STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

仕事人間関係の悩みを消す4つの方法
TIPS 2020.8.17

仕事人間関係の悩みを消す4つの方法

仕事の人間関係はとても難しいですよね。特に習慣的に関わる人たちの関係には持続性があるので、踏み込みにくい部分もあります。

本音をぶつけ合い互いの自己開示を図ろうとしても、逆にハラスメントになるリスクを考えると、相手への深入りをできないでいるかもしれません。

そこで、今回は仕事の人間関係の悩みを「消す」方法を本サイトなりにご提案していきたいと思います。

悩みを消す方法1:なぜ悩んでしまうのか自身の内情を理解する

悩むほどのこだわりを捨てれば、職場の人間関係の悩みが消える

まず、そもそもなんで仕事の人間関係に悩んでいるかを考えましょう。

人間関係は完璧には行きません。だから、相手が思い通りに行かないことはいたって普通です。

しかし、仕事になると、人間関係が結果や評価の中に食い込んできたり、自身の目標設定の中に縛られていたりすると、人間関係でどんどん悩んでいくことになります。

もっと言うと、会社の人間関係がネガティブな状態だったときに、そのネガティブを上塗りするものがないと、ネガティブな状態に引っ張られていきます。

自部自身が職場の人間関係にこだわらざるを得ない理由をどんどんピックアップしていくことが、仕事の人間関係で感じるモヤモヤを軽くしてくれます。

理由を羅列する中で、「あれっ?自分は曖昧なもの、勝手に自分で悪だと決めつけていたものに嫌気を感じていただけだったんだ」と思うケースもあるでしょう。

悩みを消す方法2:社会的アウトプットで自分を積み上げる

外に向かって向上すればするほど、職場の人間関係の悩みが消える

職場の人間関係にマインドや精神衛生が占領されているということは、自分自身が職場に依存的な環境や状況にあることを意味します。

「職場なんて、自分の人生において小さな場面に過ぎない」と心から思うのであれば、職場の人間関係がネガティブであってもあまり気にしなくなるでしょう。

そのためには、肉体が実質的に外に向かうこと、自身の内面にスキルをセットしてアウトプットしていくこと、この2つが非常に大切です。この両者を組み合わせることが、社会で上昇する社会的アウトプットなのです。

社会的アウトプットがアクティブになると、とても優れた社外の様々な分野のビジネスフレンドと仲良くなることができます。

自分自身が社内を切り離して、個人として「何者であるか、何ができるか」を語ることができるようになると、異業種交流会などの場で、あなたを「一人のビジネスパーソン」としてフォーカスするようになります。

会社を切り離して、外に向かうこと、価値のあるアウトプットができるものを増やすことで、今の会社の中にいる自分はあくまでもその会社に寄り添った社会的アイデンティティの一つに過ぎないと考えることができるのです。

最終的にはいつ辞めても次が見つかるぐらいの状態になっているので、社内の中で思い切った行動ができるようになり、その思いっきりの良さで社内の人間関係もすっきり解決してしまうなんてことも出てくるでしょう。

悩みを消す方法3:リテラシーの合う相手に悩みを吐き出す

想いを吐き出せば吐き出すほど、職場の人間関係の悩みが消える

悩みというのは実質的に解決しなくても、悩んでいることを打ち明けたり、イラついている状態を大っぴらにすることで、慢性的になることを防いでくれます。

悩みというのは慢性的にならずに、一度悩んでから、次に悩むまでのタイムラグがあれば、意外にも上手に付き合っていくことができます。

悩みを伝える際のポイントは、同じリテラシーの相手を選ぶという点です。

同じリテラシーの相手の反応には、自分もある程度納得できるからです。

職場の中の人間関係が崩れていても、職場の中に同じリテラシーで味方になってくれて、その人と本音を共有することができれば、ネガティブな人間関係は意外にもその人との深い関係を築く潤滑油にすらなってくれます。

悩みを消す方法4:ソロ活に没頭し、ソロ充となる

自分事でワクワクすれば、職場の人間関係の悩みが消える

自分がコントロールできることに没頭していれば、あまり外部のことに気を捉われなくなります。

圧倒的ソロ充は、あれこれと自分がやりたいことに気が回りまわって、良い意味で会社の人間関係に鈍感になれるのです。

ソロ活に没頭し、ソロ充になれば、心は賢者モードになり、他人からの仕打ちに対しても「まぁ、あの人は余裕がないから自分がその仕打ちぐらいは付き合ってあげよう!」と捉えることができます。

外部に対して社会的価値を高めることもしておけば、職場の人間関係が痛手にならず、むしろ、自分のコミュ力や人間性を鍛え上げるとても有難い機会とすら認知できるようになるでしょう。

最後に:自分の個を引き上げて、他から巻き込まれることを有難いものにしていこう

仕事における人間関係の悩みは自分を調整するとても良い機会となる

以上、仕事の人間関係の悩み消す方法を本サイトなりにご紹介してきました。

悩みたくなければ、自分の個としての状態をどんどん高めていく、これが一番です。

①なぜ悩んでしまうのか自身の内情を理解し、②社会的アウトプットで自分を積み上げ、③リテラシーの合う相手に悩みを吐き出し、④ソロ活に没頭し、ソロ充となれば、ビジネス上の「個」として良い状態に仕上がっているはずです。

個の状態が良ければ、他が巻き込んでくるものに付き合いながら、より自分の個の状態をパワーアップさせることができます。

トラブルや自分を否定してくるような環境が定期的になると、自分の物差しや価値観が独りよがりになっていないか調整することができます。

他人に巻き込まれているようで、他人を踏み倒して自分だけがさらに一歩先へ進むことができるのです。

仕事の人間関係で悩んでいるということはあらゆるチャンスが待っていることを意味します。ぜひ、そのチャンスをうまく生かし切っていってください。

▼関連記事

・仕事ができるクリエイターに求められる10のコミュニケーション能力
・262の法則と人間関係:パレートの法則を意識して人間関係を向上させよう
・最強のビジネススキル「対人スキル」を磨く4つの方法

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事