STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

コンテンツマーケティングで絶対に最優先させるべき5つの施策
COLUMN 2019.8.23

コンテンツマーケティングで絶対に最優先させるべき5つの施策

コンテンツマーケティングとは、「商品の購入」や「サービスへの成約」に繋がる接点を「コンテンツを提示すること」で作り上げるマーケティング手法を意味します。

コンテンツマーケティングとして最も定番な手法が「オウンドメディアによるコンテンツの配信」です。しかし、コンテンツを接点とできる手法は、すべてコンテンツマーケティングと捉えることができます。

コンテンツマーケティングの魅力の一つは、良質なコンテンツを企業がストックしてしまえば、そのコンテンツは打ち出し方を変えて、あらゆるマーケティン手法として活用することができます。

同じ文章でも、記事、資料、書籍、動画、SNS投稿など、時代に合わせた転用が可能になるのです。

そこで、今回はコンテンツマーケティングを企業が行う際に最優先させるべき施策について5つを解説していきたいと思います。

施策1:リサーチや教育による社内リテラシーの強化

企業の使命や商品やサービスのニーズなどを分析すれば、自分たちが作るべきコンテンツの内容はある程度決まってくると思います。

そして、大事なのは、コンテンツとして携わる分野においてなるべくリサーチをすることです。リサーチをすることで、社内のコンテンツマーケティングに関するリテラシーを高めることができます。リサーチをタスクにすることで、社内のコンテンツマーケティングにおけるリテラシーを着実に高めることができます。

また、外部から専門家にセミナーや講座を開いてもらうのも良いでしょう。

コンテンツマーケティングは、時代の流れに乗った一つのツールに詳しくなることよりも、俯瞰的なリテラシーを持つことがとても重要です。

「インスタの詳細な特徴」を捉えるよりも、「コンテンツが流布しコンバージョンに繋がること」を捉えたほうが、いつの時代にもフィットできるようになるからです。

先ほども言いましたが、コンテンツマーケティングの土台はコンテンツです。コンテンツがあれば、時代にフィットしたメディアでカスタマイズさせ、接点を作ることができるのです。

施策2:アウトプットが差別化されるコンテンツ素材のストック

コンテンツマーケティングは良質な差別化が行えていることが一番重要です。良質な差別化こそが「コンテンツとしての存在価値」です。

例えば、自分たちが携わる分野の専門書をひたすら読んでおき、何かの記事に使えそうな箇所を引用として抜き出しておく。これを100冊行うと、それだけで様々な記事をどんな社員でもスピーディーに作り上げることができる可能性が高まります。

アウトプットが自然に差別化されるような資料やデータ集めの「情報」そのものを追い求めるのも良いでしょう。

分かりやすい図解や見ていて楽しくなるイラストなどの「伝え方」に力を入れるのも良いでしょう。

いきなりコンテンツを作るのではなく、コンテンツ素材のストックする時間を割くことで、後々のコンテンツ作りはスピーディーかつ高品質で個性が溢れるものになっていくのです。

施策3:内製化・社内の多く人をなるべく巻き込む

理想を言えば、一に内製、二に内製、三・四がなくて、五に内製です。

内製化できなくても、社内にいる多くの人を巻き込むことが非常に重要です。

社内の人間全員が自社のオウンドメディアに好意と興味を持って接していれば、自然に多くのアイデアを提示してくれるでしょう。1つの記事に対しても、「こういうのを加えたら、もっといいかも!」というアイデアが自然に湧いてきます。担当者が誤字脱字を自然に指摘してくれることもあるでしょう。社内全体でオウンドメディアの自然なフィードバックシステムができあがります。

オウンドメディアに例えるなら、1万字の記事を社員が書くことはできないかもしれませんが、ある記事の質が向上する情報を300字足すことはできるかもしれません。300字のコンテンツを出せば、他のタスクを減らすなどの社内の制度を作ることで、「集合知」によってコンテンツの質が一気に高まっていきます。

施策4:MAやCRMへの紐づけ

文字通り「コンテンツマーケティング」なわけですから、コンテンツをアウトプットしながら、マーケティングの質を高めることが、真のコンテンツマーケティングです。

そのため、MA(マーケティングオートメーション)やCRM(顧客関係管理)は最優先事項の施策の1つだと言えます。

MAやCRMの導入を前提で進めておくと、「施策が後手後手になるのを防ぐこと」が可能になります。

というのも、MAやCRMの「ツール導入はコンテンツが育ってから」という計画に立てると、MAやCRMの導入への腰が一気に重くなる可能性があるからです。

ここ数年は、IT導入補助金交付?なども積極的に出ているMAやCRMのツールやシステムは非常に導入しやすいです。

施策5:コンテンツホルダーとの良好な関係構築

いくら内製化といっても、企業はクリエイター集団でもなければ、制作プロダクションでもないでしょう。

そのため、外部とのコンテンツホルダーとの友好的な関係を築いておくことは非常に大切です。

お互いの関係が尊敬しあえるものであれば、金額面も考慮し、こだわったコンテンツを作ってくれるようにもなります。何より、そのコンテンツホルダーから、キーパーソンを紹介してくれることが増えます。

そうなると、コンテンツマーケティングに関して、その人から出ないと手に入らない情報を得られるようになります。

外部のコンテンツマーケティングに携わる人たちとの良質な関係は、最もパワフルな施策と言っても過言ではありません。

最後に:コンテンツマーケティングの土台はいつの時代も変わらない

土台ができれば、どんな時代の流れにも対応できる

以上、コンテンツマーケティングで絶対に最優先させるべき5つの施策について解説してきました。

極論、「良質なコンテンツ」を作り、「良質に展開させる」ことが、コンテンツマーケティングを成功させる秘訣です。

企業は様々な事情を抱えながら、限られたリソースで「良質なコンテンツ」を作り続けるアイデアが求められます。

「良質に展開させる」ことがノウハウ化するのは、スピーディーな時代の流れの中で雑多すぎる選択に追われるからです。

だからこそ、今回の5つの施策はコンテンツマーケティングの土台に着目しました。土台となるスキルやリテラシーがあれば、時代の変化や流れに気づく力も芽生えます。新しい知識を読み取り、新しいスキルにチャレンジするスピード感も身につきます。

コンテンツマーケティングの土台はいつの時代も変わりません。コンテンツは良いに越したことはないし、市場のニーズを満たしてあげるに越したことはありません。ぜひ、しっかりと土台を作り上げて、どんな時代の流れにも対応できるコンテンツマーケティング力を身につけていってください。

▼関連記事

・コンテンツマーケティングにおけるSEOのポイント(設計編1/2)
・プロライターの相場単価・原稿料-webライティングからコピーライティングまで
・【WebクリエイターのためのSEO】良質なコンテンツとは?Googleに評価されるコンテンツ作りのポイント

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事