STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

クリエイターの転職成功エピソード5選
COLUMN 2019.6.11

クリエイターの転職成功エピソード5選

クリエイターの転職が成功するケースとは?

今回はクリエイターの転職成功エピソードをご紹介したいと思いますが、その前に皆さんは「転職の成功」をどう捉えていますか?

ここには二つの視点があります。要は、「既存からの脱却」としての成功と、「手に入れたい未来」としての成功です。もちろん、両者が一致する人もいるでしょう。

そう考えると、脱却したい不満・不安・負担を明確にすること、そもそも見据えていた未来を明確にすること、この二つが狙って転職を成功させる秘訣とも言えます。

こうした視点に立って、クリエイターとして転職に成功した人のエピソードをご紹介していきたいと思います。

エピソード1:1つのプロジェクトの経験が希望の転職を叶えてくれた

成功内容:労働環境が良くなった

以前、勤めていた会社はブラックな体質があり、労働環境の向上を第一に求め、転職活動を行いました。

そして、以前とは比べ、日々の残業も1時間以内、仕事終わりに自分自身のスキルアップの時間も十分に確保できるようになり、日々、実力が積み上がっている感覚で人生を過ごせているのが大きな充実感に繋がっています。

しかし、転職のセールスのポイントになったのが、ブラックな環境でやった1つのプロジェクトでした。そのプロジェクトにおける処理能力やアウトプットスキルがとてもキャッチーに伝わったのです。何か1つでも「これだ!」という語られるものを作ることで、仕事へ真摯に取り組む姿勢が伝わったと言われました。

成功エピソード2:クリエイターとして出せる成果を数値化した

成功内容:報酬が上がった

単純にギャラ上げたいなと思い、転職しました。なので、気を付けたのは、クリエイターとして出せる成果を数値化しました。最初に企業の欲しい人材を聞いて、自分のできる作業を伝え、「この作業なら1日でこれくらいできる」といった具合です。ちょっと自分の心身をハードにしたぐらいの作業量と作業の質を伝えました。というのも、どうせスキルは入ってから上がり続けると思ったからです。

結果的にほぼ同じような仕事内容で、前社よりも報酬が高くなり、希望通りの転職活動が行えました。

成功エピソード3:何度も繰り返して転職に成功した

成功内容:自分が馴染める環境を手に入れた

自分の裁量で、自分らしく仕事ができる会社をとにかく求めていました。クリエイター職のいいところは、転職を繰り返しても、そこまでマイナスイメージにならないっていう感じがします。そういったこともあり、自分の転職の指針を「コロコロ変えてもいい」という風にしました。その結果、転職の度にうまくいってる感じがします。

もしかしたら、自分が飽き性なだけなのかもしれません。そして、今の会社もどこかのタイミングで辞めて、転職することになると思いますが、その都度、満足いっているという感じです。全員におすすめするものじゃありませんが、終着点をないものと捉えて、転々とすることを受け入れることで、転職が成功するという人もいると思います。

成功エピソード4:複数のエージェントを利用した

成功内容:自分一人では入れない企業に入れた

とにかく複数のエージェントを利用しました。そこで気づいたのがエージェントによって、未公開の持っている案件や情報の質が違うということでした。

複数のエージェントからの案件や情報を比較することで、転職のコツみたいなのを掴んでいった感じもあります。また、エージェントに間に入って交渉してもらうことで、条件をさらに良くすることができました。

成功エピソード5:あえてレベルを落とし複業した

成功内容:ストレスがなくなった

高度で主体性の高い仕事はやりがいはありますが、もっと単純に考えずに仕事をしたいという想いがありました。そこで仕事のレベルを落として、自分が本気を出さなくても高いパフォーマンスになるような企業へと勤めました。仕事のストレスがかなり減りました。しかも、複業を始めて、給料はむしろ上がっています。

ストレスなく8時間仕事できることが、とても自分の生活の良いペースになって、複業へフィードバックされています。精神力や体力を本業で枯渇させずに、複業に回す。これからはこうした転職の成功の形も多くなってくると思います。

最後に:転職の成功確率は自分自身の価値である

転職はあなたの人生の成功を後押しする

クリエイターは転職という行動と非常に相性が良い職業だと感じます。失敗を回収しやすいですし、自分自身の価値を分かりやすく提示しやすい職業的特徴があります。スキルの内容によっては、国内視点に留まらず、海外でより自分らしく働く選択も取りやすいです。

自分自身が多様なスキルを身に付け、心の余裕を常に積み上げていけば、自分らしくいられる環境は必然的に増えていきます。つまり、どこに転職しても成功するような体質になります。

自分を客観的に見て「どこでもうまくやれそう」という自己効力感を作ってくれるのは、自分がどれだけのもの実力を備え続けているのかに尽きると思います。

そう考えると、自然に自分のスキルが高まるチャンスに向き合っていけば、転職も成功しやすくなっていくでしょう。出会いの場にも適度に足を運んでいけば、「自然に引き抜かれた」ということも起こってきます。着実に自分に価値を付け、転職を成功させていきましょう。

▼関連記事

・厳選:クリエイターの転職におすすめの資格とは?
・クリエイターなら絶対に転職すべき3つの理由
・未経験からUI/UXデザイナーへ転職は可能なのか

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事