STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

LP(ランディングページ)の作り方を細かく解説!作成手順から制作の注意点まとめ
TIPS 2020.12.07

LP(ランディングページ)の作り方を細かく解説!作成手順から制作の注意点まとめ

皆さんはLP(ランディングページ)について十分理解しているでしょうか。インターネットが普及した現代では、LPを使った製品・サービスのマーケティングが行われています。一般的には代理店や制作会社に依頼する場合が多いと思いますが、中には自社で実際に作ろうと考えている方もいるでしょう。

そこで今回の記事では、LPの作成方法や作成する際の注意点についてご紹介します。

LPの作り方

LPの制作に着手する前に、必要な準備を整えなければなりません。例えば、訴求の方向性やページ全体の構成、デザインのテイスト、運用・改修の手段などが挙げられます。準備・作成・運用というステップを着実に踏むことで、無駄なく作業できるはずです。それでは、ステップごとにLPの作り方を確認していきましょう。

Step1:目的や方向性を決める

LPを作成するうえで、目的や方向性を定めなければなりません。目的や方向性は、企業により異なり、目的に合った戦略を練る必要があります。なお、主な目的として次の4つが挙げられます。

  • それぞれユーザーに商品を購入させる
  • 自社のファンになってもらう
  • コンバージョン率を高める
  • ターゲット層を明確にする

ユーザーに商品を購入してもらうには、商品の魅力を理解してもらなければなりません。有効な方法はベネフィットに注目することです。ベネフィットとは商品・サービスを利用するとどのような恩恵を受けられるか示すことです。ユーザーに対して商品の特徴を伝えるよりも、商品を使うことで得られる恩恵にフォーカスして伝える方が、ユーザーの購買意欲を高めやすいでしょう。

Step2:構成を決めてコンテンツを作る

LPを作成する目的が定まったら、構成を決めてコンテンツを作る行程に移ります。構成はコンテンツの大枠を決める大事なプロセスです。LPの構成を決めることは、プレゼンテーションや商談の段取りを決めることに似ています。コンテンツを作るうえで最も重要なことは第一印象で、商品やサービスの輪郭を決めるほど大きな影響力を持ちます。

そのため、LPでユーザーが初めて触れる情報は、センセーショナルな内容である必要があり、怪しげな内容は極力避けなければなりません。ユーザーは、いかがわしさを感じるとLPから離れる傾向にあるため、再度アクセスする可能性は限りなく低いと言えます。そのため、第一印象を意識しながら、ユーザーを惹きつけるコンテンツを作りましょう。

Step3:デザイン・開発・コーディングを行う

構成を決めたあとは、Webページの骨組みを作るコーディングを行います。詳細について説明する前に、一度コーディングについておさらいしましょう。コーディングとは、プログラミング言語を用いてコードを書くことを指します。LPの場合は、主にHTML・CSS・JavaScriptといった言語を使用して、ページ全体の骨組みや色合い、余白の調整、アニメーションなどを形作ります。まずは、各言語について簡単に解説しましょう。

HTML

HTML(=Hypertext Markup Language)とは、Webページのコンテンツに、段落や画像などの構造を指定するため開発されたマークアップ言語です。

CSS

CSS(=Cascading Style Sheets)とは、Webページのスタイルを指定するための言語のことです。 通常、HTMLと組み合わせて使用します。

JavaScript

JavaScriptはユーザー側・Webサイト・Webサービスの相互間のやりとりを、円滑にするために用いるスクリプト言語です。

基本的にはこれらの言語を活用してLPを設計していきます。
また、LPのコーディングではいくつか注意点があります。次の3つのポイントに注意して、ページを作り上げていきましょう。

1つ目は、デザインの仕様が固まってから作業を進めることです。一般的にWebページを制作する際は、作成したワイヤーフレームに沿ってデザインを制作していきます。仕様が曖昧な状態で作業を進めると途中で修正が必要になり、作業が前後するなど非効率的です。しかし、大まかな形が決まっていれば変更が生じる可能性が低くなります。そのため、コーディングを始める前に、ざっくりとでも枠組みを作りましょう。

2つ目は可能な限りエリアを細かく区切り、運用や改修をしやすい土台を作っておくことです。 LP制作は作るだけで終わりではなく、分析・改善を積みかねることが大切です。たとえば、ファーストビューの画像の差し替えやボタンの変更、訴求箇所の組み換え、導線改修など、さまざまな組み換える必要があるでしょう。LPを作成する際に、簡単にコンテンツを入れ替えられる仕様にしておけば、改修作業が簡素化し効率的にLPを更新できます。

2つ目はレスポンシブなコーディングをすることです。現在は、スマートフォンユーザーの数が圧倒的に多く、PCユーザーの数を超えています。スマホやPCのほかに、各種タブレット端末を使うユーザーも増加しているため、より多くのデバイスにマッチしたWebデザイン・コーディングが求められています。そのため、PC・スマートフォン・タブレット端末の、どのデバイスにおいても最適化された状態でページを視認できるよう、レスポンシブな設計をしなければなりません。

