初心者向け!Webマーケティングにおける「リスティング広告」とは?

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

初心者向け!Webマーケティングにおける「リスティング広告」とは?
COLUMN 2020.2.20

初心者向け!Webマーケティングにおける「リスティング広告」とは?


皆さんは、「リスティング広告」という言葉をご存知でしょうか?Webサイトを運営している方や、Webマーケティング担当者の方であれば、実際に「リスティング広告」を利用した経験があるかもしれません。また、「リスティング広告」に興味があり、これから詳しく学びたいと思っている人も多いでしょう。

「リスティング広告」は、Webマーケティングにおける代表的な集客施策の一つです。ゆえに、Web初心者であっても、「リスティング広告」の基本的事項は頭に入れておくべきでしょう。

そこで当記事は、初心者向けに、Webマーケティングにおける「リスティング広告」について、簡単に解説しています。また、「リスティング広告」のメリットやデメリットにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

リスティング広告とは?

まずは、「リスティング広告」とは何か、分かりやすく解説していきます。

リスティング広告とは、検索キーワードに連動して、検索結果ページに表示される広告のこと。「検索エンジン連動型広告」とも呼ばれ、検索結果ページの最上部に掲載されます。誰でも簡単に利用できる広告であり、費用や広告文など、柔軟に運用することが可能です。

リスティング広告では、クリック課金制が採用されています。つまり、ユーザーのクリック数に応じて課金される「PPC(Pay Per Click)広告」の一種だと言えます。もちろん、広告がクリックされなければ、検索結果ページに表示されていても、費用は発生しません。

リスティング広告の料金は、オークションによる入札形式で決まります。広告を掲載させるには、最低入札価格以上の価格で入札を行う必要があります。基本的に、検索ボリュームの大きいキーワードほど、最低入札価格も高くなるので、注意してください。

また、リスティング広告の掲載順位は、「広告ランク」によって決まります。「広告ランク」とは、入札価格×品質スコア(クリック率など)で導き出される指標です。品質スコアは、クリック単価にも大きな影響を及ぼすものなので、「いかに品質スコアを改善していくか」が重要だと言えるでしょう。

リスティング広告のメリット

続いて、リスティング広告のメリットを紹介します。リスティング広告の主なメリットは、以下の3つです。

・低予算でも始められる
・即効性が高い
・ターゲットユーザーにアプローチできる

枠を購入して掲載されるようなバナー広告は、ユーザーのクリックの有無にかかわらず、費用が発生するケースが多いです。しかし、上述の通り、リスティング広告の場合は、クリックされなければ費用は発生しません。クリック課金制であるリスティング広告は、低予算でも利用することができるのです。さらに、どれくらいクリックされそうか、事前にシミュレーションできるツールも存在します。安心しながら、予算や目標に応じて、リスティング広告を運用してみてください。

また、リスティング広告のメリットとして、「即効性が高い」ことも挙げられます。リスティング広告を出稿すれば、すぐに検索結果ページに広告が掲載されるので、時間をかけずに集客力を高められます。必要なタイミングで、素早く成果に結びつけることができます。さらに、リスティング広告では、配信開始だけでなく、配信停止や修正の手続きも簡単に行えます。状況に応じた、柔軟な広告運用が可能だと言えるでしょう。

リスティング広告では、検索キーワードを決めた上で、広告を出稿します。そのため、該当キーワードで実際に検索を行ったユーザーのみに、広告が表示されるわけです。つまり、ターゲットとしているユーザーのみにアプローチすることができます。ゆえに、成果につながりやすく、費用対効果も高めやすいと言えるでしょう。

リスティング広告のデメリット

続いて、リスティング広告のデメリットを紹介します。リスティング広告の主なデメリットは、以下の2つです。

・運用コストがかかる
・ある程度の知識が必要

上述の通り、リスティング広告は低予算でも始められますが、必ず費用は発生します。人気のキーワードであれば、高単価になることも多く、やはり資金力のある大企業の方が参入しやすい広告手法だと言えます。さらに、リスティング広告の運用には手間がかかるので、一定の時間や人件費が必要になるでしょう。

また、リスティング広告を効果的に活用するためには、ある程度の知識も必要です。費用対効果を高めるために分析や改善を繰り返すのは、決して簡単なことではありません。

代表的なリスティング広告

代表的なリスティング広告は、以下の2種類です。

・「Google広告(Google AdWords)
・「Yahoo!プロモーション広告

上記は、それぞれGoogleとYahoo!が運営するリスティング広告です。基本的なルールや使い方は同じなので、ぜひ、両者を併用してみてください。

まとめ

初心者向けに、Webマーケティングにおける「リスティング広告」について、簡単に解説しました。また、リスティング広告のメリットやデメリットにも触れました。リスティング広告は、Webマーケティングにおける代表的な集客施策の一つです。ぜひ当記事を参考にしながら、リスティング広告に対する理解を深め、効果的なWebサイト運営を行ってください。

▼関連記事

・Webマーケティングを独学する方法とは?おすすめのセミナーや講座も紹介!
・初心者向け!Webマーケティングに必要なツールの種類とは?
・Webデザイナーのサイト改善などに必須!Webマーケティングを知ろう

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事