STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

転職とリスク:転職とリスクをハイリターンに変える方法
TIPS 2019.8.27

転職とリスク:転職とリスクをハイリターンに変える方法

転職リスクが起こる構造

転職は博打だとよく言われます。一貫性の原理が働き、次へ踏み出すことの精神的負荷が高まるので、転職に恐怖感が芽生える人もいるでしょう。

参考:「転職が怖いと思う方へ:転職の恐怖心を拭う方法」

そこで今回は、転職リスクが起こるさまざまなパターンと、そのリスクをなるべくリターンに変えるための手法をお伝えしたいと思います。

リスク1:求人情報の是非

求人情報がそもそも「盛られている」ことがあります。その求人情報をそのまま鵜呑みにしてしまったがために、転職がリスクとなったのです。

たとえ、盛られている情報が、転職後に大きなリスクにならなくても、会社を完全には信頼できない心理状態を芽生えさせます。その違和感が居心地の悪さに繋がることもあります。

ハイリターンにするには?

現在その企業で働いている人へコンタクトを取るのがベストですが、それができない場合は、転職エージェント、OB、掲示板、多面的な情報を集めていくことが重要です。

リスク2:転職面接時の交渉

転職面接の際に、企業側から交渉が入ることがあります。多くの場合、給与条件における優遇面のレベルを下げることが考えられます。とっさの判断ができずに、交渉内容を受け入れた結果、満足が得られる転職とならないことがあります。

ハイリターンにするには?

まず、転職面接時に交渉が入った場合、必ず「検討させていただきます」と返答するなど、初めから決めておくと良いです。もしくは、レベルの下げる交渉が行われた際は、必ず断ると決めても良いでしょう。

ただし、自分の力を再度俯瞰することも大切です。求人条件に対して自分のスキルやキャリアが不足気味の場合は、企業が不採用から譲歩して採用を考えていることもあります。その企業に感じる魅力によって、交渉への判断を事前に決め打ちすると良いでしょう。

リスク3:転職前の会社の環境が自分の資質以上だった

そもそも転職前の会社が竜宮城のような場所で、自分の資質以上に恵まれていた環境ということが転職リスクをもたらすことがあります。

しかし、これは井の中の蛙から、自分という存在を見なすきっかけと捉えれば、寿命100年時代の視点から見れば、むしろ、早く気づいて良かったことだとも言えます。

ハイリターンにするには?

綺麗事になりますが、自分自身を見直す機会を与えてくれたと感謝しましょう。結局、転職前の会社の環境が自分の資質以上だった場合、いずれ、自分に大きなギャップを感じる機会が訪れるでしょう。自分の人生をより盤石にするタイミングが早く訪れたと認知し、行動の質と量を変えることができれば、途轍もないハイリターンに変化するでしょう。

自分のことを定期的に見直すこと、自分を既存の立場から切り離すこと、この二つのことを時代の変化をいち早く察知し、次の変化に大きな恩恵を受ける行動体質と言えます。転職して、自分の力がまるっきり通用しないことは、むしろ喜ばしいことだと言えます。自分の弱点をいち早く知ることができたあなたの行動体質を存分に褒めていきましょう。

参考:「寿命100年時代にクリエイターはどう生きるべきか?」

リスク4:会社に馴染めない

新しい職場の人間関係や環境に馴染めないというのも転職の大きなリスクの一つになります。

特に以前の会社があまりに自分に馴染み過ぎていた場合は、それが当たり前と思っていて、転職後に「あの環境は自分にはぴったりだった」と感じて後悔してしまう人もいるでしょう。

ハイリターンにするには

ハイリターンにするには、「この人間関係や環境に少しでも馴染むことができれば、ここで長く働くにしても、一定期間経ってから転職するにしても、より強い自分になれる!」と認知することです。

馴染めない人間関係や環境に向き合い、工夫することで確実にビジネススキルは高まっていきます。

長期的に見れば、自分をより高値で売ることができます。

また、職場以外で自尊心の高まる場所を持つことで、職場の人間関係や環境が自分に思うように馴染んでいかなかったとしても、ポジティブに捉えながら働くことができるようになります。

職場以外のコミュニティを形成することで、自尊心を保つだけでなく、新たな価値観やサポートを手に入れることができます。会社だけだと塞ぎ込んでしまう状況を打破することができます。

リスク5:ワークライフバランスが劣悪になった

ハイリターンにするには

転職することでワークライフバランスが一気に崩れるとかなりストレスフルですよね。

ワークライフバランスの悪さを感じているということは、仕事からプライベートの流れで居心地の悪さを感じていることであり、それは「全体として気が休まらない」ことを意味します。

独身でも家族がいてもワークライフバランスの悪さは本当に厄介な転職リスクです。

そこでオススメしたいのが、ワークライフインテグレーションです。ワークライフインテグレーションとは、私生活と仕事を統合させることです。これはテクノロジーが整備された現代の新しい概念です。なぜなら、私生活で突き詰めたことはしばしば仕事に統合されやすい時代になったからです。

つまり、視点を「そもそも私生活と仕事を統合されるべきもの」と捉え直すということです。

現代人はスマホを含め、四六時中脳をオンにさせられやすい状況になっています。ネットがあれば他者と繋がることができるので、自分自身の世界、マイホームにいたとしても、他者との完全なつながりを断つことが難しくなっています。

休むことにマインドフルネスになることが難しいからこそ、セルフケアを重点的に行うことに力を注ぎましょう。

休むノウハウを身につけることができれば、もちろん仕事の生産性は高まります。さらには、モチベーションも高まります。

転職リスクを自分のワークライフインテグレーションを高める機会にしていきましょう。

最後に:リスクとはチャンスである

リスクに向き合えば、社会人としてどんどん強くなれる

絶対的な正解が存在せず、正解が急速に流動する世界を私たちは生きています。つまり、私たちはリスクと共に生きているのです。

転職リスクとは、もともと持っていたあなたのリスクが明示されたに過ぎません。早かれ遅かれ、そのリスクはどこかで噴出していたと言えますし、リスクを味わうなら早い方が良いのです。運よくリスクが表に出なかったとしても、リスクの本質を対処できる実力を備えていなければ、リスクはどんどん膨らんでいるでしょう。

転職リスクとはいわばチャンスです。リスクに向き合えば、社会人としてどんどん強くなることができます。リスクを実際に味わっているときは辛い思いもあるかと思いますが、向き合って乗り切れば、その後の世界は、とても過ごしやすいものになります。ぜひ、今回の記事も参考にしてみてください。

▼関連記事

・転職選びのポイント5項目!転職を成功させるために
・「転職を繰り返す人生」が時代に追いついてきている
・転職と自己効力感:転職への自己効力感を高める5つの方法

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事