Webマーケティングにおける「メール広告」のメリット・デメリットとは?

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

Webマーケティングにおける「メール広告」のメリット・デメリットとは?
TIPS 2020.7.03

Webマーケティングにおける「メール広告」のメリット・デメリットとは?

パソコンやスマートフォンの普及、ITの発展により、もはやインターネット広告は珍しいものではなくなりました。近年は、実に多くに企業が、Webマーケティングの一環として、インターネット広告に注力しています。

中でも人気を博しているのは、「メール広告」というインターネット広告です。メール広告とは、その名の通り、電子メールで配信される広告のこと。見込み顧客に対して直接的なアプローチをすることが可能な、非常に有用な広告手法です。

現代では、皆さんご存じの通り、「メールの使用」が日常生活に溶け込んでいます。ゆえに、メール広告を使いこなせるかどうかは、Webマーケティングを行う上で、とても重要なことだと言えるでしょう。

当記事は、メール広告の基礎知識に触れた後、メール広告のメリット・デメリットを紹介しています。また、メール広告を上手く活用するためのポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

メール広告の基礎知識

まずは、「メール広告の基礎知識」について、簡単に解説していきます。

上述の通り、メール広告とは、電子メールで配信される広告のこと。長年、多くの企業が採用している広告手法のひとつです。

一般的なインターネット広告の場合、ユーザーがWebサイトやWebサービスに訪問しなければ、広告が見られることはありません。しかし、メール広告の場合、ユーザーのメールボックスに直接広告を届けることが可能です。見込み顧客に対して、いわゆるプッシュ型のアプローチができるわけです。

メール広告には、以下の2種類の掲載方法があります。

・メールマガジン型(ユーザーが購読しているメルマガやニュースメールの中に広告スペースを設ける方法)
・ダイレクトメール型(メール全体を広告として、ユーザーに直接送信する方法)

また、メール広告は、以下の2種類の形式に分けられます。

・テキスト形式
・HTML形式

HTML形式では、一般的なWebサイトのように、文字フォントを調節したり、画像を掲載したりすることができます。

さらに、メール広告には、「オプトイン」と「ターゲティング」という2種類の配信方法が存在するので、興味がある方は調べてみてください。

メール広告のメリット

次に、「メール広告のメリット」を紹介していきます。

メール広告の主なメリットは、以下の4つです。

・見込み顧客に対して直接アプローチできる
・入稿から配信までに時間がかからない
・保存性が高い
・情報量が多い

繰り返しになりますが、メール広告では、ユーザーのメールボックスに直接広告を届けることが可能です。ユーザーの興味関心やニーズなどを把握した上で、積極的に、プッシュ型のアプローチができます。

また、メール広告は、他のインターネット広告と比較して、広告の入稿から配信までに時間がかかりません。そのため、急なキャンペーンやセールなど、スピード感が求められる場面でも、タイミングを逃さずに広告配信することができます。

また、メールは端末に保存されるため、メールが削除されない限り、広告も無くなりません。一度クリック機会を逃すと、その後ユーザーとの接点を持てないインターネット広告が多い中、メール広告の場合は、ユーザーの意思次第で、いつでもパソコンやスマホで広告をチェックできるわけです。

さらに、メール広告は、従来のバナー広告やテキスト広告と比較して、掲載できる情報量が多いです。HTML形式であれば、表現の自由度も上がり、なおさらユーザーに対して強い訴求が可能になるでしょう。

メール広告のデメリット

続いて、「メール広告のデメリット」を紹介していきます。

メール広告の主なデメリットは、以下の2点です。

・迷惑メールとみなされる可能性がある
・開封されない可能性がある

基本的に、メール広告は、ユーザーの同意を得た上で配信されるものです。しかし、配信内容や配信量が適切でないと、迷惑メールやスパムメールだとみなされてしまう危険性があります。ユーザーにストレスを与えないよう、十分に注意してください。

また、当然ですが、メールが開封されない可能性や最後まで読まれない可能性もあります。メールの開封率や広告のクリック率を上げるためには、様々な工夫が必要だと言えるでしょう。

メール広告を上手く活用するためのポイント

最後に、「メール広告を上手く活用するためのポイント」を紹介します。

メール広告を上手く活用するためには、以下の2点を意識する必要があります。

・メールの件名や冒頭の文章にこだわる
・ユーザーにとって価値のあるメール広告を作る

開封されないメールや、読み進めてもらえないメールは、残念ながら意味がありません。開封したくなるメール、読み進めたくなるメールを作るには、件名や冒頭の文章にインパクトを持たせることが重要です。

また、自社商品のアピールに寄ってしまうメール広告は、あまり効果的とは言えません。大切なのは、ユーザーにとって価値のあるメール広告を作ることです。メール広告を作成する際は、商品やサービスの訴求ばかりになっていないかチェックしましょう。

まとめ

メール広告のメリット・デメリット、上手く活用するためのポイントなどを紹介しました。ぜひ当記事を参考にしながら、メール広告の特徴を把握し、より効果的なWebマーケティングを行ってください。

▼関連記事

・SEO初心者向け!Googleが重要視する「E-A-T」とは?
・初心者向け!Webマーケティングにおける「回遊施策」とは?
・効果の出るWebサイトになる!WordPressで使えるSEOプラグイン3選

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事