STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

おすすめのPHPのフレームワーク3選!学習方法についても解説
COLUMN 2021.6.25

おすすめのPHPのフレームワーク3選!学習方法についても解説

PHPのフレームワークは、1994年の登場以降、様々な種類のものが誕生しています。利便性の高さから世界中のWebページの作成に使用されているため、習得を目指す人も多いことでしょう。
しかし、各フレームワークによって利用目的が異なるため、どれを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。利用目的に合ったフレームワークの習得には、比較と検討が必要不可欠です。そこで、本記事ではPHPのフレームワークの概要、おすすめのフレームワーク、学習方法について紹介します。

PHPとは

PHPとは、サーバーサイドで使用される、Web開発に特出したスクリプト言語です。数あるプログラミング言語のなかでも習得が比較的容易であるため、非常に多く利用されています。

PHPの特徴は「動的」なWebページの生成が可能な点にあり、掲示板や問い合わせフォーム、ネットショップのカートなどで真価を発揮しています。また、世界中で利用されている「WordPress」のCMS構成にも使用されています。

PHPのフレームワークとは

フレームワークとは「枠組み」を意味する言葉で、アプリケーション・システムの開発に使用する機能をまとめたものを指します。一部のコードが再利用可能なライブラリとは異なり、フレームワークはコードを全てそのまま再利用することが可能です。

開発に関連する機能が備わった土台のようなソフトウェアのため、PHPを活用してWeb開発を行うことでより効率的な開発が可能となります。ただし、各フレームワークにより機能や利便性が違うため、プロジェクトに適したものを選択する必要があります。

フレームワークのメリット

フレームワークを利用することのメリットは大きく分けて3つあります。以下では各メリットについて紹介します。

・開発速度の向上
フレームワークには開発時に必要な機能がすでに備わっているので、余分な作業を行うことなく、短期間でのシステム開発が可能です。主に、コーディング・テスト工数の短縮が可能なため、バグの発生を抑えたうえで高速開発が行えます。
実際に、フレームワークの有無によってシステム開発のスピードに約2〜3倍もの差があります。

・セキュリティの向上
フレームワークに搭載されている機能は、様々なプロジェクトで実際に用いられてきたため、基本的にセキュリティが優れています。個人で作成したコードを使用するよりも、効率良くセキュリティに優れたコードを使うことが可能です。
また、主な脅威であるSQLインジェクションやCSRF、データ改ざんに対するセキュリティが組み込まれているので、セキュリティ向上の観点で見ても非常に有効であることがわかります。

・メンテナンス性の向上
通常のシステム開発では、各作業を担当するエンジニアにより記述するコードに差異が生じる場合があるため、開発者以外がメンテナンスを行うのが困難になります。しかし、フレームワークを用いた場合、共通する骨組みを基に作業が行われるため、コードの統一が可能になり、メンテナンスの効率が上がります。
また、コードの統一はコードの可読性を上昇させるため、比例してチームでの作業の回転率を大きく上昇させる効果も見込めるでしょう。

これらのメリットがある一方で、すでに骨組みが完成されているためにカスタマイズ性が乏しかったり、普及していない種類のフレームワークの学習は、情報収集などの面で難易度が高かったりといったデメリットもあります。

おすすめのPHPのフレームワーク3選

PHPのフレームワークはいくつか種類があり、その機能も様々です。以下では代表的な3種類のフレームワークについて紹介します。

Laravel

Laravelは、マイクロソフトの開発関係者であるTaylor Otwell氏によって開発されたフレームワークです。バックエンドが複雑なアプリの開発において能力を発揮し、システム管理・コマンドツールの利便性の高さも特徴です。

また、AmazonのS3やSESとの連携の容易さも魅力で、Amazon Web Serviceを使用するプロジェクトにも対応できます。コミュニティの活発さから学習の手助けになってくれる点が多いため、PHPの入門には最適です。

CakePHP

CakePHPは、Ruby on Railsの影響を大きく受けたフレームワークで、Webアプリケーション開発に長けたフレームワークです。名前には「ケーキを焼くような簡単さで開発を行える」という意味が込められていて、その名のとおり、作業の快適さに特化しています。商用アプリケーションなどのセキュリティ対策が必要なものの開発に適しており、学習コストが低く高速開発を軽量で行えるため、初心者にもおすすめです。

O/Rマッピングやフォームバリデーション機能にも優れていて、セキュリティ対策も堅牢なものとなっています。日本語が使用されたドキュメントも充実しているため、ネット検索だけで豊富なノウハウを獲得することが可能です。

Symfony

Symfonyは、主に企業などの大規模なシステム開発に使用されているフレームワークです。簡易的で高速な開発よりも強固で確実な開発に向いていて、デバッグやテストを行うツールが豊富に備わっています。学習コストや難易度の高さから利用するエンジニアの数はそれほど多くありませんが、PHPエンジニア志望の人は習得しておくと便利でしょう。

PHPフレームワークを学ぶ方法

2021年5月現在、Google Trendsを用いた調査ではLaravelが日本で1番人気のPHPフレームワークでした。2016年以前はCakePHPが人気最上位でしたが、Laravelの登場によりその座を明け渡すこととなりました。しかし、CakePHPは歴史に裏付けられたノウハウの多さが魅力のため、今後も活躍し続けることでしょう。また、Symfonyは、ほかの2つに比べて日本での人気は低いものの、世界を対象とした調査結果では、CakePHPの人気を上回っています。

PHPのフレームワーク選択には、トレンドも大きく関係してきます。人気の高いフレームワークを習得すれば、活用できる場面が多く、仕事にも結びつきやすくなります。一方、知名度の低いフレームワークを習得しても、学習に費やした労力に見合った成果が得られず、損をする可能性が高いため、学習するフレームワークは慎重に選びましょう。

PHPフレームワークを習得する主な方法は、学習サイトまたはスクールの利用です。以下では、2通りの方法について紹介します。

学習サイトを活用する

学習サイトは、お金をかけずに手軽に利用を開始することが可能です。無料利用可能なサイトも多く、オンラインのため利用者個人のペースで学習に取り組むことができます。その一方で、疑問点の解決などがスムーズに行えないケースが存在するため、プログラミング初心者の挫折率が高いのが現状です。
試しにPHPフレームワークというものに触れてみたいと考えている人にはおすすめです。

プログラミングスクールを活用する

プログラミングスクールは、料金が発生するものの、専門家に直接指導してもらいながら学習することが可能です。疑問点の解消をスムーズに行えたり、仲間とともに学習に取り組むことができたりと、モチベーションを落とすことなく学習を進められるのも大きな魅力です。
より確実なスキル習得を目指す人におすすめです。

まとめ

この記事では、おすすめのPHPのフレームワークや学習方法について紹介しました。
PHPのフレームワークは種類も豊富なため、Web開発の目的に合わせて選択すれば、Web開発における心強い味方になります。また、学習方法も充実しているため、初学者でも挑戦しやすいでしょう。本記事がPHPのフレームワーク選択の助力になれば幸いです。

▼関連記事

・フルスタックエンジニアとは?求められる能力やキャリアパスなどを紹介
・ネットワークエンジニアとは?必要な素質やスキルなどを紹介
・AIエンジニアとは?業務内容やなるために必要な知識・スキルを徹底解説!

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事