おしゃれなLPを作るには?おすすめギャラリー&まとめサイトもご紹介! - Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・ディレクターの求人転職支援

おしゃれなLPを作るには?おすすめギャラリー&まとめサイトもご紹介!
TIPS 2020.12.15

おしゃれなLPを作るには?おすすめギャラリー&まとめサイトもご紹介!

企業が商品やサービスを紹介するとき、インターネット上にも多くの広告を載せるようになりました。
広告をクリックして表示されるページは「ランディングページ(LP)」と言い、通常のWebページとは異なる構造や要素が求められます。LPのクオリティが変わるとその広告の宣伝効果が大きく変わるため、商品・サービスの顧客を増やすためには良質なLPの存在が重要です。 この記事では現代の広告に欠かせないLPの作り方について、LPにおける「おしゃれ」の基準から解説します。

「おしゃれな」LPとは

LPは通常のWebページと異なり、企業が提供する商品・サービスの紹介やコンバージョンに特化したページです。

広告をクリックした閲覧者が最初に見るページであり、LPの良し悪しは人の第一印象のように大きな影響を与えます。LPはページの構成も縦長の1枚ページになっていることが多く、通常のWebページと異なる考え方で作る必要があります。

特殊なWebページであるLPにおいては、「おしゃれ」か否かを決める基準も独特です。LPにとって最も重要なことは商品・サービスのコンバージョンに導くことであり、ターゲットの興味を引きやすく契約や登録など先の段階に進ませやすい構造・デザインが求められます。きらびやかで美しいページであっても、要点が伝わらなかったり情報の入力がしづらかったりしてはLPとして適していません。すっきりと内容がわかりやすく、閲覧者の興味を引いてコンバージョンさせられるLPが「おしゃれ」なLPだと言えるでしょう。

LPを作るコツ

インターネットの発達に伴いLPの重要性も増し続けています。しかし、LP制作には普通のWebページと異なる工夫が必要になるため、制作のハードルが低いとは言えません。

最初に閲覧者の興味を引くことが大切なLPでは、冒頭で要点を伝えたり凝った見出し・キャッチコピーを作ったりする必要があります。その他にも多く存在するLP制作技術のコツを習得するためには、まず多くのLPを実際に見て自分の手で模写してみましょう。手間と時間をかけずLPを運用したい場合は、LP制作会社に依頼することも一つの手段です。
以下では良質なLPを制作するコツについて詳しく解説します。

構成を工夫する

LPは役割と構造が特殊なため、ページ内の構成に工夫が必要です。
LPで伝えたい要点はなるべくページ内上部に配置しましょう。LPを開いた閲覧者の多くはあまりスクロールせずにページを閉じてしまうため、要点を下部に書いてもほぼ読まれません。その後、中部付近で商品・サービスやそれらが持つ利点を紹介します。

「資料ダウンロード」など、比較的簡単に行えるコンバージョンへのリンクも設けられます。その後下部で商品・サービスの導入実績を挙げて、最後に本格的なコンバージョンへのリンクを用意します。氏名や住所などを入力するフォーム欄を簡潔に抑えることも大切です。

Webページより1枚の広告に近い性質を持っているLPでは、まず興味を引いてから詳しく解説していくという独特な構成が求められると言えるでしょう。

見出しのデザインやキャッチコピーにこだわる

LPは冒頭のつかみが何より重要になるため、特に見出しデザインやキャッチコピーにこだわる必要があります。
ページを開いた最初にキャッチコピーを表示して、ターゲットが抱えていると思われる悩みや課題点などを指摘しましょう。続けて閲覧者が共感できるような内容を書き、その後商品・サービスの紹介に入ります。閲覧者に対する訴求力をより強くするために、画像素材の厳選や細部のデザインへのこだわりが求められることもあります。

また、効果的な見出し・キャッチコピーを作るためにはターゲットを詳細に設定しておく必要があります。商品・サービスを利用してほしい典型的な人物を想定して、その人物に最もよく響く内容を考えましょう。

参考サイトをよく見て学ぶ

優れたLPを作るためには、多くのLPを実際に見て構成や工夫などを学ぶことが大切です。
多くの例を観れば、LP制作における注意点やポイントが実際のページ上でどのように活かされているか、という実際の運用方法を把握できます。

