STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

Web担当者の最適な転職とキャリアプランについて
COLUMN 2019.8.15

Web担当者の最適な転職とキャリアプランについて

企業のWebを担当し、外部の制作会社やクリエイターやコンサルタントの窓口になるWeb担当者。いわゆる社内のWebプロデューサーとも言えます。クリエイティブを担うだけでなく、企業のトップにWebの重要性を説得することも大きな仕事の一つです。

そこで今回は、Web担当者に注目し、Web担当者の最適な転職とキャリアプランについて解説していきたいと思います。

Web担当者は、本来なら重要な役員職のキャリアを展開できる

Webとは壮大な現実世界である

以前は、Webはリアルの対義的な存在でした。しかし、今では誰もがWebが一つの現実世界だと認識しているでしょう。一般的な人がWebで双方向性のある発信が可能になり、好意的な反響から致命的な炎上までを作り出すようになりました。

「Web担当者」という言葉は非常に過小評価されたワードだと感じます。単に「Webはアイツに任せておこう」という現実至上主義から生まれたワードのようにも思いますが、今、Webは一つの主流です。

Webという主流全般を担当しているということは、会社とWebのあらゆる関係性を統括的に体験できることを意味します。

この点を上手く主張できれば、自分の転職を非常に可能性あふれるものにしていくことができるでしょう。

例えば、会社の役員には、人脈にパワーを持った人物を加えるケースがあります。これは「現実」に与える影響力が大きいからです。

Web担当者もまったく同じで、Webに与える影響力が非常に大きいのです。Webが会社の存続にすら関わるのであれば、Web担当者は会社の役員などの重要な職を得ることができます。

Web担当者は募集がなくても転職できる可能性がある

Webが未開拓かつ停滞し、「そのまま」の企業は少なくない

Web担当者は「Web担当者」として明確に募集がない会社に転職できるケースも少なくありません。

なぜなら、「Webの重要性は分かっていても動いていない企業」が多くあるからです。Webが未開拓な会社、Webはやっているけどなんとなく停滞気味な会社などがそうです。

そういった会社は、本筋の業務で回っているため、Webが重要だとは感じつつも、本格的な採用を打ち出せずにいます。

異業種交流会などのビジネスコミュニケーションを増やし、会う人会う人に、Webの重要性やこれまでの実績や想いを伝えることで、ヘッドハンティングは自然に増えていくはずです。

Web担当者の最適なキャリアプランとは

キャリアプラン1:影響力の大きいWebを持つ会社のWeb担当者

有名なWebや影響力のあるWebの担当者になっていきながら、Web担当者としての確固たる地位を築いていくキャリアプランです。

キャリアプラン2:Web担当者のスキルやリテラシーを武器に別の職種に就く

Web担当者のスキルやリテラシーは、別の職種でも大いに生きてくるでしょう。

例えば、営業職でも、Webに関連した商品やサービスは非常に多いですよね。Webに深く携わったことがなければ、Webの本質を掴んでいない上っ面なトークで相手が成約したいと思わないかもしれません。Web担当者を経験した人が、思いのまま商品やサービスの魅力を伝えたほうが、成約しやすいとも言えます。

Web担当者のスキルやリテラシーを武器に別の職種に就くことで、多様な職種や業種の専門性を身につけることができ、それが良いスキルの掛け算に繋がっていく可能性もあります。

すると、さらに多様な職種や業種の転職の選択が増えていきます。

キャリアプラン3:Webに関連するスキルを身につける

Web担当者は、WebデザイナーやWebライターなどのクリエイターと深く関わっている場合もあるかと思います。

Web担当者は企業内の「Webを回すプロ」です。そんなWeb担当者が実際にWebデザインやWebライティングまで自分で行えるということであれば、よりWebに関するプロの特性を強めることになります。

WebデザインやWebライティングのスキルを身につけた後は、Web担当者に戻ってもいいわけです。クリエイターを経験したことによって、クリエイターへの理解がより深まります。すると、Web担当者として、クリエイターへの理解力やコミュニケーション力も高まり、さらに良いパフォーマンスが出せるようになります。

最後に:Web担当者として向き合った時間は多くの選択肢を与えてくれる

Web担当者の経験そのものに付加価値がある

Web担当者にも様々な経験のあり方があると思います。しかし、どんな状況であれ、企業でWeb全体を統括する担当者になるという経験は1企業1人です。つまり、Web担当者という経験は非常に希少価値のある経験と言えます。

Web担当者として向き合った時間は、多くの知見を与えてくれます。その知見がベースになって、気づいたときには、様々な職種や業種にトライする強みにすらなっているでしょう。

ぜひ、視野を狭めずに、自分の可能性を信じてWeb担当者としての最適なキャリアを磨き上げていって下さい。

▼関連記事

・サイト運営職のキャリアパスについて
・未経験から憧れのWEBディレクターを目指す方法をご紹介!
・未経験でも目指せる?Webデザイナーになるための方法をご紹介!

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。