【SEO】検索エンジンに評価される10のポイント

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

【SEO】検索エンジンに評価される10のポイント
TIPS 2020.6.20

【SEO】検索エンジンに評価される10のポイント

検索エンジンに評価されれば、トップページや記事ページは、想定したキーワードで上位表示されるようになります。

検索エンジンに評価されるサイト作りにはコツがあるのです。

そこで、今回はトレンドに流されることなく、長期的にトップページや記事ページが検索流入を獲得するための10のポイントについて分かりやすく解説していきます。

ポイント1:独自性

検索結果は、基本的に1ページに10個のサイトの概要が表示されます。その際に、他のサイトとの差別化が図られてあり、内容にオリジナル性があることが好ましいとされています。

検索エンジンは、検索結果の内容が多様であり、表示された何かしらのWebページが、ユーザのニーズを満たすことを使命としています。

トップページや記事の内容に独自性があるかどうかは、検索エンジンに評価される重要なポイントになります。

上位表示を狙っているキーワードで検索を掛け、上位表示されているサイトの内容を見て、「自分たちはこれがオリジナルである!」と明確に打ち出せると、検索的にも良いサイトになっていると言えます。

ペルソナを決めて「40歳共働き子持ち主婦の方で、美容に疎い層に向けに徹底に分かりやすく、アンチエイジングについての内容を届ける」という風に、ターゲットで差別化するのも一つの手です、

ポイント2:妥当性

上位表示したいキーワードを取り扱う妥当性です。例えば、離婚専門の弁護士事務所が、離婚におけるトラブルの記事を書くことには妥当性がありますよね。

実際に、離婚を決意して、離婚に踏み切るまでに、離婚弁護士目線で抱えるトラブルを業務の経験をもとに説明することができますよね。

わざわざその内容をお届けする妥当性が感じられるもののほうが、検索エンジンには好まれていきます。

ポイント3:実体性

単なるアフィリエイターの匿名記事よりも、専門家として法人を設立し、コーポレートサイトで内容を実名で届けているほうが実態が明確です。

記事を書く著者の実体やプロフィールなどをきちんと表示することも、検索に評価される要素になり得ます。

ポイント4:社会性

きちんと社会としての活動をしていて、その活動に関連した内容をサイトや記事にしているほうが、検索エンジンには好まれます。

例えば、単なる個人の青汁ブロガーが、青汁の栄養素を解説するよりも、青汁の通販をやっている会社が青汁の栄養素を解説するほうが、検索に好まれやすい傾向にあります。

商品やサービスを展開している個人や法人はSEOに強い傾向があります。

逆の言い方をすれば、何かのジャンルのメディアを作る際は、教材なり、何でもいいので、プロダクトも一緒に作ってしまえば、より検索エンジンに好まれる傾向があります。

ポイント5:読み応え

曖昧な言葉ですが、ボリューム感と専門性の高さは検索エンジンに好まれやすい傾向にあります。無駄に長くてもダメですが、ユーザーニーズに応えるために徹底した解説を施した記事は、やはり読み応えがあり、より詳しく知りたい、深く知りたいという人のニーズに応えることができます。

しっかり読み込みたい人が、読み応えのあるページを読むと、サイトの滞在時間が長くなるため、「このサイトはユーザが長く滞在して、ユーザの興味を話さないサイトだ」と評価される可能性が高まります。

ポイント6:分かりやすさ

ネットでは少しでも分かりづらい部分があると、ユーザが離脱してしまいます。そのため、分かりやすいサイトは、検索エンジンに好まれる傾向が高いと言えます。

前後の文脈の繋がりに必然性があり、読後に、読者が「このサイトを読んだことで学んだこと」をすらっと語れるような内容になっていれば、分かりやすく伝わったことを意味しています。

ポイント7:ビジュアル性

ビジュアルもWebサイトにとってかなり有益な情報です。図解や図表で分かりやすく伝えるのも良いでしょう。

最近では動画を埋め込むことによって、ビジュアル性の情報をリッチにすると、SEOに有利に働くとも言われています。

テキストで読み込むだけでなく、ビジュアルで内容をよりダイレクトに伝えることも大切です。

特に説明記事は、テキストのみの場合、他者や競合と内容が被りやすいため、アイキャッチ画像でリズム感を出したり、図解や図表でより伝わりやすくすると、検索エンジンに好まれていきます。

ポイント8:相関性

トップページの場合は、トップページそのものがサイト全体の趣旨を意味しますが、記事を作る際に注意したいのが、「サイト全体のテーマ」や「他のカテゴリー」と内容に関連性があるかどうかという点です。

また、カテゴリーを設置するのであれば、各カテゴリーの記事数がバランスよく整っているほうが良いです。本来、カテゴリー分けというのは、カテゴライズすることによって、より分かりやすく情報を伝えることを意味します。

カテゴリーごとに記事数のバランスが悪いということは、Webサイトのコンテンツのバランスが悪いことを意味します。カテゴリーを再編するか、執筆する記事の内容をバランスよくする必要があるでしょう。

ポイント9:構造性

h2タグ、h3タグ、pタグなどの構造的な美しさも検索エンジンにとっては重要です。また、段落ごとのボリュームの均一性も大事です。

段落が無駄に長くなく、程よいボリュームで刻まれていれば、ユーザの読み心地も高まります。

また、構造性が高いページや記事は、「編集をきちんと施している」ということを意味するため、質が高いと検索エンジンから評価されるのです。

ポイント10:ユーザビリティ

シンプルにユーザが使いやすいサイトです。読み込み時間の速度を含め、サイトが操作しやすく、閲覧しやすく、それでいて心地良い物かという点は非常に大切です。

字間、行間を含めて、ユーザがサイトを体験している際の満足度を引き上げていきましょう。

ユーザビリティを高めれば、全部のページのSEO効果も引き上がっていきます。

最後に:SEOとは「エスコート」である

親切で適切なエスコートができれば、サイトは確実に評価される

以上、検索エンジンに票かされる10のポイントについて、SEOについてあまり詳しくない人が読んでも理解できるように分かりやすく解説してきました。

SEOとはシステマチックな施策ではなく、人と人の触れ合いの中に当然あるような人間味のある施策だということが理解できたかと思います。

人間同士のコミュニケーションに置き換えて、Webサイト作り、Webメディア記事作りができるデザイナーやライターやコーダーは、確実に検索エンジンに評価されていきます。

ぜひ、WebサイトやWebメディア記事を作る際は、今回のポイントをチェックリストとして活用してみてください。

▼関連記事

・【動画】初心者向け!Webマーケティングにおける「リスティング広告」とは?
・【動画】使いやすい問い合わせフォームで顧客流出を防ぐ!EFOの実践方法
・【動画】パンくずリストのSEO効果とは?必要性と正しい設定方法

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事