?おすすめLP制作会社も紹介!

皆さんはランディングページ、通称LPをご存じでしょうか。LPとは様々なネット広告やリンクをクリックした際に表示される、サイトを含むWebページ全般を指す言葉です。一般的なWebページとの違いとして、LPは一つの商品やサービスを売るための一枚の長い構成で形作られることが挙げられます。LPはネットで売り上げを上げるための重要な施策であり、中にはLPを改善しただけで顧客獲得数が6倍になったという事例も存在します。

今回はそんなLPの制作を専門とするLP制作会社について、会社選びの際のポイントやおすすめの制作会社などを解説します。

LP制作会社とは

冒頭でもご説明した通り、LP制作会社とはランディングページの制作を専門とする会社で、その数は全国で1,000社にも上ります。LP制作だけを中心に行っている会社もあれば、HPの作成やSEOコンサルティング、解析サービスなどを包括的に提供している会社もあります。依頼する際にはこれらのサポート内容と費用のバランス、自社の求めることを考慮して考えることが大切です。

LP制作会社選びの押さえておきたいポイントとは?

LP制作に強い制作会社の特徴をご紹介する前に、まずは会社選びで失敗しないためのポイントを4つ解説します。LP制作会社を選ぶ際にいずれも押さえておくべき最重要ポイントとなるので、ぜひチェックしてみましょう。

費用相場と予算を把握する

まずは制作費用の相場と、作りたいLPがどれくらいの予算で実現できるものなのかを確認してみましょう。 依頼する制作会社によって多少異なりますが、おおよその目安として安価な案件で10万円、高額なものであれば60万円程度が相場になります。この費用感の違いは、分析サービス有無やデザインの品質から生まれます。シンプルなLPや単に安く済まそうと思えば安く済みますが、いくら安価でも成果が上がらなければ制作する意味がありません。予算が無駄にならないよう、どれだけのコストパフォーマンスが期待できるのか、事前に運用後のシュミレーションもしておくと安心です。

目的を明確化する

あらかじめ目的を明確化することも大切です。自社がLPを作成するのは新規顧客の獲得をメインにしたものなのか、それとも既存顧客をメインにアップセルを目的にしたものなのか、達成したい目的によって最適なLPも異なります。また、例えば一口に新規顧客をメインにしたものであったとしても、ニーズが顕在化した顧客を狙うのか、潜在顧客を狙うのかによっても作るLPの内容は変わるでしょう。制作会社によっても得意とする分野や実装できる機能はさまざまなので、自社の目的と依頼する制作会社の相性を考えておくといいでしょう。

またLPは制作して終わりというわけではありません。完成した時点から運用が始まり、その後にどうPDCAを回していくかが成果に影響します。運用後の改修サポートや分析サポートなどを提供している制作会社であれば、よりスムーズに運用を進められるかもしれません。

実績やノウハウを確認する

ホームページ制作会社がどれくらいLP制作に長けているかを判断するために、制作実績やノウハウを確認しておくことも大切です。というのも、制作実績が豊富な会社であれば実装できる機能のバリエーションが豊富だったり、最適なLPのノウハウを持っていたりするためです。発注を検討する際には、制作会社の公式HPに掲載のある制作実績数などをあらかじめ確認するようにしましょう。

LP公開後のサポートを確認する

LPを公開したものの、意外に集客できないというケースも少なくありません。そのような場合は公開後に効果検証を行い、より集客効果が高いランディングページへと改善していく必要があります。

しかし、LP公開後のサポートを提供していない制作会社を選んでしまうと、LP制作にかかった費用が無駄になってしまいがちです。自社にある程度知見を持った人材がいるのであれば、改修を任せることもできるかもしれませんが、通常業務の傍ら改修作業を行うのは困難なはずです。

また、LPOを行ううえでヒートマップツールやABテストツールなどは欠かせないものですが、これらのツールを使うにはある程度の専門知識が必要になります。広告配信する場合には配信予算もかかるため、なるべく早く効果改善を行ってくれる制作会社に頼むのがベストと言えます。

特徴別!LP制作会社の選び方

ここからは、LP制作会社の選び方を特徴別にご紹介します。
まずは何を第一優先にしてLP施策を実施するのかを洗い出し、自社のニーズに合った制作会社選びをしてみましょう。

広告運用が得意

まず一つ目は、LPを使った広告運用の実績で判断する方法です。多くの制作会社では制作したLPのデザインを掲載していますが、効果を重視している会社では効果実績を数値で示していることもあります。そうした会社には運用に関するノウハウがしっかり蓄えられているケースも多いため、LP制作を初めて依頼する方におすすめです。

また、LPの広告運用と言ってもその種類は様々です。リスティング広告やリマーケティング広告、ブランディングを目的とした動画広告用のLPなど多種多様なものがあります。そのため、自社の目的に沿った種別の選定・実装・運用までをサポート、もしくはコンサルティングしてくれるような会社であればなお良いでしょう。

実績が豊富

次に、実績をもとにして選ぶ方法もおすすめです。ピックアップした会社の中から、自社と同じ業界・業種での制作実績があるかどうか確認しておきましょう。似たような業種での制作実績があれば、効果的な訴求方法のポイントを抑えたLPを制作してくれたり、制作物のズレが生じにくかったりするはずです。

費用が格安

費用面から選ぶのも一つの方法です。特に試しとしてLP施策を実施する場合などは、ミニマムの費用から始められるほうが安心でしょう。実際、ランディングページのコンセプトが決まっていれば、受注から最短1週間以内で、かつ費用は5万円以内という会社も存在します。

格安でサービス内容も良い会社の特徴としては、ヒアリングや前提条件のすり合わせが丁寧に行われていること、商材ごとのベストプラクティスを提案してくれることなどが挙げられます。すでにノウハウが蓄積されている会社であれば、商品ごとの勝ちパターンが既に構築されているので、打合せから納品まで比較的早く完了します。

業界特化型

最後に、ある特定のターゲットや業界に専門的に精通しているという観点から選ぶ方法です。例えば、BtoB企業のLP制作に特化した会社や、toCの中でも健康食品に強みを持つ会社、資格試験・セミナーなどのやや固めの業界での制作実績が豊富な会社など様々です。業界に特化した会社の場合、ユーザーが好むデザインや色味だけではなく、訴求のキャッチコピーに関するノウハウが蓄積されているケースも多く、より効果の高いLPが期待できます。

ある程度自社の商材が絞られていたり、ニッチな分野だったりする場合は業界に特化した制作会社を選んでみましょう。

まとめ

今回はLPをテーマに、制作会社の選び方をご紹介してきました。ここまでご説明したように、LP制作を行う会社と言ってもそのバリエーションは色々です。より質の高いLPを実現するためにも、そして施策の効果を高めるためにも、ぜひ自社にあった制作会社を選んでみてくださいね。

▼おすすめ!STASEONのランディングページ制作サービス

・デザイン・コーディング・原稿作成まですべて込み!集客率や成約率も高いLP制作サービスはこちら

▼関連記事

・ランディングページ(LP)の効果測定に便利!ヒートマップを分かりやすく解説
・テンプレートで手軽にLP制作ができる?おすすめテンプレートをご紹介!
・LP制作の【相場】を徹底解剖!ラインディングページの値段は幾らが妥当か?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事