競合から「差別化」させるコンテンツマーケティング10の施策

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

競合から「差別化」させるコンテンツマーケティング10の施策
TIPS 2019.10.22

競合から「差別化」させるコンテンツマーケティング10の施策

コンテンツを差別化させるべき理由

コンテンツの存在意義を出すため

最近のコンテンツマーケティングは、コンテンツを競合と明確に差別化することが重要になってきています。

例えば、オウンドメディアに関しても、検索表示結果には「多様性」を大事にしています。ありきたりな記事は上位表示されなくなってきているのです。

他と差異のないコンテンツに存在価値はありません。他との違いが明確だった場合、コンテンツの存在は個性を放ち、存在する意味を持つのです。

そこで、今回はコンテンツマーケティングにおいて、競合との差別化を図るための施策を掘り下げて解説したいと思います。

施策1:アイキャッチを差別化する

アイキャッチで差別化する

オウンドメディアであれば、記事のアイキャッチ画像をデザインするだけでも、一気に差別化を図ることができます。

また、漫画や図解を取り入れることでも、コンテンツはキャッチーになります。内容を変えずに、アイキャッチで差別化を図ることができるのです。

施策2:専門家のアドバイスを増やす

専門家のアドバイスで差別化する

専門家の意見を導入し、理解しやすい形でコンテンツに加えることが差別化の最もベーシックな手法と言えます。

ある専門分野に対して、別分野の専門家の意見を取り入れて、新たな視点を提供できると、差別化はより明確になります。

多様な専門家からのアドバイスを取り入れて、横断的な見解を述べることができれば、そのコンテンツは競合が追従できないものとなるでしょう。

施策3:コンテンツの生かし方を提案する

提案力を磨き、使えるコンテンツとして差別化する

コンテンツを単なる「受け取る情報」として終わらせることなく、「●●な人は、◆◆なケースで、▲▲のように使うことができます」といったようなコンテンツの生かし方を提案すると、より実用性が増します。

オウンドメディアの記事の場合は、記事の最後に、今回の記事をどう生かしていくのかを提案するセクションを作ると、読後感もかなり差別化できるはずです。

ここに来れば、何か得られると感じてもらえれば、リピート率も高まっていくでしょう。

施策4:音声・動画を取り入れる

多面的なコンテンツで差別化する

例えば、画像とテキストのみで収めていたコンテンツに、音声や動画を添えることができれば、それだけでコンテンツが差別化される可能性が高くなります。

wikipediaと同等な「用語解説」のコンテンツだったとしても、「30秒で分かる音声説明」や「全体を振り返るまとめ動画」の2つが加わるだけで、ドメインパワーの強いwikipediaとかなり差別化することができます。

施策5:ブランドキャラクターを育てる

キャラクターに価値を持たせて差別化する

コンテンツやメディアありきで、キャラクターを作るケースは非常に多いと思いますが、「キャラクターありき」を目指したコンテンツを作ると、キャラクターにファンがつき、キャラクターが出ているだけで価値を持ちます。

キャラクターをブランド化できれば、そのキャラクターをコンテンツに登場させることで、誰にも真似できない差別化が実現します。

施策6:ユーザビリティをリッチにする

リッチな使いやすさで差別化する

オウンドメディアの場合、文章と画像と小見出しで構成されるのが一般的ですが、CSSやjQueryなどで、ユーザビリティをリッチにすると、コンテンツを大きく差別化できるようになります。

例えば、「医者10人のアドバイスはこちら」と言って、縦長に1人ずつアドバイスを流すよりも、slickスライダーで、フリックすれば、横に流れて、次の医者の見解が閲覧することができれば、10人の意見を縦スクロールすることなくリッチかつ心地よく閲覧することができます。

切り替わりをオートにすれば、10人のアドバイスをフリックする必要なく読めるので、かなりユーザビリティは高くなると言えます。

施策7:診断やクイズを取り入れる

プログラムが必要なコンテンツで差別化する

プログラムが必要なコンテンツは手間も予算も掛かるため、実際に作ることができれば、大きな差別化を図ることができます。

依存症の記事に、依存症診断が入っていれば、その記事の意義も強く感じられますよね。

部下に好かれる社長の記事に、社長力診断が入っていれば、部下も社長自身もやりたくなりますよね。

診断やクイズなどのプログラムされたコンテンツを導入すれば、そのコンテンツの満足度が非常に高くなります。

施策8:相談やコメントでコミュニティ化する

閲覧者の主体性を刺激して差別化する

コンテンツを受容できる場所が大事なコミュニティとなれば、非常に特別感を感じて貰えていることを意味します。

コミュニティ化するには、コメントを開放するだけでも大きな効果を得られます。

もしくは、コメントに対するフィードバックを用意できれば、さらにコミュニティとしての感覚は強まります。

例えば、コンテンツに沿った悩みを募集し、その悩みに応えるようなフィードバックがあれば、ユーザーはその場所をとても大切に思ってくれるでしょう。

施策9:持論や独自の見解を伝える

主張を強く伝えて差別化する

発信側の持論や独自の見解を必ず入れていくことで、コンテンツはオリジナルになります。

強い想いなど、感情が伝わるものであれば、なおさら個性的な印象を持つことができます。

施策10:定期的に特典を出す

メリットを与えて差別化する

例えば、CTA(コールトゥアクション)に特典を添えれば、差別化することができます。

さらに言えば、「毎月特典として得られる無料レポートを変える」といったように、特典も定期的に更新されると、ユーザー自身は他とは違う差別化を感じるでしょう。

最後に:長期的な理想は一生輝くコンテンツを

差別化を徹底すれば、コンテンツは自然に輝く

以上、競合と差別化を図るためのコンテンツマーケティングの施策を解説してきました。

せっかく作るコンテンツですから、長期的に高い価値を生み出すようなものにしていきたいですよね。

逆の視点から言えば、短期的な価値しか見出さないようなコンテンツには手を伸ばさないという戦略も大切です。

差別化を徹底すれば、コンテンツは自然に輝きを放っていきます。ぜひ、今回の記事も参考にしてみてください。

▼関連記事

・コンテンツマーケティングにおけるSEOのポイント(ライティング編2/2)
・【WebクリエイターのためのSEO】良質なコンテンツとは?Googleに評価されるコンテンツ作りのポイント
・Webライター初心者向け!「修飾語」を効果的に使うためのコツ!

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事