STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

Webマーケティングの将来性:大変!?向いている人・展望などを徹底解説
COLUMN 2020.10.30

Webマーケティングの将来性:大変!?向いている人・展望などを徹底解説

AIやマーケティングオートメーションなどの出現により、Webマーケティングの将来性を気にしているマーケターは非常に多いでしょう。

また、Webマーケティングの業界に足を踏み込みたいと考える際に、「将来性はあるの?」と気にしているビジネスパーソンもいるでしょう。

そこで、今回はWebマーケティングの将来性とWebマーケターに向いている人の特徴について掘り下げていきたいと思います。

将来性1:オートメーション化によりWebマーケターに求められる仕事は高度になる

例えば、Webマーケターの仕事に「市場調査」があります。これまでは人力のリサーチスキルはマーケターの腕前を分けていたわけですが、マーケティングオートメーションによって、詳細な調査がオートメーション化されると、誰がリサーチしても、ある程度の調査を施すことができます。

市場調査だけでなく、商品企画設計や販売手法の考案なども、自動化される可能性があります。

マーケティングがオートメーション化されるということは、簡単に扱えるマーケティング業務に対する人材が必要なくなることを意味します。

よって、マーケティングのオートメーション化により、Webマーケターの仕事はかなり高度になっていくと言えるでしょう。

将来性2:マーケターはマーケティングを通じて錬金術する力がより求められる

Webマーケティングとは言ってしまえば、「情報戦」「コンテンツ戦」とも言えるでしょう。

何かしら伝えたい情報を、WebコンテンツとWebメディアを使い、戦略を打つことで結果を出すわけです。

そして、情報やコンテンツを操作するシステムやツールはどんどん開発されていっています。

結果、Webマーケターというのは、オートメーション化された最適解とされる候補に対して、最終的な選択と決断を行うことに対する重要度が非常に高まっていくでしょう。

システムやツールを使いこなす。最適な候補に導く情報を取捨選択する。オートメーションツールが吐き出した候補から、最終的な決定を下す。

もちろん、Webマーケターが下した決定は、クライアントやプロジェクトチーム内の意向により、別の方向へシフトせざるを得ないかもしれません。クライアントやプロジェクトチームを説得させるようなコミュニケーションスキルも非常にマーケターの仕事の結果を大きく変えていくでしょう。

結果的に、Webマーケターは、Webマーケティングにまつわるあらゆる素材をお金に変える、そのお金に変える起爆力が自身の実力として打ち出されていくようになるでしょう。

将来性3:スキルや情報を追い続ければ、将来性はずっと明るい

Webマーケターは、経験による肌感覚を積み上げることで、数字を動かすことにとても優れてきます。

「ただ単にトライ&エラーをしたことがあるかどうか」というのがとても大きなキャリアの差になる世界がWebマーケティングです。

そして、新しい手法が次から次へと生まれるのもWebマーケティングの世界です。

そのため、マーケター間の実力差が一気に逆転しやすい業界でもあります。

つまり、スキルや情報を追い続ければ、その当人の将来性はずっと明るいということが言えます。

誠実で真っ当な努力の成果がダイレクトに出る世界だと感じています。

Webマーケターに向いている人

同じ努力をした際に、Webマーケティングのセンスや特性にフィットとした人が、より大きな結果を出していくことは言うまでもありません。

Webマーケターに向いている人は、どんな人なのか、今回は以下の5つをまとめてみました。

向いている人1:俯瞰が得意な人

情報を俯瞰する、与えられた状況を俯瞰する、良いWebマーケターはとにかく俯瞰が得意です。

適切な俯瞰は、適切な調査、適切な施策へと結ばれて行きます。

俯瞰が得意になれば、マーケティングオートメーションをより有効に活用することができます。

向いている人2:マルチタスクが好きな人

Webマーケティングとは、やることが非常に曖昧で、様々な試みやアイデアや可能性を追求した先に、その答えに辿り着くことができます。

また、一度出した答えを検証し、さらに改善することも求められます。

案をプレゼンテーションしたり、結果を分かりやすく報告したり、コミュニケーション関係の仕事も発生します。

マルチタスクが好きな人は、Webマーケターの仕事で自分らしさを感じることができると言えるでしょう。

向いている人3:小さな数字の追求に拘ることができる人

Webマーケターとしてキャリアを積み上げることを考えると、やはり大規模案件で大きな数字を動かす役割を担うことになるでしょう。

大きな金額の広告運用は、成約率が0.1%変動するだけでも、もたらす成果が変わってきます。

この小さな数字追求が、マーケターが請け負える仕事の幅の広さに繋がってきます。

向いている人4:個人的に実験する人

Webマーケターの実力は、「実際に体験したかどうか」という部分が非常に大きいです。

そのため、個人的にWebメディアを作って、コンテンツマーケティングを行ったり、自分でECサイトを作り広告運用して見たり、そういった個人運営で、Webマーケティングにまつわる実体験をコツコツ増やすだけでも、かなり実力が備わってきます。

Webマーケティングというのは、自身を輝かせるスキルでもあるのです。個人的なコンテンツやアイデアを実験的にWebと掛け合わせて輝かせようとする習慣は、Webマーケターの非常に優れた素養と言えるでしょう。

向いている人5:人付き合いが好きな人

Webマーケターは情報戦です。情報は、個人で追うよりも集合知となれば、様々な情報を集めることができます。

そこで大事なのが人付き合いです。他のマーケターやWeb広告代理店の運用事例や成功例などを追体験できるレベルで聞き出すことができれば、自身のマーケターとしてのスキルや感覚はどんどん磨かれていきます。

自分だけで情報を追うと、自分の個性の中から抜き出すことはできません。そのため、人付き合いが好きな人は、Webマーケターに非常に向いていると言えるでしょう。

最後に:Webマーケティングは向き合っておいて得しかない

たとえどんな仕事に就いても、Webマーケティング脳は大いに生かされる

以上、Webマーケティングの将来性について掘り下げて解説してきました。

Webの市場は小さくなるどころか、今後よりもっと開拓されていくでしょう。

Webの市場の中で求められるのが、Webマーケティングです。

絶えず大きな変化の中で、様々なスキルや感覚をセットする必要がありますが、将来性はとても明るいと言えるでしょう。

また、Webマーケティングそのものは、Webの市場の中で、成果や成功体験を獲得していく仕事です。

状況を俯瞰し、アイデアを練り、周囲へ説得を促し、運用し、改善していく、これはすべての仕事に活かすことができます。

要は、Webマーケティングに向き合っていけば、どんな仕事でも、どんな分野でも、自分を成功に導けるということです。

この世に多くある職業の中で、Webマーケターという仕事は、一生携わるにしても、通過儀礼にするにしても、オススメだと言えます。

▼関連記事

・注目を集める職種Webマーケター!求人傾向を読み解き転就職を成功させよう
・Webマーケティング担当者の仕事内容とは?求められるスキルも解説!
・初心者向け!Webマーケティングに必要なツールの種類とは?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事