STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

初心者向け!Webマーケティングに必要なツールの種類とは?
COLUMN 2019.12.18

初心者向け!Webマーケティングに必要なツールの種類とは?

インターネットの普及に伴い誕生・発展してきたWebマーケティングは、今やビジネスに不可欠のマーケティング手法だと言えるでしょう。多くの企業が、自社のWebサイトやSNSを効果的に使い、成果につなげるための努力をしています。

しかし、Web初心者やマーケティング初心者にとって、Webマーケティングは簡単な業務ではありません。特に、Webマーケティングで使うツールは、扱いづらいものも多く、慣れるまでに時間がかかります。Webマーケティング担当者になったばかりの方は、Webマーケティングに必要なツールの種類を覚えるだけで、一苦労でしょう。

そこで当記事は、初心者向けに、「Webマーケティングに必要なツールの種類」を分かりやすく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

Webマーケティングに必要なツールの種類

Webマーケティング業務では、多種多様なツールを使用します。今回は、Webマーケティングに必要なツールの中でも、代表的なものを7種類ご紹介します。

・アクセス解析ツール
・SEOツール
・マーケティングオートメーションツール
・ABテストツール
・ヒートマップツール
・リサーチツール
・競合分析ツール

アクセス解析ツール

まずは、アクセス解析ツールです。「アクセス解析」は、Webマーケティング担当者の主な仕事のひとつ。自社のWebサイトを分析し、ユーザーの流入経路や離脱率、回遊率などを把握します。

「どのくらいの人数がアクセスしているのか」
「どのページがどのくらい見られているのか」
「成果はどのくらい出ているのか」

例えば、上記のような情報が分からなければ、Webサイトのどこをどう改善すればよいのか見当がつきません。ゆえに、アクセス解析は、Webマーケティングにおいて非常に重要です。

最も有名なアクセス解析ツールは、「Googleアナリティクス」でしょう。無料で使える上に、高機能なので、導入していない方はぜひ導入してみてください。

SEOツール

Webサイト運営の経験があれば、少なからずSEO対策を行ったことがあると思います。SEOとは、Webサイトを検索結果の上位に表示させるための取り組みのこと。日本語では、「検索エンジン最適化」と訳されます。

SEOの内部対策と外部対策を適切に行うためには、SEOツールの活用が欠かせません。代表的なSEOツールは、以下の通りです。

・Google Search Console
・Googleキーワードプランナー
・SEOチェキ!
・GRC
・フェレットプラス

特に、「Google Search Console」は、Webサイト運営における必須ツールです。SEOに関係する様々な指標を確認することができます。

マーケティングオートメーションツール

マーケティングオートメーションツール(MAツール)とは、マーケティング活動における「集客」「販売管理」「顧客管理」などの業務を可視化・自動化してくれるツールです。日本においては、まだ普及が始まったばかりですが、徐々にマーケティングオートメーションツールを導入する企業が増えています。

マーケティングオートメーションツールを導入すれば、以下のようなメリットを期待することができるでしょう。

・情報管理の迅速化
・人的ミスの軽減
・営業やマーケティングの連携強化
・売上増加

なお、代表的なマーケティングオートメーションツールとして、以下のものが挙げられます。

・b→dash
・Oracle Marketing Cloud
・Pardot
・Marketo

ABテストツール

続いて、ABテストツールです。ABテストとは、デザインや広告文が異なる2パターン以上のWebページを用意し、どのパターンのCVRやCTRが高いかを検証するテストのこと。ABテストツールを活用し、改善を繰り返すことで、成果の出やすいWebサイトを制作することが可能です。

ABテストツールは基本的に有料ですが、下記の2つは無料で利用できるので、ぜひ使ってみてください。

・Googleオプティマイズ
・Googleアナリティクスのウェブテスト

ヒートマップツール

ヒートマップツールとは、簡潔に言えば、ユーザーのマウスの動きを視覚化できるツールです。Webページのどの部分がよく見られているのか、どの部分が見られていないのかを、色で把握することができます。

最も見られている部分や最もクリックされている部分ほど、濃く表示され、そうでない部分は薄く表示されます。ユーザーの思考を可視化できるので、Webサイトの課題発見に役立つでしょう。

おすすめのヒートマップツールは、以下の通りです。

・Ptengine
・User Insight
・User Heat

リサーチツール

当然ですが、Webマーケティングでは、情報のリサーチが大切です。マーケットがどのような状態なのか、顧客のニーズは何なのか、しっかりと見極めなければなりません。

以下のようなリサーチツールを活用し、必要な情報を集めてください。

・Googleトレンド
・ミルトーク

競合分析ツール

最後に、競合分析ツールです。Webマーケティングの世界では、必ず競合サイトが存在します。そのため、自社サイトの分析だけでなく、競合サイトの分析も忘れてはいけません。

おすすめの競合分析ツールは、以下の通りです。

・SimilarWeb
・eMark+
・Ghostery
・SEOカウンセラー

まとめ

初心者向けに、「Webマーケティングに必要なツールの種類」を分かりやすく紹介しました。効果的なWebサイト運営を行うためには、様々なツールを上手に使いこなす必要があります。ぜひ当記事を参考にしながら、気になったツールを試してみて、Webサイトを改善してみてください。

▼関連記事

・Webマーケティング担当者の仕事内容とは?求められるスキルも解説!
・Webマーケティングにおける主な「集客施策」とは?
・Webデザイナーのサイト改善などに必須!Webマーケティングを知ろう

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。