STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

「転職する勇気が出ない人」が転職を踏み切る方法
COLUMN 2019.5.14

「転職する勇気が出ない人」が転職を踏み切る方法

そもそも、なぜ人は転職の最適なタイミングに戸惑うのか?

安定的な一億総中流の時代から比べると、変動的なダイバーシティを認めていく時代は、転職がしやすいムードがあるように感じます。

しかし、多くの人は「転職の最適なタイミング」を熟考します。すぐ行動に踏み切れないから、タイミングを考えてしまうわけです。

つまり、「転職にマインドフルネスになれない」から、人は転職の最適なタイミングを戸惑うわけです。

今の職場への満足度、選択失敗の可能性、家族の反対など、転職へマインドフルネスになれない理由は各個人によって様々です。

人が転職の最適タイミングに戸惑う理由が「転職にマインドフルネスになれない」ということであれば、「転職にマインドフルネスになれる状況」が、転職のベストタイミングと言えます。

そこで、今回は、「転職にマインドフルネスになれる」という観点から、転職の最適なタイミングについて、お伝えしていきたいと思います。

転職を踏み切る方法1:明らかに良い条件を発見したとき

転職に成功するケースに、虎視眈々と様々な転職情報に触れ続け、明らかに「そこで働きたい!」と感じた案件に応募するという行動体質があります。

今の会社ではきちんと勤め続けながら、転職案件を待つパターンです。既存の会社で大きな不満がない場合は、このタイミングの取り方はとても良いと思います。

これは次に述べるベストタイミングにも関係してくるのですが、一点集中したくなる転職案件というのは、競争率も高く、求められるスキルが高い傾向にありますから、普段から「なりたい社会人像に近づくためのスキルアップ」をする必要があります。

転職を踏み切る方法2:明らかにスキルアップする

スキルの高さは、転職へのマインドフルネスに大きく関与します。

デキる技術職や専門職のビジネスパーソンが転職しやすい理由も、転職へのマインドフルネスが大きいでしょう。社内だけでなく、社外・業界全体の自分のポジショニングが明確で、花を咲かせる場所をたくさん見つけられるという自己効力感もあるため、今の場所にこだわらずに済むからです。

ビジネスパーソンとしての自分を商品だと考えて、売り込みづらさを感じるなら、それが現時点での行動範囲になります。もっと大きく羽ばたきたいけど、実際に行ける範囲はもっと手前のゾーンで、これだと、相当ラッキーな案件を見つけなれば、社会人生活は上昇しないと言えます。一度、ラッキーパンチが当たったとしても、本質的な力が蓄えなければ、次の選択でミスをするかもしれません。

社会人になってから大きなスキルを身に付ける経験をしておけば、今後、さらなるスキルを求められた際に、スピーディーに深く吸収することができるようになります。

すると、転職の最適なタイミングが多くなります。選択を失敗しても、立ち直る力があるので、最終的には幸せになれるのです。

転職を踏み切る方法3:明らかにお金のマインドブロックが外す

経済的な側面が気になって、転職の最適なタイミングを失っている人も多いはずです。つまり、経済面での気がかりを消していく作業が必要になります。

お金のマインドブロックは人によって様々です。独身の人で「貯金が200万円あれば、とりあえず1年は無給でも暮らせるから、思い切って職を変えよう!」と思えるのであれば、貯金を200万円貯めれば、より転職へ行動を切りやすくなります。

もしかすると、複業(副業)で毎月5万円の収入を確保できるだけで、転職へ大きく背中を押される可能性もあります。

とある人は、自給自足の体験をし、「お金がなくなっても生きていける」というマインドを培ったことで、転職へアクティブになった方もいます。

実際に心配のないお金や稼ぎをストックすることでお金のマインドブロックを外せる人もいれば、お金は増えなくても考え方や認知だけでお金のマインドブロックを外すことができる人もいます。

転職を踏み切る方法4:明らかな何かを現職場で成し遂げる

転職を颯爽と成功させる人は、所属する場所で必ず何かを成し遂げています。現職場を必ず未来の成功のための「通過儀礼」にしているんです。そのため、転職を考えているならば、「今の職場でこれをしたら、次へ踏み出せる」といった目標を定めると、転職へ背中が押されやすくなります。実際に成し遂げたことは、職務経歴書や面接の際のアピールポイントになります。

「飛ぶ鳥跡を濁さず」と言いますが、なるべくキレイに引継ぎをし、周囲から惜しまれる形で辞めるほうが、自分自身の自尊心も傷みづらいと言えます。辞める際のいざこざが面倒で転職へ踏み切れない人もいます。そうした人は退職代行サービスの利用を検討することで、転職へ一歩踏み出すことができるでしょう。

タイミング5:明らかな同志を見つけて、同じタイミングで辞める

自分ひとりで踏み切れないなら、同志を見つけて一緒に辞めてしまうという手法があります。実際にこの手法は全国に支社があるブラック企業の同僚なんかがやってうまくいくパターンです。

踏み切った後のことは、踏み切った後でしか理解できません。転職を一度もしたことない人は、転職後の経験値としてのリテラシーはゼロです。未知からくる想像のできなさが恐怖感を与えていますが、実際に踏み出してしまえば、意外と怖くなかったりもします。

よりよい同志を見つければ、お互いに高め合うことができます。傷をなめ合うような相手ではなく、切磋琢磨できる相手であれば、お互いに相乗効果で引き上がっていきます。

異業種交流会やイベントなどに参加して、同志を探してみると良いでしょう。

最後に:思考と行動を繰り返せば、必ずキャリアは輝いていく

転職に限らず、起業でも、複業(副業)でも、大事なのは思考と行動を繰り返すことです。これが、不慣れを慣らして、どんな場所に降り立っても、余裕のあるマインドで行動を主体的にする秘訣です。

「転職になかなか踏み切れない」と悩む時間は、成長の途中である何よりの証です。今回お伝えした転職を踏み切る方法を自分自身の今の境遇と組み合わせて日々を過ごしていけば、必ずサクッと転職できるようなマインドになっていきます。皆さんのキャリアは必ず輝いていきます。

今の時間をぜひ、大切に過ごしてください。

▼関連記事

・転職が怖いと思う方へ:転職の恐怖心を拭う方法
・転職で得られる6つのメリット
・転職を天職にする10のポイント

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事