STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

声優の仕事内容をご紹介!求められる資質・スキル・目指し方について
COLUMN 2021.2.12

声優の仕事内容をご紹介!求められる資質・スキル・目指し方について

声優という仕事は芸能に通じるものがあり、華やかなイメージがあります。しかし、声優の仕事を得るためには、地道な努力が必要です。声優としてのスキルを磨き、さまざまなオーディションを受けて、合格することで掴むことができる仕事です。 では、声優になるためには、どのような資質やスキルが必要なのでしょうか。また、目指すためにはどういったステップを通る必要があるのでしょうか。

そこでこの記事では、声優の仕事内容や求められる資質やスキル、目指し方についてご紹介いたします。声優になりたいけど何から始めれば良いのだろうとお悩みの方は、ぜひご参考ください。

声優の仕事内容とは

声優の仕事内容は主に声を生かした仕事として、アニメや海外映画、ゲームソフトなどの吹き替え作業、またはラジオやテレビのナレーションなどがあります。 そうした声優のお仕事ですが最近は求められる役割も変わり、活躍の場が広がってきています。一日の仕事の流れも含めて、それぞれ見ていきましょう。

声優の役割

声優の役割として、アニメ声優の場合、アニメーションのキャラクターに声を吹き込みます。それぞれのキャラクターの喜怒哀楽をキャラクターの仕草や台本を通してイメージして、声として表現します。

従って、声優は基本的には声のみの登場で、かつては声優は顔を出さないイメージでした。しかし、ここ最近は声優自身にも注目が集まり、アイドル声優になったりテレビ番組に出演したりする方も多くいます。

活躍の場は多種多様

最近の声優の活躍の場は多種多様です。 舞台進行や天の声といった役割で舞台出演の依頼を受けたり、自分の名前がタイトルになっているラジオ番組のパーソナリティを務めたり、顔を出してイベントに出演したりと実にさまざまです。 歌が得意な声優が、音楽番組などで歌を披露するのをテレビで見かけたこともある方も多いでしょう。

また、声優の方の容姿で人気が出るケースも増えています。なかにはアイドルのように人気を集めて、写真集が発売される場合もあります。 声優の仕事は声という枠にとどまらず、俳優や女優として映画やドラマに出演している方も増えていて、日々進化しています。

仕事の流れ

そうした声優の仕事の流れの一例を見てみましょう。 ある声優の一日は、9時半にスタジオ入りをして、10時から収録を開始します。お昼休憩があって、午後も再び収録です。 収録が終わり、夜の18時から声優以外のアルバイトを行い、23時に帰宅するというのが一日の流れです。

また、帰宅後から就寝するまでの時間に台本のチェックや発声練習をする方もいます。そして、収入が少ない新人声優の場合だと、収録時間外にアルバイトをしていることも特徴の一つです。このように声優の仕事の流れとしては朝から晩までスケジュールが詰まっており、一日をこなすのがかなり大変であることがわかるでしょう。

声優に求められるスキルと資質

声優に求められるスキルと資質は発声力や表現力など多岐にわたりますが、ここでは代表的なものについて触れていきます。

発声力と発音力

まずはじめに、発声力と発音力についてです。 声を大きく発声できる「発声力」と言葉の音を一つひとつ正確に合わせて発音できる「発音力」は、声優の重要なスキルです。 発声力についてははっきりとした通る声での発声はもちろん、聞き手を魅了するためには大事なところでボリュームの調整をして抑揚をつけることも大切です。

一方、発音力は滑舌や明瞭な発音を普段の会話から意識することでも技術を向上できます。 なかでも発音の明瞭さは声優としてとても大事なスキルの一つなので、普段から発音を意識して発声すると良いでしょう。 そして、普段からの明瞭な発音を心がけることは、専門学校などで同じ練習量をこなしているほかのライバルと差がつけられる大きなファクターでもあります。

