クリエイターと勤務地:クリエイターが最高のパフォーマンスを出すためのベストな勤務地とは

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

クリエイターと勤務地:クリエイターが最高のパフォーマンスを出すためのベストな勤務地とは
COLUMN 2019.9.26

クリエイターと勤務地:クリエイターが最高のパフォーマンスを出すためのベストな勤務地とは

働く場所がどんな場所にあるのか、たったそれだけのことでもクリエイターのパフォーマンスには大きな影響を与える可能性があります。

そこで、今回は、クリエイターが最高のパフォーマンスを出すためのベストな勤務地について解説していきたいと思います。

1.シンプルな通勤が可能な勤務地

朝の通勤で煩雑な思考や強いストレスを受けてしまうと、ワーキングメモリに負荷をかけてしまいます。ワーキングメモリは長期記憶にストックした情報から必要なものを即座に抜き出して、組み合わせてアイデアを出すといった、まさしくクリエイティブなパフォーマンスに大きく関係します。

通勤中にワーキングメモリが消費されてしまうのであれば、仕事開始からクリエイティブなパフォーマンスは下がっている状態にあると言えるでしょう。

自宅からの通勤がシンプルでなるべくストレスを感じないようであれば、クリエイターの脳にとってはベストな勤務地だと言えます。

2.緑や自然を感じられる勤務地

自然は副交感神経を優位にする働きがあります。勤務地周辺が自然を感じられる場所であれば、気持ちを自ずと落ち着けやすくなります。すると、日常の不安や心配事に思考を支配されづらくなり、クリエイティブな要素に思考をフル回転することができます。

勤務地周辺に自然を感じる場所がなくても、オフィスに観葉植物を置いたり、机回りに自然の写真を飾るだけでも、リラックス効果を得ることができます。

3.セルフケアスポットがたくさんある勤務地

デスクワークが多い場合、足の血流が悪くなりやすいです。勤務地付近にフットケアマッサージができるお店があれば、気軽にセルフケアできます。また、社内では気軽に昼寝ができない場合は、ネットカフェなどがあると、落ち着いて休憩することができます。10分~30分の昼寝はパフォーマンスを高めると言われています。酸素カプセルは脳内の酸素濃度が増え、認知力を高めると言われています。

勤務地周辺にセルフケアスポットがたくさんある場合は、クリエイターの回復を促し、安定したパフォーマンスを提供してくれると言えます。

4.図書館や書店が近くにある勤務地

図書館や書店は、単に置かれたコンテンツを眺めるだけでもアイデアの刺激になります。表紙を見るだけでも今行っている案件のベストなアウトプットを思いつく可能性があります。知的な気分転換をするには図書館や書店はかなり優れた場所なのです。

また、現在はネット検索などによるインターネットを介した情報をいち早く頼りにする傾向があります。勤務地付近に図書館や書店があり、それらは自分の知的情報の外部メモリの役割を果たしていると考えれば、近くに図書館や書店がないクリエイターよりもかなり高いパフォーマンスを発揮できるイメージを持てるのではないでしょうか。

5.歩きたくなるような場所がある勤務地

デスクワークの途中で歩くことは非常に良いです。足の神経が敏感になり、全身を動かすことで酸素を取り込みます。血流も良くなります。脳の血流も良くなるので、クリエティブな認知力もより高い状態になります。

公園などの歩きたくなるような場所があると、仕事中でも「散歩」をコンディショニングとして取り入れることができます。社内では社員全員が気軽に立って歩けるような環境やムードを促進したいですね。

6.居酒屋が少ない勤務地

飲みにケーションで人間関係に深みを与えるうえでの居酒屋のビジネス効果は非常に高いと言えますが、日々のクリエイティブな能力を良質に保つことを考えれば、居酒屋などの夜の誘惑が少ない場所が勤務地としてはベストです。

特に夜は栄養のある食事を行い、デジタル空間から離れ、深部体温を下げ、良質な睡眠で一日を終着させることが、連続的な毎日を活発に過ごす秘訣になります。一日の終着点である睡眠をなるべく良質にしてくれる勤務地、勤務環境を作っていきたいですね。

7.クリエイターと頻繁に交流できる勤務地

他のクリエイターとの交流によって得られる知見やアイデアやスキルは計り知れません。また、他社にライバルのような存在を見つけることができれば、非常に仕事への活力となります。そこで、勤務地付近でワークショップなどのように、気軽に他のクリエイターと交流できる環境があれば、それはクリエイターにとってベストな勤務地の一つと言えるでしょう。

最後に:自分の勤務地の周囲をもう一度見直してみよう

自分のクリエイティブな潜在能力がさらに引き出される

以上、クリエイターが最高のパフォーマンスを出すためのベストな勤務地について解説しました。人が変わるとき、まず、自分の在り方を変えようとするはずです。マインドと行動を起点に変えることは非常に大切です。

ただし、変わることのない環境にも目を向けてみると面白い発見があります。自分の勤務地の周囲の環境をもう一度見直してみると、「環境によって自分を良い方向に変えてもらう」施策を発見できるかもしれません。

環境に上手く背中を押してもらって、より自分が高まれば、仕事で良い結果を得ることができます。ぜひ、今回の記事も参考にしてみてください。

▼関連記事

・クリエイターとは?クリエイターの定義
・クリエイターと英語:クリエイティブ職は英語を身につけるべきなのか?
・クリエイターと働き方改革:これからのクリエイティブの働き方について
・クリエイターと健康:仕事のパフォーマンスを高めるコツ
・脳科学的に正しいクリエイターが生産性を上げる6つの方法

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事