STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

ドローンとクリエイター:ドローンを専門とするクリエイティブ職種を解説!
COLUMN 2020.8.24

ドローンとクリエイター:ドローンを専門とするクリエイティブ職種を解説!

ドローンはクリエイティブワークだけでなく、あらゆるビジネスモデルに関与する魅力的なイノベーションです。

撮影以外にも、輸送・捜査・測量など様々な用途に活用でき、これからさらに多様なニーズを満たしていくことになっていきます。

空をドローンが様々な目的で飛び交っている光景を想像すると、まったく新たな未来の到来を感じてしまいますよね。

そこで、企業とクリエイターのマッチングサービスSTASEONでは、ドローンとクリエイターという視点で、クリエイターがドローンに関して携われる可能性・職種などを掘り下げていきたいと思います。

クリエイティブとしてのドローンの魅力

人の視点とは違うアングルでコンテンツを一気にリッチにしてくれる

普通の撮影はカメラマンがカメラを持ったアングルから撮影されます。これは人間の視点・視線などで見慣れた映像だと感じます。

一方、ドローンは空撮、空からの視点、人間の視点では有り得ない「特別なアングル」です。ユーザーは普段見慣れない視点から対象を覗くことができ、映像をリッチなコンテンツだと感じるようになります。

ドローンの最大の魅力は、空撮におけるコストを大きく下げてくれることにあるでしょう。ドローン機材のみ、少ない撮影メンバーで、お金を掛けずに質の高い空撮を実現することができます。

既存の価値が高くない、訴求性の低いコンテンツでも、撮影の視点をドローンに変えるだけで、一気に面白味や迫力を出すことができる可能性だってあります。

VRと組み合わせることで、自分が鳥になっているような、パラグライディングしているような感覚で、観光地や自然を疑似体験することもできるでしょう。

ドローンを専門とするクリエイティブ職種

職種1:ドローンカメラマン

ドローンのクリエイティブ職として最も定番なのがドローンカメラマンと言えるでしょう。

サイバーエージェントが発表した動画広告の市場規模おける市場調査では、2019年の動画広告市場は昨対比141%の2,592億円、2020年には3,289億円、2023年には5,065億円に達する見込みとなっています。

これは動画制作に対するニーズが高まり、動画間の視聴者獲得などの競争も高まることを意味します。

動画制作に関してよりニッチなニーズが増えていき、より質の高い者を作ろうとする動きも出てくるでしょう。

手軽にリッチなコンテンツを作るためにドローンカメラマンが起用されていくはずです。

撮影機材やソフトをいかに扱えるかは、撮影スキルに直結します。ドローンを扱えることはカメラマンとしての格を上げることに繋がるでしょう。

また、ドローン撮影の技術に向き合う中で、様々なリテラシーを積み上げていくことになります。すると、新しいスキルに向き合う際に、よりスピーディーに理解し、吸収することができるようになります。

ドローンを操縦する職種を「ドローンパイロット」とも呼びますが、ドローンをパイロットできるようになるということは、今後、ドローンのような新たなマシーンが登場した際に、よりストレスを感じずに向き合えるようになることを意味します。

一度何かしらの言語のプログラミングスキルをセットすれば、単の言語を新しく学ぶ際にもストレスを感じずにスキルを積み上げられるのと同じです。

そういった意味で、ドローンカメラマンとしてキャリアを積み上げることに自己投資すれば、クリエイターとして自然に守備範囲が広くなっていくでしょう。

職種2:ドローンプログラマー

ドローンプログラマーは、ドローンの飛行中の挙動をプログラミングによって制御する仕事です。

撮影の挙動だけでなく、データ収集や解析の挙動をプロジェクトに合わせてプログラミングするようなことも含まれていきます。

ドローンを使った輸送サービスの場合、1度に大多数のドローンを自動で飛行させなければなりません。そうなると、1企業がドローンで事業を最適に行うためには、ドローンにプログラミングのエッセンスを加えることは当然の流れになっていきます。

今後、ドローンプログラマー、ドローンエンジニアといった人材には大きなスポットが当たるようになるでしょう。

ドローンをプログラミングして有効活用する以外にも、ドローンそのものを開発しているメーカーも、ドローンをエンジニアリングできる人材を求めていくようになるでしょう。

職種3:ドローンディレクター

企業がドローンを有効活用することを考えると、専門性の高い理解力と提案力のある人材が求められていきます。

クライアント側の業種の専門性を理解し、クライアントの問題可決に即したドローンの設計・開発及びカスタマイズを提案し、クライアントを分かりやすく丁寧に導いていく人材です。

そう考えると、複雑で高単価のドローンに関する案件では、ディレクターやプロジェクトマネージャーの存在が不可欠です。

ドローン案件専用のドローンディレクターやドローンプロジェクトマネージャーというような名乗りを上げるクリエイターが増えてくるでしょう。

職種4ドローンコンテンツクリエイター

ドローンというのは、空撮によるデータ収集や出力や分析が可能になります。

こうしたドローンで取得したコンテンツを価値のあるものに再構築するようなドローンコンテンツクリエイターでキャリアを積み上げていく人材も求められていくでしょう。

最後に:ドローンのスキルを身に付けるだけでなく、ドローンで体現できることに注目していこう

ドローンはクリエイティブにおける幸福体現力を引き上げる

以上、ドローンとクリエイターというテーマで、クリエイターがドローンを職種にすることの可能性などを解説してきました。

新しいスキルを一気に身に付ければ、先行者利益を獲得することができます。

スキルの陳腐化がスピーディーになっているため、なかなか新しいことにチャレンジできないクリエイターもいるかもしれません。

しかし、新スキルをセットする何よりの魅力は、新しいスキルによって、新しいアイデアが芽生え得たり、自分自身の行動体質が力強くなったり、「スキルを身に付けるスキル」がより磨かれることにあります。

これからどんどん訪れる次の一手を素早く取得し、素早く有効活用することができるようになるのです。

大事なのはドローンの技術そのものを見つけるのではなく、ドローンを使って巻き起こせることに注目するということです。ドローンがあると創造できる世界、それが自分の創りたい世界と一致すれば、ドローンを学び、ドローンを突き詰めることが腑に落ちるでしょう。アウトプットを見越して知識やスキルをインプットするので、学習の成果がとても高くなります。

ドローンは間違いなくクリエイティブにおける幸福体現力を高めるツールです。

ドローンをどう活用すれば、どのような人(企業)が、どのように幸福になれるのか、その視点を持ち続けてみると、ドローンの未来についてよりワクワクできるようになります。ぜひ、今回の記事も参考にしてみてください。

▼関連記事

・クリエイターとは?クリエイターの定義
・アートとデザインの違い、そもそもアートとは?、エンタメやクリエイティブとの違いまで
・海外の有名映像クリエイターをご紹介!映像や動画作成の参考になるかも?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事