クリエイター間でアマビエが流行?コロナ対策とされている理由も解説 - Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・ディレクターの求人転職支援

クリエイター間でアマビエが流行?コロナ対策とされている理由も解説
TIPS 2020.5.30

クリエイター間でアマビエが流行?コロナ対策とされている理由も解説

世界中でコロナが猛威を振るう中、「アマビエ」が流行しているのをご存じですか?この流行は日本国外でも広がりを見せています。そこで今回は、アマビエの基本情報やアマビエを活用したおすすめのクリエイティブ活動、緊急時のクリエイター支援についてご紹介します。

コロナで注目を集める『アマビエ』

コロナで注目を集める『アマビエ』

終わりが見えないコロナ感染拡大によって自粛生活を強いられる中、疫病退散にご利益があるといわれる『アマビエ』が注目を集めています。テレビやインターネットで見かける機会も増えていますが、どのようなものか詳しくは知らないという方もいるのではないでしょうか?

まずは、アマビエがどのようなものかを知りましょう。

アマビエとは

アマビエとは、江戸時代後期の1846年に肥後国(現・熊本県)の海に現れた半人半魚の妖怪です。アマビエの出現を伝える瓦版には、長髪にくちばし、ウロコで覆われた体、3本足のヒレがある姿で描かれています。

海中で光るものの正体を確かめに行った役人の前にアマビエが現れ、これから6年間豊作が続くが疫病も流行すると予言し、自分の姿を描いた絵を早々に人々に見せるようにと告げ姿を消しました。豊作と疫病を予言したことから、「予言獣」とも呼ばれています。

なお、アマビエの資料は1つしか存在せず、同種の妖怪と考えられる「アマビコ(天彦・天日子・尼彦)」は関連資料が多いことから、アマビコの誤記表記ではないかという説もあります。

アマビエは、最初の出現から約10年後の安政5年(1858)、さらに20年以上経た明治15年(1882)にもブームを起こしています。いずれのブームも疫病の流行時です。結果として、令和は3度目のアマビエブームにあたります。

アマビエの他にも「件(くだん)」や「白澤(はくたく)」「神社姫(じんじゃひめ)」など、アマビエと同様に予言や病魔調伏の力があるとされる妖怪も数多くいます。しかし、アマビエは比較的ポピュラーな姿であり、水木しげるさんがイラストを描いていたことから、令和でもブームを巻き起こしたと考えられます。

アマビエチャレンジ

「アマビエチャレンジ」とは、自作したアマビエの絵やぬいぐるみ、料理をSNSに投稿する活動のことです。現代医学での治療が困難な中、コロナの終息を願うとともに人々の心を明るくするアマビエチャレンジは多くの賛同を得ています。

一般の人だけでなく、プロのクリエイターも数多く参加しています。アマビエチャレンジが拡大し続けていることを受けて、アマビエは4月9日に政府公認のコロナ感染拡大防止キャラクターにまでなりました。

当初はSNSでの投稿が中心でしたが、現在は洋菓子店や和菓子店、衣料店などがアマビエをモチーフとした商品を展開し人気を集めています。アマビエによって一躍有名になったお店も少なくありません。アマビエは、コロナで打撃を受けた経済の再生を手助けする役割も担っているようですね。

アマビエを活用してクリエイティブ活動を続ける

アマビエを活用してクリエイティブ活動を続ける

コロナの影響で、クリエイティブ活動が制限されてしまっているクリエイターの方も多いのではないでしょうか?そのような場合は、アマビエを活用したクリエイティブ活動を試してみましょう。

必ずしも経済面でメリットがあるとは限りませんが、アマビエを活用することによって知名度の向上が期待できることに加え、オリジナルの作品を世に送り出すことができます。

イラスト提供

イラスト提供できる場があれば、積極的に活用しましょう。

例えば、大手CDショップチェーン店ではアマビエのイラストWEB展覧会を開催しています。アマビエのイラストが公開されるとともに、クリエイターのプロフィールも紹介してもらえるのが嬉しいポイントです。

