STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

Webライター初心者向け!「修飾語」を効果的に使うためのコツ!
TIPS 2019.9.09

Webライター初心者向け!「修飾語」を効果的に使うためのコツ!

皆さんは、コンテンツSEOという言葉をご存知でしょうか?コンテンツSEOとは、ユーザーにとって有益なコンテンツを積み重ねることで、検索結果の上位表示を目指すこと。Webサイトを運営している人であれば、コンテンツSEOを軽視することはできません。では、ユーザーにとって有益なコンテンツを作るためには、どのような文章を書けばよいのでしょうか?

当然ですが、ユーザーにとって有益なコンテンツは、ユーザーにとって読みやすい・理解しやすい文章でなければなりません。読者を混乱させてしまうような分かりにくい文章を書いていては、伝えたい内容もしっかりと伝えられないでしょう。特にWebライティング初心者の場合、「2通りの意味で解釈できてしまう文」を書かないよう注意する必要があります。有益で読みやすいコンテンツを作るには、「誰が読んでも同じ解釈が可能な文」を書くことが不可欠だと言えます。

そのために意識したいのが、「修飾語」の使い方です。「修飾語と被修飾語」の関係を理解することで、「誰が読んでも同じ解釈が可能な文」を書けるようになるでしょう。そこで当記事は、Webライティング初心者向けに、「修飾語」を効果的に使うためのコツを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

「係り受け」の関係は1対1に!

Webライティング初心者の中には、「2通りの意味で解釈できる文」を書いてしまう人が少なくありません。ついつい無駄な形容詞や副詞を加えたり、一文に情報を詰め込みすぎたりすると、良いコンテンツは出来上がりません。もちろん表現豊かな文章を書くことも大切ですが、一文に多くの言葉を盛り込むと、理解しにくい文が完成してしまいます。

例えば、「小さな水玉模様のカーテン」という表現で考えてみましょう。一見すると、何の問題もない簡単な表現に思えますが、「2通りの解釈」が可能ですね。「水玉模様が小さい」と捉える人もいれば、「カーテンが小さい」と捉える人もいるでしょう。「小さな」という言葉が、「水玉模様」に係っているのか「カーテン」に係っているのか、明確ではないからです。

誰が読んでも「この修飾語はこの言葉に係っている」と判断できるように、「係り受け」の関係は1対1になるよう意識してください。「係り受け」の関係を1対1にすることで、文章の読みやすさは格段に向上します。では、以下の例文を見てみましょう。

「黒色の箱の中の財布を取ってください。」

この文では、「箱が黒色」なのか「財布が黒色」なのか分かりません。読者を混乱させないためにも、以下のように修正しましょう。

「黒色の箱の中の、財布を取ってください。」
「“黒色の箱”の中の財布を取ってください。」

「箱の中の、黒色の財布を取ってください。」
「黒色の財布を、箱の中から取ってください。」

ポイントは、修飾語と被修飾語を近くに置くこと。「箱が黒色」ならば、文章の中で「黒色」と「箱」を近づけます。「財布が黒色」ならば、「黒色」と「財布」を近くに置きましょう。反対に、修飾語と被修飾語が離れていると、「係り受け」の関係が見つかりにくく、理解しづらい文になってしまいます。そのため、「係り受け」の関係にある言葉は、なるべく近くに置くよう意識してください。

シンプルな文を心掛ける!

上述の通り、ついつい無駄な形容詞や副詞を加えたり、一文に情報を詰め込みすぎたりすると、良いコンテンツは出来上がりません。あえて複雑な文章を使うテクニックもありますが、ライティング初心者の場合は、シンプルな文を書くことを心掛けましょう。

では、以下の例文を読んでみてください。

「ジャージを着た体格の良い短髪の2人の男性が、公園でランニングをしていた。」

上記の主語である「2人の男性」を、多くの言葉が修飾しています。「ジャージを着た」「体格の良い」「短髪の」は、「2人の男性」の様子を説明するための修飾語ですね。もちろん、「2人の男性」の様子を、具体的に伝えようとするのは良いことです。しかし、文全体が複雑になってしまっており、決して読みやすい文だとは言えません。

そこで、上記の例文を、よりシンプルな形に修正してみましょう。修飾語が多い場合には、以下のように、2つの文に分けてしまう方法が効果的です。

「体格の良い2人の男性が、公園でランニングをしていた。彼らは、短髪でジャージを着ていた。」

情報量が多く、形容詞や副詞などの修飾語が増えそうであれば、上記のように文を分けましょう。読者にとって読みやすい、シンプルな文章が出来上がります。

まとめ

Webライティング初心者向けに、「修飾語」を効果的に使うためのコツを紹介しました。読者を混乱させてしまうような分かりにくい文章を書いていては、伝えたい内容もしっかりと伝えられません。特にライティング初心者の場合、「2通りの意味で解釈できてしまう文」を書かないよう注意する必要があります。「誰が読んでも同じ解釈が可能な文」を書くために、「係り受け」の関係は1対1になるよう心掛けましょう。また、修飾語を詰め込みすぎずに、シンプルな文を書くことを意識してみてください。

▼関連記事

・Webライティング初心者向け!ひらがな・カタカナ・漢字の使い方!
・Webライター初心者向け!主観的な文章と客観的な文章の違い!
・必見!ライティングで爆速で早く書くシンプルなコツ
・【WebクリエイターのためのSEO】Webライター初心者向け!「名詞」を効果的に使うためのポイント!
・良い文章を書けるライターとは?良いライターの見抜き方

▼クリエイター求人情報

・編集・ライターの求人情報