STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

コンテンツライターになるための面接対策!必要なスキルも解説!
COLUMN 2020.4.08

コンテンツライターになるための面接対策!必要なスキルも解説!

数あるライター業の中でも、コンテンツライターは総合的な知識が必要とされる職種です。これから新たに入社を目指す段階だと、コンテンツライターの業務内容や必要な業務スキルに関して詳しく知らない人もいるかと思われます。この記事では、コンテンツライターに必要とされる業務スキルを具体的に解説します。面接で聞かれやすい質問と解答例についても紹介していきます。

コンテンツライターとは

まずは、コンテンツライターという職業に関する概要と、新規就業を目指すのであればどういったスキルが必要かを具体的に解説します。

コンテンツライターとコピーライターの違い

商品やサービスの売り上げを伸ばすという点で、コンテンツライターとコピーライターは類似している職業です。しかし実際の業務内容やターゲット層は大きく異なっています。

コピーライターの場合、特定の商品やサービスを対象として、瞬発的に売上を伸ばせる文章を書くことがおもな仕事です。消費者が商品の良さを一目で理解できるように、シンプルでインパクトが強い文章を書くのがコピーライターの特徴といえます。

対して、コンテンツライターは消費者が興味を持っているジャンルの情報を継続的に伝える文章を書くことが仕事です。特定の商品ではなく、同じジャンルへの興味・関心を継続させるコンテンツを制作する必要があります。ある程度の期間をかけて消費者のコンテンツに対する信頼を構築することがコンテンツライターに必要とされる役割です。

コンテンツライターに求められるスキル

コンテンツライターを目指すうえで必須条件となる資格試験はありませんが、正社員として活躍しようと考えているならさまざまなスキルを習得する必要があります。

表現力・ターゲット策定能力

コンテンツライターとして消費者に信頼される記事を書くには、記事のおもな読者層を正しく推測できるリサーチ能力と、策定したターゲット層にとって有益な情報を分かりやすく書き出せる表現力が必要です。消費者が必要としている情報を提供することがコンテンツライターに要求される役割なので、ユーザーフレンドリーであることを重視して記事作成に取り組めるスキルが必要となります。

SEO対策

SEO対策とは、検索エンジンに特定のキーワードを入力して検索した際に、自社サイトが上位に表示されるように対策を講じることです。検索結果で上位に出てくるサイトは消費者からのアクセスが増えやすく、高い広告効果が見込めるというメリットがあります。

実際にSEO対策を行う際は、もっとも市場シェアが高い検索エンジンであるGoogleを対象として実施することがほとんどです。SEO対策を取り入れた記事を制作できるコンテンツライターは実力を高く評価されやすいので、SEO対策は優先的に習得するべき業務スキルだといえます。

読者との関係構築

コンテンツライターに要求される役割は、読者にとって信頼できる情報を提供することです。信頼性が高い記事を制作するには、読者が知りたい情報を的確に把握して、万人にとって分かりやすいようにコンテンツ化できる技量が必要となります。

コピーライターが書く文章と比べると短期的な売上は確保しづらいですが、首尾よく進めれば優良なリピーターを確保できるというメリットがあります。

コンテンツライターの勤務形態

コンテンツライターとして働く人は、クラウドソーシングサイトを活用してフリーランスで活躍する人と、企業勤めの人に分けられます。フリーランスは収入を得られるタイミングと金額が不安定ですから、まずはコンテンツライターとしての実績を積みましょう。手軽に案件を受けられるクラウドソーシングサイトを活用すれば、営業をせずとも実績を積むことが可能です。

コンテンツライターの面接準備

ここからは、コンテンツライターの就職面接に挑む際に必ず準備しておきたい情報や資料をご紹介します。

志望動機

コンテンツライターの志望動機としてもっとも挙げられやすいのは、「文章を書くのが楽しい」という理由です。ライター業全般に言えることですが、継続的に文章を書く仕事である以上、執筆作業を楽しめる人はライター業への適性があります。

ブログ記事やクラウドソーシングなどで一定の実績を持つ人なら、「自分の書いた文章を世間に広めたい」という志望動機も説得力があります。自身が書いた記事に読者が付くことを喜ばしく思い、継続的に有益な情報を発信していきたいと考えられる人はコンテンツライターに向いているといえます。

ポートフォリオ

面接に先がけてポートフォリオを作成しておくと、ライターとしての実績を分かりやすく示すことができます。プロのライターとして実績を持たない人でも、自身のブログやクラウドソーシングで受注してきた案件をポートフォリオにすることでライティングスキルを面接先にアピールしやすくなります。

なお、案件として受けたものを掲載する際には、クライアントから必ず掲載許可を取っておくようにしましょう。すでに紙媒体の制作経験を持つ人であれば、自身が関わった部分を抜粋するだけで有効なポートフォリオを作成できます。自分が関わった書籍のページや表紙を貼り付けるようにすると、ポートフォリオが長くなりすぎることを防ぎやすくなり、おすすめです。

何十ページもあると後半は読まれない可能性が高くなるので、できる限り手短にまとめるように心がけましょう。

コンテンツライターの面接でよく聞かれるポイント

コンテンツライターの面接では、応募先の企業に対して長期的に貢献できることを面接官に対してアピールできるかが重要なポイントです。ここでは、面接で聞かれる頻度が高い質問と解答例を紹介します。

クオリティ向上のために気を付けていることは?

コンテンツライターは、一つのジャンルに関して継続的にクオリティが高い記事を書けることが要求されます。ライター自身が記事のクオリティアップに努め続けられるかは重要なポイントであり、面接で聞かれる頻度も高い質問です。

質問への適切な回答例としては、「執筆するジャンルの書籍を読みこんで、読者目線で常に最新のトレンドを理解するように努めていた」、「検索エンジンに表示される関連キーワードから読者のニーズを把握して記事制作に反映していた」などが挙げられます。

今後の展望は?

入社した場合に取り組みたい仕事はあるか、という質問も面接で聞かれる頻度が高いです。応募先の会社にどういったことを期待しているか、会社へ長期的に貢献してくれるか、どう貢献できるかなどの意図が込められた質問です。適切な回答は人や応募先によって異なります。回答例としては、応募先の事業内容を適切に理解したうえで、自分が今後数年間で実践したいことを述べると成長性が高いことをアピールできます。

自己PR

コンテンツライターの面接で自己PRを行う際には、応募者自身が執筆してきた記事のジャンルや本数、消費者から受けた評価などを具体的に表す必要があります。いずれの情報もポートフォリオにまとめて書くと分かりやすくなるので、コンテンツライターとして就業を目指す人は、今までの実績をポートフォリオにする工程から始めることをおすすめします。

まとめ

コンテンツライターに必要とされる能力と、基本的な面接対策について解説しました。オンラインメディアでの執筆経験が必須といえる業種であり、人によってはポートフォリオの作成にも苦労するかと思われます。これからコンテンツライターを目指す人は、当記事で紹介した面接対策を参考にしてポートフォリオを用意するところから始めていきましょう。

▼関連記事

・プロライターの相場単価・原稿料-webライティングからコピーライティングまで
・プロ・アマ問わず応募可能!コピーライターとしてチャレンジしたい広告賞
・【第1回】現役コンテンツライターに聞く!コンテンツライターになるには?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。

おすすめの記事