STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

YouTuberタイアップは効果アリ!?メリットと相性の良い企業分野を解説
COLUMN 2019.8.19

YouTuberタイアップは効果アリ!?メリットと相性の良い企業分野を解説

YouTuberタイアップは最大の効果は認知にある

効果1:Youtuberのファンへの認知

YouTuberマネージメント事務所のUUUM株式会社が12~39歳の男女1,140人に対して行った「YouTuberタイアップ動画視聴における態度変容調査」では、タイアップ動画によって、購買意欲が最大で49.1%上昇、認知度は65.7%上昇したという報告があります。

つまり、YouTubeは購買欲よりも認知の役割が大きいと言えます。

これはある種、Youtuberの楽しく自由なエンターテイメントらしさを反映していると言えます。

なぜなら、タイアップ動画で、Youtuberが営業トークやLPのようにクロージングに徹すると、テレビショッピングと何も変わらなくなるからです。

その他、2016年のUUUM株式会社のタイアップ動画での調査報告では、

・たまごっち購入 3.3%
・トップバリュセレクトギリシャヨーグルト購入 14.0%
・吉野家来店 12.1%
・エレクトロラックスエルゴピード購入 2.6%

というデータがあり、実際の購入へ結びつくことも分かっています。

効果2:Youtube検索からの認知

これも非常に大きな役割を担います。契約にもよりますが、Youtuberのタイアップ動画はずっと残ります。

つまり、Youtuberの動画は、初めはチャンネル登録者やYoutuberのSNSなどによる告知で初動視聴数を獲得しながらも、その後は、Youtube検索からの流入を得られるようになります。

Googleのアルゴリズムによっては、Google検索で上位表示される可能性もあります。

そうなると、他の施策でブランディングや認知を行った際にブラウザ検索やYoutube検索を行った人たちが、動画に触れる可能性があるということです。

この点もYoutubeタイアップ動画の魅力と言えるでしょう。

効果3:他のSNSとのメディアミックスによる認知

他のSNSと並行して使うことで成果を出しやすくなります。動画の内容によってはtwitter広告からYoutubeタイアップ動画に流入させることで、twitter受けが生まれ、twitter内でバズを生むといったような具合です。

ゲームやおもちゃのタイアップ動画は再生数が多い

再生動画数から分かるYoutberタイアップの相性

BitStarは「Influencer Power Ranking(IPR)」で独自に集計したデータ「YouTubeランキング2018 by IPR」によると、2018年のタイアップ動画の再生回数は、

1位:荒野行動 1億764万回
2位:モーリーファンタジー 3003万回
3位:ウルトラギガモンスター 2828万回
4位:逆転オセロニア 2119万回
5位:ポコロダンジョンズ 1715万回
6位:うまれてウーモ 1171万回
7位:THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR 982万回
8位:モンスターストライク 842万回
9位:マジックスプレー 797万回
10位:タマホーム 726万回

となっており、「視聴回数」=「認知効果」とするならば、ほとんどが「ゲーム」の分野が上位になっています。

残りは「おもちゃ」です。楽しさや興奮などのポジティブ感情が分かりやすい商品やサービスYouTuberタイアップと相性が良いと感じます。

本音の使用感がそのまま価値ある情報になる美容分野

自分で検証するのに労を要することをしてくれるから

インターネット動画テクノロジーとマーケティングを専門的に取り扱う株式会社エビリーが行った調査によると、2018年7月〜9月美容分野のYouTuberタイアップ動画数が前年比1.7倍の364本になったことが分かりました。

美容も相性が良い分野と言えるでしょう。なぜなら、美容品の使用感を購入前に動画で知ることができることは情報価値が非常に高いからです。

人気かつ美容論に信頼のおけるYoutuberが試してみるわけです。Webの記事や雑誌とは違うリアルさが相性としては抜群です。また、ファンじゃない人にとっても、視聴しやすいものになっています。

本気で商品力に自信がある場合は、YouTuberタイアップは大きな起爆剤となるでしょう。

一生に一度だけしか消費しないケースもある旅行分野

海外旅行のリアルが見えると潜在顧客は安心する

UUUM株式会社が2017年に男女1,195人に対して行ったアンケート調査では、旅行の分野でも成果が高いことが分かっています。

「セブパシフィック航空」とタイアップしたSekineRisaの動画「とりちゃん? [りさみか]セブ・ボラカイ島女子旅!!!?ファイヤーでパニック?」では、非視聴者に比べて、「認知度」で20%増、「興味・関心」で16%増、「購入意向」で20%増となっています。

海外旅行は特に事前検証などをすることなく、本番一発勝負のものですから、YouTuberがタイアップを行うことで、旅行が楽しめることに大きな確証を持つことができれば、購入へ背中を押すことができるでしょう。

YouTuberのブランドや人気と相乗効果になりやすいファッション分野は相性が良い

シンプルな判断がしやすいため視聴の好感度が上がりやすい

SPINSがYouTuberすしラーメンとタイアップした動画は、前述のUUUM株式会社が2017年に男女1,195人に対して行ったアンケート調査で大きな数字の上昇があることが分かっています。

非視聴者に比べて、認知が31%増、好感度が35%増、利用意向が42%増となっています。

これには種があって、SPINSの目的は「Youtuberのファンとの接点を強化すること」にあったようです。そのため、Youtuberとコラボした商品を展開し、動画でコラボについて紹介しています。

タイアップをする際に、Youtuberとコラボした商品などを作ることも含めれば、よりタイアップを効果的なものにできると言えるでしょう。

▼関連記事

・弁護士に聞く、InstagramやYouTubeにアップロードした作品の権利はどうなるのか?
・クリエイターが知っておきたいゲームと悪影響・依存の10の関係性
・ついにユーザー数がFacebook超え!Instagram運用のコツ

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事