転職でホワイト企業の見つけ方:コツは相乗発掘!

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

転職でホワイト企業の見つけ方:コツは相乗発掘!
COLUMN 2019.5.10

転職でホワイト企業の見つけ方:コツは相乗発掘!

転職するならブラック企業よりホワイト企業がいい、そう考えるのはごもっともです。

では、皆さんにとってホワイト企業とはどんなイメージがありますか?

適度な1日の労働時間、豊富な年間休日、確実な残業代、幅広い福利厚生、過ごしやすい企業風土…、といったところでしょうか?

そして、転職を考える皆さんの課題の中には「どうやったら、ホワイト企業が見つかるの!?」といったことが含まれると思います。

転職や就職の活動を一言で言ってしまえば、「ブラックボックス」ですよね。「入るまで解らない」、この事実やイメージが転職の足かせになっている方も多いように思います。

そこで、今回は転職でホワイト企業を見つける方法を解説していきたいと思います。

コツは相乗発掘!多様なプラットフォームや脈を駆使しよう!

転職の最適解は「入りたい企業」の「直近の様子を知ること」だと言えます。

なので、転職候補の企業で直近まで働いていた人から直接意見を聞くことができれば、かなりの正しい判断を得ることができます。

とても綺麗事のように思えますが、正解の軸は「入りたい企業の直近の様子を仕入れること」、ここにあるわけです。

生の情報を得ることはできなかいかもしれませんが、様々な側面やプラットフォームから「入りたい企業の直近の様子」をなるべくイメージできる情報を集めることができれば、あなたが思い描いたホワイト企業を見つける可能性はどこまでも高まりますj。

まさに転職でホワイト企業を見つけることは情報戦だと言えますよね。

多様な口コミサイトで因数分解していく

ネットでは実際に働いた人しか書き込めないような口コミサイトが多数存在します。

1つのプラットフォームや1人の投稿者の情報を鵜呑みにするのは危険ですが、多様な口コミサイトを参考に、ターゲットにしうる企業の内情を因数分解することは、とてもいいことだと思います。

同じようなパーソナリティの方が書き込んでいる場合は特に参考になります。

いい意味で先に現実を知ることもできます。自分自身が覚悟をしていくようになるので、ミスマッチしづらくなるというメリットもあります。

大企業であればOBは多いし、中小企業であれば直接コンタクトが取りやすい

転職活動を受け身に捉えている人がいるかもしれませんが、転職活動はいたって主体的で構わないと感じています。転職活動に主体的になれないということは、自分自身が社会人として引け目を感じているポイントが多いことを意味しているかもしれません。そのような方は、弱点を克服し、長所を伸ばすような作業が先のように思います。

転職希望が大企業であれば、OBが多く存在し、実際の現場の声は集めやすいと言えます。中小企業であれば、意外にも直接コンタクトを取り、現場の状況を見学させてもらうこともできます。

自分を売り出す価値を自分が感じることができれば、こういった交渉には前向きになれるはずです。

自分自身がある程度特別になることでホワイト企業が引き寄せられる

すべての人に適用できるノウハウじゃありませんが、自分自身の社会人的ステータス(能力)を突き詰めて、積み上げるという選択を取るのが、一番シンプルにホワイト企業が寄って来るノウハウの一つだと感じています。

というのは、自分自身がどんな企業に入ってもある程度のメリットを提供でき、人件費的な観点からも費用対効果が抜群な自尊心を持っていると、転職活動が「下から目線」にならず、「同じ目線」もしくは、「上から目線」にすらなり得るからです。

これはとても逆説的なことなのですが、「ブラック企業でもパフォーマンスを出せるという覚悟のある人」が「本人の行動体質を尊重してくれるホワイト企業にフィットする」ということはとても多いのです。

劣悪な環境の中でも自分も見出し、努力し、会社とは違った側面のスキルを磨いてきた人材は、自然とホワイト企業ほど「うちに欲しい!」となっていきます。

多様な転職エージェントとコミュニケーションする

ホワイト企業の見つけ方のコツは「相乗発掘」です。多様なテイストの情報に接して、発掘を開拓することで、リスクはとことん減らせます。皆さんがおそれているのは、転職でのミスマッチですよね。要は、そこそこにマッチングすることができれば、人生の主体的幸福は獲得できるということです。

なので、転職活動のベーシックとして確立されつつある転職エージェントも多様に活用してみて下さい。直接対話の機会が増えれば、自分にとっての新しい発見は多くなります。また、直接会った転職エージェントは、あなたのことをより具体的にイメージできるようになり、結果的に、良い条件の採用募集を個人的に流してくれるといったことも起こります。

最後に:見つけやすさと耐性を磨いて、どんどん社会へ主体的になろう

力がなくても、企業体質がホワイトで、取っても楽な職場というのはあります。ただし、給与という面では限界がありますし、次のキャリアを考えると、それは単なる「ぬるま湯」もしくは、「引き算」にすらなってしまいます。

そもそも自分に力が合って、その力を十分に発揮したいからこそ、フィットする企業を見つけている、これが一番道理的です。だからこそ、企業から選ばれるのはなく、自分が主体的に選ぶということができるわけです。

良い企業を見つけやすいような行動体質を磨きつつも、自分がどんな企業でも通用する耐性をスキルとして磨いていくと、ホワイト企業は自然とあなたを選ばざるを得なくなります。そんな風に転職を成功させるのがすごくクリーンで、気持ちいいと思いますし、寿命100年時代を考え得ると、長期的な幸せを獲得することにも繋がります。ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

▼関連記事

・クリエイターなら絶対に転職すべき3つの理由
・「転職を繰り返す人生」が時代に追いついてきている
・寿命100年時代にクリエイターはどう生きるべきか?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事