幅広くおすすめできる副業を紹介!副業のメリットや注意点も解説!

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

幅広くおすすめできる副業を紹介!副業のメリットや注意点も解説!
TIPS 2020.11.12

幅広くおすすめできる副業を紹介!副業のメリットや注意点も解説!

副業とは、その名の通り本業とは別に行う仕事のことです。これまで副業は禁止されているケースが一般的でしたが、近年は副業を認める企業が増えつつあります。また、政府が原則副業容認の姿勢を明らかにしたことで、より多くの企業が副業を取り入れ始めています。

そして最近では、新型コロナウイルスの影響によって様々な業界で経済活動が停滞しました。より先行きが不透明な時代に突入した分、副業を通して資産形成をしたり、スキルを身につけて市場価値の高い人材になったりすることの重要性も高まっています。今は普通に働いているような方も、副業について考えることが多くなったのではないでしょうか。そこで今回はおすすめの副業や副業のメリット、注意点について解説します。

副業のメリット

副業を始める前に、まずはどのようなメリットがあるのかをしっかりと把握しておくことが大切です。
ここでは、副業で得られるメリットの中でも大きなものを3つおさらいします。

本業以外にも収入が得られる

一つ目は、本業以外に収入が得られることです。本業との両立によって生活水準を上げられるだけでなく、何らかの事情によって収入が減ったり途絶えたりしたときの備えにもなります。単に収入源が増えるということで、精神的に安心できる方もいるでしょう。

副業での収入は業種や費やした労力、時間によって変動こそしますが、上手な選択をすれば本業に近い金額を稼ぐこともできます。

さまざまなスキルを習得できる

多種多様な知識やスキルを習得できることも副業のメリットです。本業と異なる分野の業種業界での仕事はもちろん、同業界の業務であっても新たな発見があるはずです。また、副業の中でも始めやすいWeb系の業務は需要が高く、市場価値の向上にもポジティブな影響をもたらしてくれます。プログラミングやデザイン、Webライティングといった専門的なスキルを身につけることによって、本業・副業においてもより高収入が得られるようになるかもしれません。

特に独立を考えているような方であれば、こうした専門スキルの習得は助けになることでしょう。

新しいことに挑戦できる

本業による収入が安定しているため、副業では比較的自由に挑戦することができます。企業によっては「減点主義」傾向が残っていて、何か挑戦したくてもキャリアへの不安から挑戦をためらっている方も少なくないでしょう。

しかし副業であれば、既存の事業に参画するだけでなく、新たに事業を起こすことも可能です。自身の実力を試すための良いきっかけになるかもしれません。

おすすめの副業

副業をするにあたって、職業にはどのようなものがあるでしょうか。
ここからは、おすすめできる副業を5つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

投資

株式投資やFX投資、不動産投資などの副業は、一度に大きな収入を得られる可能性があるため、おすすめの副業です。特に株式投資を副業に選べば、日本国内外の政治・経済・企業の業績といった情報に触れることになるので、知識もより深まります。

ただし、マイナスに傾いたときのリスクも非常に大きいため、手持ちの資金に余裕を持たせ、少ない金額から長期投資するつもりで始める必要があります。リスクが気になる方は分散投資ができたり、プロに一任できたりする投資信託のようなものから始めるのも良いでしょう。

ライティング

文章を書くことが好きであったり、得意であったりする方には、書き手の感性や経験を記事にできるライティングがおすすめです。

ライティングの仕事は基本的に場所を選ばないことが多く、空き時間を利用して作業できるため、小さなお子さんがいる方にも向いています。個人で活動するライターも多くいますが、初めはクラウドソーシングサイトなどに登録し、依頼内容を決めて実績を積んでいくケースが一般的です。自身の知らない内容は調べながら記事を書いたり、クラウドソーシングサイトを複数登録したりすることで、選べる仕事の範囲を広げることができます。

宅配

「Uber Eats」などの宅配サービスの副業も注目を集めています。Uber Eatsでは、休日や休憩時間などのスキマ時間を使って、バイクで飲食物の宅配を行い、お店と顧客をつなぐ役割を果たします。特定のお店と雇用契約を結ぶことがなく、ノルマといった概念も存在せず、自由に働き方をコントロールできる特徴があります。報酬の支払いは週単位で行われるため、急にお金が必要になった際にも役立つ点も魅力です。
Uber Eatsはまだ全国に展開していませんが、今後ますます増えていくことが予想されるため、長く続けていくことのできる副業となるでしょう。

フリーマーケットへの出品

どこの家庭にも不用品は存在します。そうした不用品の中で、まだ利用できるものをフリーマーケットに出品・売却することでお金を稼ぐことができます。近年は「メルカリ」などのフリーマーケットサービスも普及しているので、こうしたプラットフォームを利用すれば誰でも簡単に不用品の売却ができます。

運転代行

運転代行サービスは、運転免許さえ持っていれば簡単に始めることができる仕事です。主に深夜の時間帯に、飲酒をした人の代わりに自宅までの送迎を行うものや、朝夕などの時間帯に要介護者を送迎するもの、レンタカーの回送運転を行うものなど、いろいろな種類があります。種類に応じて収入や応募する場所などは異なりますが、選択肢は比較的多いため、自身に合っている種類の仕事を選ぶといいでしょう。

副業をするときの注意点

副業をするにあたって、いくつか確認しなければならないことがあります。ここでは、事前に確認しておきたい注意点を3つご紹介します。

本業の職場が副業可能か確認する

副業をする時にまず注意すべき点として、本業の職場が副業を禁じていないかどうかの確認をする必要があります。多くの企業は、本業への支障が出ることを避けるべく、従業員の副業を禁止しています。そのほかの理由として、情報漏えいなどのリスクもあることから、そうした事態を避ける意味で副業を禁じている場合もあります。

副業をすることで、本業の給与分以上の住民税が課され、経理面で疑問が持たれてしまうなど、さまざまな懸念事項も存在します。就業規則で副業が禁じられているのなら、本業の規則に従うようにしましょう。

本業とのバランスを考える

副業をすることによって休日が減ってしまうことにより、本来は休息に充てられるはずだった時間も減ってしまいます。無理が続いてしまうと、体調を崩すなどして本業に影響が出てしまいます。自分の体力を把握したうえで、本業の業務進捗や健康面でのトラブルが起こらないように副業の業務量を上手にコントロールする必要があります。

必要に応じて確定申告を行う

副業による収入が年間20万円を超過した場合は、必ず確定申告を行う必要があります。確定申告を行う際は、翌年の2月16日~3月15日までの期間に本業と副業の源泉徴収票を用意し、税務署で確定申告をします。報告書の作成、および申告は国税庁のホームページから行うことができます。副業をしている方は事前にチェックしておきましょう。

まとめ

この記事では、副業でのおすすめ業種と、副業のメリット・注意点についてご紹介しました。これからの働き方は急速に変化していくことが予想されています。最初は気軽に始めた副業だったとしても、長く続けられるような仕事にも出会えるかもしれません。本業の職場で副業をすることが許されているのであれば、ぜひ副業を始めてみてはいかがでしょうか。

▼関連記事

・稼げる副業の種類を紹介!副業で稼ぐために大切な心得も伝授!
・在宅でできる副業は何がある?長く続けられる副業選びの条件も紹介!
・海外のWebサービスを利用してみよう!情報チェックの方法も紹介!

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事