WEB展覧会に公開されたイラストは無料ダウンロードでき、待ち受けや壁紙として楽しめます。クリエイターのファンへ作品を提供できる機会としても活用できるでしょう。また、WEB展覧会は新たなファンを獲得できるチャンスともいえます。

グッズ販売

アマビエをモチーフにしたグッズも人気があります。例えば、マスク、Tシャツ、キーホルダー、スマホケース、ステッカー、マグカップなどです。自身のWEBサイトや大手通販サイト、フリマアプリを活用してグッズ販売をすることができます。

アマビエの資料として用いられている瓦版の絵をモチーフにしたグッズも人気ですが、グッズ用にオリジナルのアマビエをデザインするのもおすすめです。グッズは使いやすく、機能性の高いものが狙い目です。

LINEスタンプ作成

気軽に作成できて販売価格も固定されているLINEスタンプもおすすめです。さまざまなシーンに合わせた表情豊かなアマビエをデザインすることができます。

LINEスタンプ作成は以下の流れで行います。

  1. 「8個」「16個」「24個」「32個」「40個」からスタンプを作成する数を選びアイディアをそろえる
  2. 挨拶や会話などのセリフを入れる
  3. LINE Creators Studioアプリやペイントソフトを使用して作成する
  4. LINE Creators MarketにLINEスタンプを登録する

作成する際は、「デザイン性は高くてもアマビエと分かるもの」「日常会話に使いやすいもの」をポイントとして意識しましょう。

動画配信

アマビエを活用して動画を配信するという手段もあります。アマビエの絵を描いているところや、グッズ制作の過程を配信するのも良いでしょう。オリジナルのアマビエをデザインして、アマビエの歴史や豆知識を簡単に紹介する動画を制作するのも良いですね。

アマビエ動画をきっかけにクリエイティブ活動に興味を持つ人も出てくるかもしれません。

SNS発信

アマビエチャレンジと共通していますが、やはりインターネット社会の現代ではSNSは強力なツールです。TwitterやFacebook、Instagramなど人気のSNSを活用して発信しましょう。ネットニュースやまとめサイトに取り上げられれば、クリエイターとしての知名度の向上も望めます。

クリエイター支援を活用する

クリエイター支援を活用する

これまでご説明したとおり、アマビエを活用したクリエイティブ活動にはさまざまな種類があります。しかし、コロナによって深刻な経済的な打撃を受けた場合は、クリエイター支援を活用してみてはいかがでしょうか。クリエイター向けプラットフォームや持続化給付金など、クリエイター活動を継続できる支援策も用意しているので、積極的に検討しましょう。

クリエイター向けプラットフォーム

コロナで影響を受けたクリエイターを支援するためのウェブサービスを「クリエイター支援プラットフォーム」といい、増加傾向にあります。例えば、クリエイターの投稿への対価として任意の金額を支払うことができる「チップ機能」を採用しているサービスや、ファンからの「月額会費制」を募れるものなどがあります。

「持続化給付金」を申請するという手段も

コロナによって収入が激減してしまった場合には、「持続化給付金」の申請をすることも検討しましょう。この給付金は事業全般に広く使えるので、フリーランスの方も対象です。

昨年1年間の売上からの減少分を上限とし、個人事業主は100万円まで給付されます。給付条件には「ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少」「2019年以前から事業による収入を得ており、今後も事業を継続する意思がある」などの条件があります。詳しくは持続給付金の公式HPをご確認ください。

持続化給付金のサイトはこちら

まとめ

まとめ

疫病退散にご利益があるといわれる妖怪アマビエは今回で3度目のブームですが、どこか愛嬌のある姿は見る人を安心させるのではないでしょうか。クリエイターならではのクオリティの高いオリジナルアマビエを発信して、また必要に応じて支援制度を活用して、みんなでコロナを乗り越えましょう!

▼関連記事

・クリエイターにとってのポートフォリオとは何か?作り方や制作サービスと共にご紹介
・デザイナーのリモートワークはどうすればよい?おすすめのツールや注意点などをご紹介!
・VUCAとは?を徹底解説!VUCAを意識しないビジネスパーソンはオワコンになる

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



Webディレクターの求人

MORE

おすすめの記事