Step4:運用・改善を行う

LP公開後は、効果測定・運用を行いましょう。LPは作成してすぐに効果が現れるわけではありません。一人あたり1日で宣伝に触れる回数は、3000回~5000回と言われています。情報が溢れかえる時代に、LPの効果を発揮させ続けるには、ほかのLPとの差別化を図らなければなりません。LPの運用をする中で効果が伸び悩む場合は、UIの変更など改善に取り組みましょう。

LPを作る手段

ここまでの解説で、LPを作成する流れはおおまかに把握できたのではないでしょうか。では、実際にLPを作成する場合、自社でできるのか否か、その他に方法があるのかという疑問が生じるでしょう。

そこでここからは、LPを作成する3つの手段について解説します。各作成方法について利点などを確認してみましょう。

自社で作成する

LPを自社で作成する場合、低コストで済む可能性があるという利点があります。しかし、構成からコーディングまで一から自社で行わなければならないため、作業は困難になりがちです。社内に専門知識を持つ人材がいなければ、あまり現実的でないでしょう。

制作会社へ依頼する

LPの作成をWeb制作会社に依頼する方法もあります。餅は餅屋といった例えがあるように、LP制作ではWeb制作会社に任せるのが最適です。LPの制作会社はLP制作のプロフェッショナル集団であるため、コストが高くなりがちですが、的確なアドバイスも受けられます。

【おすすめ!STASEONのLP制作サービス】
・デザイン・執筆・コーディング・問合せフォーム全て込み!良心価格・高品質なLP制作サービスはこちら!

作成ツールを利用する

LPの作成ツールを利用するのも選択肢の1つでしょう。自社でLP作成をする際には、作成ツールを利用することで、LP作成作業を簡略化できます。無料で試せるツールは数多くあるため、手を出しやすいという利点もあるでしょう。

LP制作の際の注意点

ここからはLP制作の注意点を3つあげます。LP制作に関する注意点をチェックしていきましょう。

広告との整合性を保つ

LP制作の際には、広告見出しとLPの一貫性を保つことが非常に重要です。そのため、事前に広告とLPの内容のすり合わせをしましょう。

広告をクリックして遷移した先のページが、広告見出しに含まれているワードに関連した内容であれば、ユーザーは得たい情報を探してLPをくまなくチェックしてくれます。このように、広告とLPの整合性が保てれば、CVRや滞在時間を高めることができ、商材の購入の後押しができるわけです。また、クリックする広告に記載している言葉遣いや画像のテイストと遷移先のLPのテイストと合わせておくことも大切です。ユーザーの不安を煽らないように、細かな企業努力が必要です。

ページ内導線を最適化する

ページ内での導線をより良くする取り組みは、LP制作のうえで見落とされがちなポイントです。たとえば、ページ内導線はファーストビューの後に配置するのが理想的とされています。なぜなら、最後までページ内の情報を読み終えたユーザーは、商材に対して非常に関心が高い状態であると言えるからです。そのため、ユーザーが一通り情報を得て商品やサービスに関心を持った状態でクリックできる場所に広告があれば、効果的に誘導できます。

商品やサービスへの関心が高まっているユーザーにもう一押しして売り込みをかけるために、クリックを誘発させるようなCTAアリアを設置しましょう。購買意欲を高めるような言葉とともにアクションボタンを配置するとさらに効果的でしょう。

ただし、ユーザーの購買に対する熱量が高まったタイミングで導線に導くことが理想的なので、むやみにアクションボタンを配置しすぎるのは逆効果です。ページ内の情報が分かりにくくなり、ユーザーが離脱するきっかけにもなりかねません。ページ内の導線を最適化するには、適切な頻度で主要コンテンツの後に一つ配置する程度が理想と言えるでしょう。

LPOを意識する

LPOとは、「ランディングページ最適化」のことです。ランディングページを最適化できれば、ページからの途中離脱を防ぎ、CVまでスムーズに導くことできます。LPOにおいて大切なことは、検証を重ねて効果的なLPを作ること、そして各ユーザーにパーソナライズされたLPを作ることです。

そのためには、自社と相性の良いターゲット層を的確に見極める必要があります。LPOを意識すれば、LPの質が上がり見込み客のCVR向上に繋がるでしょう。

まとめ

今回はLPの作り方に焦点を当ててご紹介してきました。LPO対策などをしっかり行いLPの内容を精査すれば、CVRの向上の助けになるでしょう。

LPを創る目的・デザイン・構成などを明確にして、顧客を意識することは欠かせません。LPは必要なプロセスを踏み、正しく作成・運用・改善ができれば、効果的なマーケティング手法となり得るでしょう。しかしながら、専門知識がない中でLPを作成するとCVRが伸び悩む可能性もあります。そのため、精度の高いLPを作りたいのであれば、LP制作のプロに任せることをおすすめします。

▼おすすめ!STASEONのランディングページ制作サービス

・デザイン・コーディング・原稿作成まですべて込み!集客率や成約率も高いLP制作サービスはこちら

▼関連記事

・LP制作会社に依頼するときのポイントと制作会社選びのコツ
・ランディングページのデザインはどうすればいい?手順とポイントを解説!
・LP制作の【相場】を徹底解剖!ラインディングページの値段は幾らが妥当か?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事