Webデザイナーの将来性を探る!成功の方法と必要なスキルを解説

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

Webデザイナーの将来性を探る!成功の方法と必要なスキルを解説
COLUMN 2019.5.26

Webデザイナーの将来性を探る!成功の方法と必要なスキルを解説

Webデザイナーという響きに憧れを抱く方もいらっしゃるでしょうが、実際にWebデザイナーという職業に将来性はあるのでしょうか?

この記事ではWebデザイナーの現状を踏まえた上で、将来性を考え、Webデザイナーとして活躍するための方法・スキルをご紹介していきます。

Webデザイナーの業務とは?

Webの周辺環境が変化しているのに合わせ、Webデザイナーが手がける業務そのものが、ここ数年で変化しています。

10年ほど前までは、ディレクターの指示による、Photoshopを用いたデザイン作成が主な業務でしたが、その5年後には、PhotoshopとIllustratorによるデザイン作成および、それを基にしたフロントエンドのコーディングも業務として当たり前になりました。そして、現在は開発の要件定義フェーズからプロジェクトに参加し、サービスの終着点を見越したワイヤーフレームの作成、コーディング、また、感覚的・動的なサイトやアプリを作成するためにJavaScriptを活用したりと、広範囲な業務に変化してきています。

これからの時代にクライアントが求めるWebデザイナー像

Webデザイナーの業務について理解したところで、これからの時代にクライアントから求められるデザイナー像を解説します。

ビジネス視点を持つWebデザイナー

Webデザイナーに「フロントエンドの知識」や「ビジネス要件への理解」が求められるようになったことからも分かる通り、ただサイトのデザインを制作するだけでなく、クライアントがどのような課題を抱え、なぜWebサイトを制作するのかをビジネス視点で考えられるデザイナーが必要とされています。「ビジネスで考えた時に最適なデザインはどれか」を提案することが求められています。

自ら最先端のトレンドを追い求めるデザイナー

デザインのトレンドは日々刻一刻と変化し、それに伴ってユーザが好むデザインも変わっていきます。これまで評価されていたデザインがいつまでも評価されるとは限りません。自分で情報を取得し、トレンドを追い求めるデザイナーをクライアントも求めています。

結果が出せるWebデザイナー

集客力をもつWebサイトで目指すべき着地点は、あくまでも「利益向上」です。ユーザビリティに配慮したデザインを取り入れたり、分析ツールを用いたサイト改善を行ったりして、結果的に数値を向上させられるデザイナーが必要とされます。

Webデザイナーの将来性を考える

Webデザイナーは今後も需要があり、将来が期待される職業の一つです。どうして将来性のある職業といえるのでしょうか。ここでは3つの理由をご紹介します。

Webメディア広告費の上昇

現代のWebメディアは、企業の情報発信の場として、テレビ広告に次ぐ広告費がかけられる一大メディアとなりました。電通が発表した「2017年日本の広告費」によると、「インターネット広告費」は4年連続で二桁成長を遂げており、これが広告費全体を押し上げる結果になっています。このため、WEBデザイナーの需要も引き続き高まると考えられます。

クリエイティブ職種の求人増加

転職・求人サイト「doda」の転職市場予測では、「クリエイティブ職種」の求人は増加傾向にあり、今後もこの傾向が続くとされています。Web関連のクリエイティブ職種における「Webデザイナー」の求人が、多くの企業から出ています。企画提案力・マーケティングの知識や経験などのスキルを持っていると、より一層活躍の場が広がります。

Webデザイナーに必要なスキルとは

ここまでWebデザイナーの現状と、その将来性を解説してきました。Webデザイナーとして求められるフィールドが変化しており、今後も需要の伸びが見込めることがお分かり頂けたかと思います。ここからは、今後Webデザイナーが持っておくべきスキルをご紹介します。

基本的なスキル

Webデザイナーと名乗るために持っておかなくてはならないスキルです。

基礎的なデザインスキル

レイアウトや配色の知識、写真やイラストの活用・ロゴ作成など、Webページをデザインする上で最低限のスキルです。

グラフィックソフトを活用するスキル

現代のデザインにはWebデザインのみならず、他のデザインにもPhotoshopやIllustratorをはじめとしたグラフィックソフトを活用することが主流です。当然持っておくべきスキルと言えます。

HTMLとCSSによるコーディングのスキル

最近のWebデザイナーは自らグラフィックソフトで作成したサイトデザインに基づき、HTMLとCSSを用いてコーディングすることが多いです。また、PHP、JavaScriptやreactを理解していれば、クライアントの意図に沿った動きのあるデザインを提案することが可能になり、デザインの幅が一気に広がります。

一歩踏み込んだスキル

次に、Webデザイナーとしてワンランクアップするための、3つのスキルをご紹介します。

ディレクションスキル

主に社内のスケジュール管理、クライアントとの折衝、チームのマネジメントを行うのがディレクションスキルです。Webサイト制作を順調に進めるディレクションスキルを磨くことで、マネジメントサイドを目指すことができます。

マーケティングスキル

戦略立案や利益向上を目指したサイトのデザインができるようになるためには、マーケティングスキルが必須です。サイトの解析をしつつ、デザインを調整やデザインのテストを行うことができれば、集客力を上げるためのPDCAを回すことが可能になります。

UI/UXスキル

単なる見た目にとらわれず、ユーザーの視点でサービスをデザインするスキルはアプリの設計やデザインを担当する場合に欠かせません。クライアントの要望に応えるだけでなく、ユーザーがサービスを利用した時の「行動」や「経験」に照準を合わせてサイトを設計することが求められています。

Webデザイナーとして成功するためには?

ご紹介したスキルを活かして、Webデザイナーとして成功を収めるためには何が必要なのでしょうか。

個性あるデザイナーを目指す

デザイナーとしての基本スキルを身に着けている人はたくさんいますが、デザインの知識と他業種の知識を両方持ち合わせているデザイナーは多くありません。

例えば、デザインの知識と不動産業界の知識を併せ持っているデザイナーは不動産業界で必ずや重宝される人材となります。

デザインスキル単体では周りのデザイナーにかなわなくとも、他業種の知識を意図的に取り入れることで、唯一無二のポジションを築くことができるでしょう。

打席に立ち続ける

本業・副業を問わず、Webデザイナーの仕事はアウトプットすることでスキルが上がる仕事です。本や記事で学ぶことも重要ですが、それ以前に自分の力を試し、場数を踏むことで、自分の強みや弱みを発見することができ、早めに自分の目指す方向に舵を切ることができます。失敗を恐れずに打席に立ち続けることが重要なのです。

まとめ

今回は、Webデザイナーの将来性から、必要なスキル、そしてWebデザイナーとして成功するための方法をご紹介しました。Webの技術が日進月歩で進化する中、Webデザイナーに求められる業務の幅が変化していることがお分かりいただけたかと思います。

Webデザイナーで成功することは簡単ではありませんが、日々更新される新たなトレンドやスキルに追いつきつつ、仕事の数をこなすことで、Webデザイナーとして確固たる地位を築くことを目指しましょう。

▼関連記事

・仕事ができるWebデザイナー10の特徴
・未経験でも目指せる?Webデザイナーになるための方法をご紹介!
・Webデザイナーとデザインセンス:Webデザインにセンスは要らない

▼Webデザイナーの求人情報

・Webデザイナー求人はこちら

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事