豊かな表現力

次に、豊かな表現力が大切です。表現力を磨くためには表情筋の鍛錬によって身に付くと言われています。しかし、日常会話だけでは顔の筋肉は一定の範囲しか使われないため、特別なトレーニングが必要です。

例としては、舌を出して大きく回したり口の中で上下左右に目一杯動かすことで舌の筋肉が、顔全体・目・口などを思いっきり伸ばしたり縮めたりすることで顔の表面の筋肉が鍛えられます。 このように表情筋を鍛えることで、発声に良い影響を与えるだけではなく、声で表現する喜怒哀楽の感情を込めやすくなり、表現力がより豊かになるでしょう。

脚本やリクエストを読みとる力

続いて、脚本やリクエストを読み取る力、いわゆる読解力も声優に求められるスキルの一つです。 脚本に書かれている内容をよくイメージしてセリフやほかの内容を解釈しないと、脚本家の伝えたい内容を音声して表現ができません。そのため、脚本を読みとる力が大事です。

脚本を読みとる力を養うには、まず良い脚本を探すことから始めましょう。良質な脚本を選んだら、脚本に書かれている言葉の意味をすべて理解します。いきなり音声しようとはせずに、まずは脚本をじっくり読み込みましょう。何度も脚本を読み込むとイメージが湧いてきて、それぞれの役の仕草まで想像できるようになるでしょう。

強い意志や熱量

強い意志や熱量は声優にとって非常にプラスに働きます。 どんな仕事でもそうですが、「声優になりたい!もうこれで行く!」と強い意志と熱量があることで、良い方向に進む場面が多いです。そして、強い意志と熱量はキャスティングの担当者の方にも伝わりやすく、お声がけをもらって仕事につながったというケースも多いです。

ただ、最近職業として声優の人気は高く、第一線で活躍できるのはほんの一握りの声優のみです。 そうした世界で活躍するためには、何よりも無くしてはいけないのは「この声優の仕事で成功したい」という強い気持ちが大事でしょう。

声優になるためのステップ

最後に、声優になるためのステップについてご紹介します。

一般的に声優になるためには、まず声優の専門学校に通い基礎的なスキルを学びます。その後に、声優事務所のオーディションに合格して所属事務所の声優となる方が多いです。そして、仕事で活躍するためにアニメやゲームなどの役を掴むためのオーディションに合格するというステップを通る必要があります。

専門学校では発音や発声の基礎、呼吸方法や芝居について学びます。アニメの動きに合わせてセリフをあてるスキルも専門学校で習得できます。そして、磨いたスキルを生かして声優事務所のオーディションに合格すると、声優としてのチャンスが広がります。役を掴むオーディションを受けられる数も増えま、事務所に所属していることが有利に働く仕事もあるので、声優として実績を重ねやすいでしょう。

しかし、事務所に所属できたとしても声優としての地道な努力は続きます。役を掴むためにはオーディションを数多く受けなければなりませんし、自主的なレッスンも欠かせません。コツコツと努力して、声優としてのさらなるスキルの向上を目指します。 トップ声優の方であっても成功体験ばかりではないので、もし失敗したとしてもめげずに頑張り続ける精神力も重要でしょう。

まとめ

この記事では声優の仕事内容や求められる資質やスキル、目指すためのステップについて解説しました。 声優の仕事は一昔前では声のみの登場でアニメや海外映画の吹き替えのみを行うという仕事がほとんどでした。しかし、最近は活躍の場が広がっています。テレビのバラエティー番組やドラマに出演するなど、声優のマルチな才能が評価されています。 それだけに倍率も高く人気の声優という仕事ですが、発声力や発音力を磨くなど日々の継続した努力が大切です。ここで紹介した内容を参考に、気になる方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

▼関連記事

・個人で作れる! アニメの自主制作について
・映像作家になるにはどのような方法がある?必要な資格やスキルも紹介!
・海外の有名映像クリエイターをご紹介!映像や動画作成の参考になるかも?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事