STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

注目が集まる編集者!未経験から編集者になる方法とは?
TIPS 2019.12.07

注目が集まる編集者!未経験から編集者になる方法とは?

編集者に注目が集まっています。その背景には、コンテンツの素材となるアイデアやスキルが広く手に入る現在、それらを組み合わせることにクリエイティブな作業の中心が移ってきたことにあります。

コンテンツはさまざまなパーツの集合体と考えることができます。それぞれのパーツは、学術的な知識やその他のアイデアや、画像イメージを作り出すスキルから生み出されるのですが、インターネットが普及した現在、そのような知識やアイデア、スキルには膨大なストックがあります。

そこで、コンテンツの目的を達成するために必要なものを探し当てたり、組み合わせたりする編集者の仕事が重要になってきました。

編集者の世界は間口が広く、未経験から編集者になることもそれほど難しくはありません。未経験から編集者になる方法をご紹介しましょう。その後、編集者の仕事と必要なスキルについても解説します。

未経験から編集者になる方法とは

メディア企業の求人を見ても、未経験からいきなり正社員の編集者として採用されることは、あまりありません。未経験から編集者になる方法としては、アルバイトや派遣社員として、アシスタントの立場で仕事を始めるのが一般的です。

アシスタント枠に応募

未経験者を編集者として正社員枠で採用しようとする求人はあまりありません。未経験者は、アシスタント的な立場で、アルバイトなど正社員以外の雇用枠で仕事を始めるのが一般的です。都市部の場合、そのような枠であれば多数の求人があります。そうした求人枠の中には、実績次第で正社員に登用する求人も少なくあり。アシスタントは雑務が多くはじめは編集者らしい仕事を任されないかもしれませんが、実績をあげてステップアップしていけば良いのです。

派遣会社に登録する

メディア企業が派遣の雇用区分で編集者やアシスタントに対して未経験歓迎の求人を出すことがあります。派遣会社に登録して、キャリアカウンセリングやフォローを受けながら編集者を目指すのも一つの方法です。

メディア企業の自社サイトやSNSから応募する

編集者の求人に応募する方法は、求人サイトや派遣会社だけではありません。メディア企業の中には、自社のメディア内や、自社の採用サイト、自社のSNSを使って求人を出しています。自分が働きたい企業があれば、その企業のメディア、自社サイト、SNSから応募するのも一つの手です。たとえばTwitterからも「未経験歓迎」の求人を見つけることができます。

編集者の仕事内容

編集者は企画の立案から完成までの全工程のリーダー役ですが、コンテンツ周りのすべての面倒を見る雑務が多い役割でもあります。未経験からアシスタントになれば、上司の仕事を補佐しながら編集者の仕事を勉強できるでしょう。

編集者は雑務が多い

編集者はコンテンツンの制作を調整する立場で仕事をします。編集者が日々接しているクリエイターたちやクライアントは、それぞれ自分の領域で仕事をしたり、要求を出したりします。

編集者は、個別に任せることができない仕事を全部引き受ける立場であり、結果として、さまざまな雑務を引き受けることになります。

企画立案

編集者の仕事の中で一番面白いのが企画立案です。世の中の動きや自分の感性をもとに、リサーチを重ねてこれはと思う企画を提出します。未経験者がいきなり企画立案を任されることはあまりないかも知れません。しかし、編集チームの一員として企画立案に関わることは十分にあり得ます。

必要な人材や予算の確保

企画を立案したら、その実現のために人材や予算を確保することも、編集者の仕事です。予算を確保するために、クライアントから了解をもらうためのプレゼンテーション、クリエイターを確保するための人脈など、クリエイターとは違ったスキルが求められる作業です。

制作進行

編集者は、クリエイターたちに指示を出すことでコンテンツを制作し、完成させます。コンテンツの理念をクリエイターたちに理解したもらうための伝達する力とともに、スケジュールに合わせて制作状況を管理する力が求められる場面です。

校正作業

編集者は、上がってきた原稿をチェックし、誤字脱字や事実関係の誤りを正すとともに、原稿がコンテンツのイメージに即したものになっているかも確認します。この段階で誤りがあったり、イメージから外れたりした原稿であった場合は、クリエイターと相談し、意思の統一を図ったり、修正を指示したり、場合によっては自分で修正したりします。ここで原稿というのは文章だけではなく、画像なども含みます。

編集者に必要なスキル

編集者は雑多な仕事を請け負うのでさまざまなスキルが必要です。編集者に必要なスキルは、大きく分けるとマネジメントスキルと企画力の2つに集約されます。

マネジメントスキル

編集者はコンテンツの制作過程全般を管理します。編集者にはマネジメントする力が必要です。編集者にはスケジュール管理、表現力、リーダーシップ、モチベーション管理スキル、コミュニケーションスキルが必要です。

企画力

編集者にはマネジメントスキルが必要ですが、このスキルは、人を率いるすべての仕事で必要な能力です。それに比べて、企画力はもっとも編集者らしい力です。マネジメントスキルがあることが前提となりますが、よりよい企画を立案して、その企画に人々を巻き込んでいく能力が高いことが、優れた編集者の条件です。優れた企画をヒットさせることは編集者にとって最大の喜びです。

編集者を目指すには

編集者の仕事を誤って理解していると、憧れの編集者になれたのはいいけれど、やりたい仕事とは違ったという事態になりかねません。編集者やアシスタントの求人を出す会社ごとに、望ましいスキルとしていろいろなものを指定していますが、その中でもっとも多く出てくるのはライティングスキルです。

編集者の仕事を正しく理解する

「編集」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?いろいろなリソースから情報を選び出し、目的にあったコンテンツを作成することや、動画の断片をまとめて映画作品を作り上げることが編集です。編集者は、そうした作業を多くの人に協力を求めることで達成します。つまり、素材を組み合わせることと、人々と協業することが編集者の仕事です。編集者の業務内容は会社ごとにさまざまですが、最初にこの点を理解しておかないと、あとになって後悔することになるかもしれません。

ライティングスキルを磨く

編集者や、そのアシスタントの求人をみると、会社ごとに求めるスキルに違いがあることが分かります。やる気、コミュニケーション能力、経験など、一般的なスキルを除くと、もっとも多いのがライティングのスキルや経験です。未経験者にとって、ライディングは働く前から磨けるスキルでもあります。さまざまなリソースから情報を収集して一つの記事にまとめあげるライディングは、小さな編集作業でもあります。個人ブログの更新を続ければ、リサーチ能力、文章力がつくだけではなく、求人面接のときのアピールポイントにもなります。

まとめ

さまざまな素材を集め、一つのコンテンツにまとめあげる編集者に注目が集まっています。未経験から編集者になるには、アシスタントの立場から始めるのが良いでしょう。編集者は企画力が求められる仕事ですが、さまざまな人々に指示を出して制作を進行するマネジメントスキルが大前提です。編集者の世界は間口が広いので、挑戦する機会は少なくありません。この記事が、編集者の世界に踏み出すきっかけとなれば幸いです。

▼関連記事

・フリーランスの編集者になるには?メリットデメリットもご紹介 
・できる編集者が持っている5つのスキル
・【図解で表現!】これが編集者のキャリアパス!

▼クリエイティブ業界の求人情報

・編集ライターの求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事