Webマーケティング担当者の仕事内容とは?求められるスキルも解説!

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

Webマーケティング担当者の仕事内容とは?求められるスキルも解説!
COLUMN 2019.10.24

Webマーケティング担当者の仕事内容とは?求められるスキルも解説!

ITの発展が急速に進む中、多くの企業が、Webを利用したマーケティングに力を入れています。自社のWebサイトやSNSを活用しながら、様々な方法で顧客にアプローチしている企業も多いでしょう。

Webマーケティング担当者(Web担当者・Webマーケター)の重要性は年々高まっており、同時に、Webマーケティング担当者になりたいと思う人も増えています。そこで当記事は、未経験者向けに、Webマーケティング担当者の仕事内容について簡潔にご説明しています。また、Webマーケティング担当者に求められるスキルも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Webマーケティング担当者の仕事内容

Webマーケティングとは、その名の通り、Webを用いたマーケティングのこと。そもそもマーケティングとは、一般的に、商品やサービスを売るための行動全般を指します。故に、Webの特徴を活かしながら多くの顧客にアプローチし、最終的に自社の商品やサービスが売れるようにすることを、Webマーケティングと言います。

また、実際にWebマーケティングを行う人のことを、Webマーケティング担当者(Web担当者・Webマーケター)と呼びます。では、Webマーケティング担当者は、具体的にどのような仕事を担当するのでしょうか?Webマーケティング担当者の仕事内容は多岐に渡りますが、主に、「集客」と「分析」の2つに大別することができます。

集客

Webマーケティング担当者は、Web上で「集客」を行い、多くのユーザーを集めなければなりません。自社サイトへのアクセスを増やすために、様々な施策を講じます。「集客」の主な施策としては、「SEO」や「Web広告」が挙げられるでしょう。

「SEO(検索エンジン最適化)」とは、簡潔に言うと、Webサイトが検索結果の上位に表示されるよう対策すること。「SEO」の知識があれば、広告宣伝費をかけずとも、多数のユーザーにアプローチできるわけです。

また、「集客」を行ううえで、「Web広告」も欠かせません。「Web広告」には費用がかかりますが、「即効性がある」「細かいターゲティングが可能」「効果を可視化しやすい」等のメリットもあります。代表的な「Web広告」として、以下のものを覚えておきましょう。

・バナー広告
・アフィリエイト広告
・リスティング広告
・アドネットワーク広告
・SNS広告
・動画広告

分析

Webマーケティング担当者の仕事は、「集客」だけに留まりません。集めたユーザーにアクションを起こしてもらうために、様々な「分析」を行い、あらゆる施策を講じます。さらに施策の結果を「分析」し、ユーザーの流入経路・離脱率・回遊率等を明らかにしたうえで、WebサイトのPV(Page View)やCVR(Conversion Rate)を向上させていきます。

※PV…Webページが表示された回数
※CVR…Webページの訪問数のうち、商品購入等につながった割合

ツールを使いながらデータを分析し、検証と改善を繰り返す作業は、Webマーケティングの仕事の醍醐味だと言えるでしょう。

Webマーケティング担当者に求められるスキル

Webマーケティング担当者には、多くのスキルが求められます。その中でも代表的なスキルを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

Webに関する知識

当然ですが、Webマーケティング担当者には、「Webに関する知識」が必要です。WebサイトやWebサービスを扱うのですから、最低限の基礎知識は押さえておきましょう。Webの仕組みはもちろん、プログラミング言語やWebデザイン、Webライティングについても学んでおくと良いです。

マーケティングに関する知識

Webマーケティング担当者には、「マーケティングに関する知識」も欠かせません。マーケティングには専門用語も多く、初心者の場合、その本質を理解するのに時間がかかります。 ユーザーに行動を起こしてもらう(実際に商品等を購入してもらう)ことは、思っている以上に難しいです。また、マーケティングの世界は非常に変化が激しく、時を置かずに技術革新が行われます。市場の動向や世の中の流れを捉えるとともに、マーケティングのトレンドも把握しておくと良いでしょう。

データ分析スキル

上述した通り、Webマーケティング担当者は、「分析」という仕事を行います。よって、ある程度の「データ分析スキル」が求められます。

正しくデータを収集し、適切な分析を行うことができるWebマーケティング担当者は、どこの企業でも重宝されるはずです。さらに、論理的思考力や多面的思考力を鍛えておくと、Webマーケティングを成功させやすいでしょう。

コミュニケーション能力

Webマーケティング担当者にとって、確かに「技術的なスキル」は大切です。しかし、「コミュニケーション能力」がなくては、仕事を進めることはできません。

もちろん企業によって異なりますが、基本的に、Webマーケティング業務は、チームで行うケースがほとんどです。チーム内のメンバーや他部署の社員、クライアントとのコミュニケーションが疎かになると、プロジェクトは上手く進みません。Webマーケティングに限った話ではありませんが、ぜひ、積極的なコミュニケーションを心掛けてみてください。

まとめ

未経験者向けに、Webマーケティング担当者の仕事内容や、Webマーケティング担当者に求められるスキルを紹介しました。ITの発展が急速に進む中、Webマーケティング担当者(Web担当者・Webマーケター)の重要性は年々高まっています。興味がある方は、ぜひ当記事を参考にしながら、Webマーケティング担当者を目指してみてください。

▼関連記事

・Webマーケターの将来性は明るい!?Webマーケターを極める超メリット
・成果につながるクリエイティブは「本質理解」と「情熱」から生まれる。/freee株式会社 執行役員 CMO 川西康之
・人の営みへの理解と洞察こそ、クリエイティブとマーケティングの共通項。/株式会社ブレインパッド マーケティングプラットフォーム本部 部長 上川 晃二朗

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事