なお、LPを見るときは、実際に模写してみるとより制作技術を向上させられます。LPもWebページの一つのため、制作にはHTMLやCSSなどのコーディング技術が必要です。書籍や学習サイトなどで基礎を習得したあと、基礎段階で扱わなかった技術やページ全体を俯瞰的にとらえる能力などを磨くためにLPの模写は非常に効果的です。LP制作で頻出するパターンを把握することで制作速度の高速化も図れます。

また、ページ内のどこでどのような工夫がなされているか、効果的な手法を多数習得できれば自作LPの質を上げられます。

おしゃれなLP制作が得意な制作会社に依頼する

おしゃれなLPを確実に作る最も確実な方法は、LP制作会社に依頼することです。
LP制作にはWebサイト制作技術とLP制作独自の技術を両方習得している必要があり、効果的なLPを作るには低いとは言えないハードルがあります。制作会社であればLP制作に必要な技術やノウハウを持っており、お金はかかりますが確実に良質なLPを使えるようになるでしょう。

制作会社に依頼するときは、LP全体を発注するだけでなく部分的に依頼することもできます。制作会社や請求される費用相場も数多く、依頼するときはLPに求める要素や制作会社の特徴、費用対効果などを計算に入れて考えましょう。自分に適した制作会社を紹介してくれるサービスを利用するのもおすすめです。

おすすめのギャラリーサイト

LPの制作技術を上げるためには数多くのLPを見ることが効果的です。
インターネット上には良質なLPがまとめられているギャラリーサイトが複数あり、LP制作学習の助けになります。各ギャラリーサイトはそれぞれで特徴があり、自分の目的や好み、利便性などで選択可能です。より多くのLPサイトを見てセンスやコツなどを学びましょう。

ここではLP閲覧におすすめできるギャラリーサイトをご紹介します。

LPアーカイブ

主にデザイナーやディレクターの視点からLPを見られるサイトです。豊富なサイトの中から色や分類だけでなく雰囲気を基準に検索できるため、作ろうとしているLPに近い雰囲気のものを探したり、どのようなLPがどのようなコンテンツに合うか調べたりと便利に使えます。模写練習する対象を具体的に決める際にも役立つでしょう。LPや制作に関する情報提供も行っており、LP制作を練習するうえで知っておくべきサイトです。

ランディングページ集めました。

現役のWebディレクターが管理人を務めるLPギャラリーサイトです。新しいLPが掲載されるとSNSで告知されるためすぐに確認できます。きれいなLPやかっこいいLPだけでなく「売れる」LPも含まれている点が特徴で、より多くのコンバージョンを得られる効果的なLPを制作するために役立ちます。数あるLPギャラリーサイトから最初に利用するサイトとしておすすめです。

Web Design Clip [L]

サイト自体がおしゃれですっきりした雰囲気を持つLPギャラリーサイトです。各LPが大きく表示されているため見やすく、気に入るものを探しやすい利点があります。また、大きな特徴としてメインカラーとサブカラーを組み合わせて検索できる点が挙げられます。ボタンや文字の色などを考えるときに役立つでしょう。「フッター固定」や「手描き風」など具体的なタグ付けがされている点も特徴です。

まとめ

この記事では、LPにおけるおしゃれさや良質なLPを作るためのコツ、LPの閲覧に便利なギャラリーサイトなどを紹介しました。LPは通常のWebページと異なる特徴を持っているため、独特な手法や構成で作る必要があります。求められる要素も独特で、縦長のページで最初に閲覧者の興味を引くことが特に重要です。クオリティの高いLPを作るためには多数のLPを見たり模写したりして学習する必要があり、多くのLPをまとめて見られるギャラリーサイトの活用がおすすめです。LP制作のハードルは高いため、場合によってはLP制作会社に依頼することも選択肢に入れましょう。

良質なLPは24時間働いている敏腕営業マンのようなもので、LPの質により商品やサービスの売上が変わってきます。インターネットが発展していく現代において、LPはさらに重要なものになっていくでしょう。

▼おすすめ!STASEONのランディングページ制作サービス

・デザイン・コーディング・原稿作成まですべて込み!集客率や成約率も高いLP制作サービスはこちら

▼関連記事

・LP制作会社に依頼するときのポイントと制作会社選びのコツ
・LP制作の【相場】を徹底解剖!ラインディングページの値段は幾らが妥当か?
・ランディングページ(LP)のメリットとデメリットを徹底解説!

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



Webディレクターの求人

MORE

おすすめの記事