STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

転職先がすぐ決まる人の5つの特徴
COLUMN 2020.8.20

転職先がすぐ決まる人の5つの特徴

転職、中途採用の活動は、社会人としてのキャリアを積めば積むほど求められるハードルも高まっていきます。

とにかく素直に言っただけをハードにこなしてくれるようなマンパワーを求める人材をポジティブな中途採用で求めることは少ないと思います。

良い人材を求める転職や中途採用の場合、企業側はバランスの良い主体性でプロフェッショナルなタスクをこなして欲しいと感じているでしょう。

VUCA(ブーカ)の時代により、ビジネスモデルが短期間に急変し続けるため、これからは企業の変化も激しくなり、ビジネスパーソン自体の変化も激しくなるでしょう。

職を転じる「転職」はビジネスパーソンが最も向き合っていくべき変化になっていくでしょう。

そして、転職活動をスタートしてすぐ転職できることは、自身や時代の変化に素早く対応できることを意味します。

そこで今回は、転職がすぐに決まる人の5つの特徴をお伝えしていきたいと思います。

特徴1:企業に即したリソースとして自分を提案できる

転職がすぐに決まる人は、採用担当者が見逃す・見過ごすことを認知している

転職活動は「転職試験」というよりも、「人材リソースのマッチングの機会」という感覚を持つぐらいが、転職がサクッとうまくいきやすくなります。

なぜなら、常に自分と企業のマッチングを見出していこうという姿勢が生まれるからです。

すると、面接の際に企業について掘り下げたヒアリングができるようになります。ヒアリングした内容に即して、自分のスキルや特性を伝え、自分がその企業に見出せる価値を話すことができます。

企業としても有難いですよね。すぐに転職が決まる人というのは、企業側の目は不完全であるということを肝に銘じています。

選ぶ側が完璧じゃなく、選ぶ側も不適切に人を選んでしまう可能性がある、だからこそ、しっかりと企業側から情報をヒアリングし、自分自身の本質を刷り込んでいこうとするのです。

企業に即したリソースとして自分を提案できれば、企業側はセレンディピティを感じてくれます。運命の出会いを感じれば、その人材を逃したくなくなり、採用しようと強く決断するのです。

特徴2:短時間で魅力を知らしめるスキルや成果を持っている

転職がすぐに決まる人は、シンプルに話が早い

採用する側がシンプルに「あっ、そういうことね!オッケー!じゃあ、採用だ!」と思えれば、あまりにもすぐに転職は決まります。

じゃあどうなれば、そうした状況を起こせるのかというと、分かりやすいスキルや成果で企業側に自分を知らしめるということです。

デザイナーであれば、デザインしたものを見せることが何よりも分かりやすいのですが、プロジェクトに対してどの程度携わっているのかが不明瞭になると、一気に成果物と当人の実力を結びつけるのが分かりにくくなります。

全部自分で作ったものを成果物で見せて、そのクオリティが高ければ、企業側はすぐにあなたの魅力が腑に落ちるでしょう。「えっ!?これライティングも自分でしているの?」と食い気味に質問してくるかもしれません。

転職がすぐに決まる人は自分が個になった時に出せる魅力や成果や影響力がとにかく分かりやすいのです。

特徴3:自分自身に強く興味がある

転職がすぐに決まる人は、内向しながら外向することが非常にうまい

転職がすぐに決まる人は、自分自身を俯瞰しながら、社会の中の主人公として自分をロールプレイングゲームのように動かす力を持っています。

転職活動というのは極論、内向しがら外向する行為です。

社会の中における自分の立ち位置を内向して洗い出し、外向的に企業へ出回り自分を売り込んで、新天地を見つける作業と言えるでしょう。

外向的な人は内向モードを強くすること、内向的な感覚に寄せることで、外向性と内向性のバランスを保ち転職活動をより良いものになります。

内向的な人は外向的に演技していく、外向性に振り切る覚悟を持つ、外向的なことに関するストレスを感じないほどにコミュニケーション能力を高めていく、こういったことができれば、転職はスムーズに決まります。

内向しながら外向することは、本質を見極めながら行動することそのものなので、色んな仕事で輝く秘訣の一つとも言えるでしょう。

特徴4:自分自身を露出する機会を断続的に捻出している

転職がすぐに決まる人は、自然にチャンスが湧いてくる

自分が普段から露出の機会に恵まれ、様々な人と様々な関係を構築していると、転職したタイミングで、既に出会った人からのオファーや紹介などが生まれる可能性が高まります。

常に自分のやりたいこと、できることを程よく他人に伝えていると、マッチングするよう出来事があった際に、周りの人が教えてくれるようになります。

結果的に外でバランス良く我を出している人は、転職に関して自然に試行回数が多くなります。

特徴5:人間としての余裕を持っている

転職がすぐに決まる人は、余裕を起点に物事を上昇させる

転職活動そのものを楽しんでいる、もしくは楽しむ余裕を持っている人は、転職がすぐに決まってしまいます。何なら「もう少しこの転職活動期間を楽しく味わっていたかったな」と感じるくらいです。

やはり、自分に既に余裕があるということは、自分に捉われずに、相手に向き合う余白を作りだします。エスコートフルになるので、色んな物事に気づくことができ、その気付きを基に物事を良化させることができます。

自分に余裕を感じていると、洗練されている雰囲気を出したり、洗練されているように相手が受け取ってくれるようになります。

真摯に向き合いながらも余裕を感じさせることができれば、「ウチが採用しなかったら、すぐに他に決まってしまいそうだ!」と、印象付けます。すると、採用側も切迫されるので、当人のことをずっと頭に考えるようになり、採用担当者が多くの社員にそのことを話す可能性も出てきます。

そうなると、よりよい社内チェックが行われ、ミスマッチが起こる可能性も低くなります。

最後に:転職がすぐ決まるようなビジネスパーソンとしての本質を磨いておこう

社会人として自分の礎を大切に築いていこう

以上、転職先がすぐに決まる人の特徴についてお伝えしてきました。

転職が決まるスピード自体は変化に即座に対応するパフォーマンスの高さになると言えますが、大事なのは決まった後の世界ですよね。

転職をスピーディーに決められる状態になっているということは、既に自分のビジネスパーソンとしての魅力が良い状態に仕上がっていることを示します。

普段からビジネスパーソンとしての本質を磨いている証拠・証明とも言えるでしょう。

日々、今の仕事、今やるべきことはあるとは思いますが、刻める範囲で個としてのステップアップを試みれば、転職はキャリアを重ねれば重ねるほどに楽になっていくでしょう。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみてください。

▼関連記事

・転職とリスク:転職とリスクをハイリターンに変える方法
・転職しない方がいい人の5つの特徴
・終身雇用制度の崩壊とこれからの働き方

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事