放送作家になるにはどうすれば良いの?具体的な方法をご紹介!

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

放送作家になるにはどうすれば良いの?具体的な方法をご紹介!
TIPS 2020.11.20

放送作家になるにはどうすれば良いの?具体的な方法をご紹介!

みなさんは、放送作家として働くことについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。詳しく知っている方もいれば、大まかなイメージしか持っていない方もいるかもしれません。今回は放送作家として働くことをテーマに、必要なスキルや資格、心構えなどを詳しくご紹介します。

放送作家として働くうえでの基礎知識

放送作家として働くうえでの基礎知識として、まず番組制作にかかわる全てが仕事だということを理解しなければなりません。また能力的な面で言えば、番組がどのように生まれどのような過程を経て放送されているのかも知っておくといいでしょう。

放送作家の仕事内容とは?

放送作家の業務内容を具体的に言うと「番組の台本作り」です。ただ、台本と言ってもドラマなどのストーリーを書くわけではありません。

放送作家に年齢制限はある?

一言で言ってしまうと、放送作家を目指すのに年齢制限はありません。ただし、それではいつだって放送作家として仕事をもらえるのかと言えばそうではありません。一般的には若ければ若いほどいいと言われています。その理由は主に2つあります。1つ目は、年をとっていると番組ディレクターが指示が出しづらくなってしまうこと。2つ目は早い内から経験を積んでおけば、体力が衰えた時に既に効率化ができている場合が多いことです。ですので、少しでも放送作家を目指そうと考えている方は早めに行動しておくといいでしょう。

放送作家として必要なスキルとは?

放送作家に必要な資格は特にありませんが、働くうえで必要不可欠なスキルはいくつかあります。まず1つ目は台本や企画書を書くための高い文章力、2つ目は短い時間で効率良く情報収集を行える能力、そして魅力的な番組台本を生み出すための発想力とそれにともなう知識量の4つがスキルとして求められます。

放送作家になる方法

放送作家を目指す場合は必ずしもテレビ局に入局する必要はありません。100人居れば100通りのなり方があると言われているほど、目指し方は様々です。例えば、高校を卒業してからそのまま入職するパターンや、各種学校を卒業して企業に入職するケース、コンテストの公募から作家になるケースなどがあります。では、ここからは放送作家を目指している人が一般的にどのような進路を辿っていくのかについてご紹介します。

放送作家養成の専門学校に入る

前述の通り、放送作家には日本語力や文章力、企画を考えるための発想力、知識の豊富さが必要不可欠です。そのため、高校を卒業したら専門学校に入り、文章力や構成力を鍛える人も多くいます。放送の専門学校では番組制作や演出、企画の出し方、台本書きの基礎などについて学ぶことができます。放送作家の養成スクールで学び、人脈を作って仕事をもらったり、制作会社のアルバイトから可能性を見出されて放送作家になったりする方もいます。

テレビ局や制作会社に入社する

専門学校に通う方も多いですが、それと同じくらいテレビ局や制作会社に入る方も多いです。理由としては、専門学校にはない現場感を肌でいち早く体験し、仕事としての経験値を積むことができるからです。業務内容は、企画・制作・進行・撮影・CG制作・音響制作・スタジオ貸しなどが挙げられます。人によって任される仕事は様々ですが、どれも放送作家を目指すうえで糧となる大事な仕事です。

放送作家事務所に入る

放送作家の事務所は都内を中心に全国にあります。このような事務所では、作家志望者から送られてきた企画書や履歴書で書類審査を行い、その後面接が行われています。事務所によって採用の過程や面接の回数は異なりますが、試験の突破は困難を極めます。また多くの事務所は定期的にセミナーを開催しているので、そこに足しげく通うのも1つの手でしょう。

プロの放送作家に弟子入りする

放送作家を目指す人の中には、第一線で活躍する売れっ子放送作家に弟子入りしてノウハウを学ぶ人もいます。ただし、学校や会社と違い、常にどこかで募集をかけているというわけではありません。 そのため、ほとんどの弟子入り志願者が門前払いをされてしまうと言われています。門戸の狭さで言えば、放送作家を目指す道の中でも頭一つ抜けて狭いと言えます。

番外編:関係者との人脈を作る

入職する前にアルバイトやセミナーなどであらかじめ人脈をつくり、名前を売ることも可能です。例を挙げると、大学で日本語力を培いながら、番組制作会社アルバイトとして同時に経験を積み卒業後に入職すると言ったケースです。業界人の例としてダウンタウンさんと幼馴染と言うつながりを活かして放送作家になった高須光聖さん、芸人としての人脈を活かして放送作家になった元お笑い芸人のマンボウやしろさんなどがいます。

番外編:ハガキ職人から放送作家になった例も

ハガキ職人とは、主にラジオ番組のお便りコーナーに定期的にハガキを寄稿する人のことです。面白いアイデアだと番組局に認められれば、声が掛かり放送作家として働く道もあります。かの有名な秋元康さんも高校時代、ラジオ番組にアイデアを投稿し、その面白さが認められてスタッフから声がかかり台本作家として仕事をはじめた経緯があります。

放送作家に向いている人

最後に放送作家に向いていると考えられる人の特徴をいくつかご紹介したいと思います。もしも当てはまる項目があれば、放送作家に向いている価値観を持った人かもしれません。ぜひ注目してみて下さい。

企画が好きな人

永遠に存在し続けられる番組はほとんどなく、業界も視聴者も常に新しい企画を求めています。そのため、何かを企画することが得意で、その企画を通して人々に喜んで欲しいと思える人は放送作家に向いていると言えるでしょう。売れている放送作家は、仕事中だけでなくプライベートでも面白い企画の種が落ちていないか常にアンテナを張り巡らせています。

表現力がある人

放送作家には自分の頭の中でイメージした内容を、何らかの他者に的確に伝えるスキルが往々にして求められます。語彙力や文章力が高く、映像を考えるのが得意だったりするような、幅広い表現力のある人が適しているでしょう。1つの情報を伝えるのに、複数の伝え方を自分の中で持っているとなお良いでしょう。

また、単に表現力に優れるだけでなく、自身のテイストや時代の雰囲気に合わせて上手く表現することも非常に大切です。放送作家として第一線で活躍し続けるためには「どう表現するか」だけでなく、「表現がどう受け取られているか」という見え方まで配慮できる目線が大切です。

テレビやラジオが好きな人

どのような仕事においても、結果を出せる人の特徴は常に高いモチベーションを持っている人です。放送作家を目指すうえで言えることは、テレビやラジオだけでなくインターネットの動画などへの情熱を燃やせる精神が一番大切だと言うことです。体力・精神面ハードな仕事が続く放送作家は、面白い番組を作りたいという強い思いがなければ続けていくことは困難でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまで放送作家になるための道のりや必要なスキルを紹介してきました。もちろん、今回ご紹介したことだけが放送作家へなるための全てではありません。活躍している放送作家の方々の経緯は様々ですし、その他にも大切な能力はあるでしょう。もし、これから放送作家を目指そうとしている方がいれば、まずは自身の得意不得意を見極め、今の自分にできる行動を起こすことが一番の近道だと言えるでしょう。

▼関連記事

・映像作家の仕事内容とは?映像作家になるための方法や能力も紹介!
・映画監督になるには?方法やスキルを解説
・海外の有名映像クリエイターをご紹介!映像や動画作成の参考になるかも?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事