STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

【WebクリエイターのためのSEO】Webライター初心者向け!「名詞」を効果的に使うためのポイント!
TIPS 2019.7.23

【WebクリエイターのためのSEO】Webライター初心者向け!「名詞」を効果的に使うためのポイント!

皆さんは、コンテンツSEOという言葉をしっていますか?コンテンツSEOとは、ユーザーにとって有益なコンテンツを積み重ねることで、検索結果の上位表示を目指すこと。Webサイトを運営している人であれば、コンテンツSEOを軽視することはできません。では、ユーザーにとって有益なコンテンツを作るためには、どのような文章を書けばよいのでしょうか?

ハッキリとしない一般論だけを書いた文章は、読者の興味を惹きません。また、ぼんやりとした表現や漠然とした表現ばかりの文章は、ユーザーにとって有益なコンテンツにはならず、読み飛ばされてしまうでしょう。ユーザーにとって有益で読みやすい文章を作るには、「具体性」や「説得力」が必要不可欠です。そのために工夫したいのが、「名詞」の使い方です。

様々な「名詞」を上手く活用することで、リアリティー溢れる良い文章が完成します。そこで当記事は、Webライティング初心者向けに、「名詞」を効果的に使うためのポイントを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ユーザーに読まれる文章とは?

冒頭でも触れましたが、ハッキリとしない一般論だけを書いた文章は、読者の興味を惹きません。ぼんやりとした表現や漠然とした表現ばかりの文章は、ユーザーにとって有益なコンテンツにはならず、読み飛ばされてしまうでしょう。では、ユーザーに読まれる文章とは、どのような文章でしょうか?

ユーザーに読まれる文章とは、以下の3つの条件を満たした文章だと言えます。
・分かりやすい
・具体性がある
・説得力がある

この3つの条件を満たすために意識したいのが、「名詞」の使い方です。文章の中に具体的な名詞を入れることによって、コンテンツに説得力が生まれます。さらに、ぼんやりとした文章が明瞭な文章に変わるので、分かりやすさ・読みやすさが向上するでしょう。では、以下の簡単な例文を読んでみてください。

「私は、学生時代にスポーツをしていました。」
「私は、たくさんの植物を育てています。」

確かに、どちらの文も「スポーツ」「植物」という名詞を使っています。しかし、「スポーツ」も「植物」も範囲の広い言葉なので、漠然とした文になってしまっています。そこで、より具体的な名詞を使って、上記の例文を修正してみましょう。

「私は、学生時代にサッカーをしていました。」
「私は、オリーブ・マリーゴールド・チューリップを育てています。」

「スポーツ」や「植物」の種類を特定することで、情報に具体性や説得力が生まれました。決して難しいテクニックではないので、皆さんも、名詞の使い方を工夫して、読者の興味を惹く文章を作成してみてください。

なるべく「固有名詞」を使う

これまでは「普通名詞」を使って説明してきましたが、名詞には、「普通名詞」のほかに「固有名詞」というものが存在します。「普通名詞」とは、サッカー・植物・チューリップなどのように、一般的な名称を指す名詞のこと。一方で、「固有名詞」とは、ある一つの事物固有の名称を指す名詞のことです。例えば、人名・地名・建物名などは、固有名詞に分類されます。

普通名詞と同様に、固有名詞を文章に入れることで、情報にリアリティーや説得力が生まれます。しかし、その効果は、固有名詞の方が大きいと言えるでしょう。なぜならば、固有名詞の方が、普通名詞と比べて具体性が高いからです。以下の例文を見てみましょう。

「私は、犬と猫を飼っています。」
「私は、ポチという名前の犬と、シロという名前の猫を飼っています。」

「動物の名前」という固有名詞を使うことで、文章にリアリティーが生まれましたね。もちろん普通名詞も大切ですが、さらに具体的で説得力のある文章を作るためにも、固有名詞を積極的に使うよう心掛けてください。

なるべく「代名詞」は使わない

「普通名詞」と「固有名詞」のほかに、「代名詞」という名詞も存在します。代名詞は、様々な名詞を置き換えて使われるものです。例えば、「それ」「それら」「彼」「彼女」などです。よって、文章の中には、代名詞が示す「名詞」が存在しなければなりません。

読者は、代名詞だけを見ても、意味を理解することはできません。代名詞の前後を読んで、代名詞が示す本来の「名詞」を見つける必要があるわけです。これでは、「ユーザーにとって有益」とは言えません。

Webライティングにおいては、なるべく代名詞は使わずに、本来の名詞を記載するようにしてください。もちろん、小説などでは、代名詞を使った方が良い場合も多いでしょう。しかし、Webライティングで大切なのは、「分かりやすさ」です。

・「彼」って誰のことだろう?
・「それ」って何を示しているのだろう?

ユーザーに、上記のような疑問を持たせてはいけません。では、以下の例文を見てください。

「先日、外国人の友人と一緒に東京国立博物館に行きました。そこは、日本で最も多くの国宝を所持している施設です。」
「先日、外国人の友人と一緒に東京国立博物館に行きました。東京国立博物館は、日本で最も多くの国宝を所持している施設です。」

どちらの文章も意味は同じですが、代名詞を使っていない後者の方が、より伝わりやすい・理解しやすい文章です。皆さんも、代名詞はなるべく使わずに、普通名詞や固有名詞に置き換えるクセをつけましょう。

まとめ

Webライティング初心者向けに、「名詞」を効果的に使うためのポイントを紹介しました。「普通名詞」や「固有名詞」を上手く活用することで、リアリティー溢れる良い文章が完成します。ぜひ当記事を参考にしながら、「名詞」の使い方を身につけ、具体性や説得力のあるコンテンツを作ってみてください。

▼関連記事

・必見!上手な文章を書く10のコツ
・ライターって成り上がり可能!?ライターのキャリアパスを考えてみた
・社内ライターと社外ライターの違いは?それぞれの特徴を徹底解説!
・プロライターの相場単価・原稿料-webライティングからコピーライティングまで
・求められる「社内ライター」の絶大な価値。なぜ、企業にはライター社員が必要なのか?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事