SNSマーケティングを導入すべき企業とは?注意点なども併せてご紹介 - Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・ディレクターの求人転職支援

SNSマーケティングを導入すべき企業とは?注意点なども併せてご紹介
TIPS 2021.11.05

SNSマーケティングを導入すべき企業とは?注意点なども併せてご紹介

近年、多くの企業にとってSNSを活用したマーケティングの需要が高まっています。そこで本記事では、SNSマーケティングとは一体何か、どのような企業が導入すべきなのか、注意点などと併せてご紹介します。

SNSマーケティングとは


SNSマーケティングは、Instagram・Twitterなどの人気ソーシャル・ネットワーキング・システム(SNS)を用いたデジタルマーケティング手法です。

具体的な手法

以下ではSNSマーケティングの具体的な手法を紹介します。

  • SNSアカウントの運用
    企業が公式のアカウントを通して、最新情報・有益なコンテンツの発信を継続することでユーザーとの信頼関係を築きます。

  • SNS広告配信
    SNSプラットフォームの広告配信サービスを利用して、画像や動画による請求力の高い広告を提示することでユーザーの興味関心を高めます。

  • ソーシャルリスニング
    SNSを介して消費者の意見を収集する手法で、従来のアンケート調査とは違った、消費者の率直な意見を獲得できます。

代表的なプラットフォーム

以下ではSNSマーケティングに用いられる代表的なプラットフォームを紹介します。

  • Twitter
    ユーザー同士の交流が手軽に行えるSNSで、「いいね」や「リツイート」といった機能による拡散性の高さが特徴です。新商品やキャンペーンの認知などの話題作りに長けていますが、1つの投稿に140文字という制限があります。

  • Instagram
    画像・動画コンテンツに注力したSNSで、テキストよりも写真・映像の投稿に特化しているため、ビジュアルによる情報の発信が可能です。また、ストーリーズに実装されているアンケート機能を用いれば、商品開発に活かせるユーザーの意見を収集できます。

  • Facebook
    実名制による信頼性の高さからビジネスユースでの使用が普及するSNSです。多くのユーザーを動かす企画・投稿に強く、オフラインイベントなどの集客に活用できます。

  • LINE
    LINEには、LINE公式アカウントによる企業アカウントサービスがあります。メールの代替手段としても定着しているため、ユーザーが友人などに情報を共有して届けやすいのが利点です。

  • YouTube
    世界で一番の人気を誇る動画配信プラットフォームです。YouTubeで多くのフォロワーを持つ「YouTuber」によるインフルエンサーマーケティングは、他のSNSにも引けを取らない市場規模となっています。

注目されている背景

SNSマーケティングが注目されている背景にはSNSの普及があります。総務省が2019年に行った調査では、スマホ保有世代の割合は8割を超えています。また、同調査のSNS利用率は全年代の約7割で、中でも10代後半~30代が利用率の8割を占めています。

商品を購入する際、SNSから情報を得ている人が多いことも利用率の高さの理由です。2019年に行われた調査では、SNSで目にした商品・サービスに興味を持つ方はTwitter・Instagram・LINEで2~3割にもなり、約半数がその商品を購入すると答えています。

SNSマーケティングに積極的に取り組むべき企業の特徴


ここでは、SNSマーケティングに積極的に取り組むべき企業の特徴をご紹介します。

ターゲット層のSNSの利用率が高い企業

前述の通り、10代~30代のSNS利用率が8割を超えているため、その年代をターゲットとしている企業はSNSマーケティングに取り組むべきといえます。

口コミで広がりやすい商品やサービスを扱っている企業

使用感が素晴らしい・インスタ映えしやすいデザイン・コンセプトが共感しやすいなどの、口コミでの拡散を狙いやすい商品を取り扱う企業もおすすめです。

オンライン上で商品やサービスを取り扱っている企業

SNSマーケティングは、ECサイトやランディングページへの集客に適しています。そのため、オンライン上で商品・サービスを販売している企業は、SNSマーケティングの導入がおすすめできます。

SNSマーケティングのメリット・デメリット


ここでは、SNSマーケティングのメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

SNSマーケティングは、低予算で活用ができるのがメリットです。基本的にSNSは無料で利用できるため、コストが発生せず広告の配信も少額から行えます。
また、顧客との関係性を築きやすいこともメリットとして挙げられます。SNSによっては、ユーザーの生の意見をリアルタイムで汲み取ることができるので、企業全体の課題や改善点を把握しやすくなります。

デメリット

拡散性の高いSNSは、炎上のリスクが高いデメリットがあります。企業とユーザーが直に接することが可能だからこそ、発信する情報の選択は慎重に行う必要があります。ユーザーの反感を買う内容や間違った情報などは発信せず、常に炎上の火種を生み出さない運用が必要です。
そのためには、SNSマナー・情報関係のモラル・セキュリティ意識などに理解のあるリテラシーを持つ担当者が運営に携わる必要があります。

SNSマーケティングを行う際の注意点


以下では、SNSマーケティングにおける注意点を紹介します。

継続的な運用コストが必要

SNSマーケティングはすぐに結果が出るものではないため、長期的な運用が必要です。また、日々の運用の継続には負担がかかることも念頭に置いておく必要があります。

幅広い知識が必要

SNSは情報の更新速度が凄まじいため、運用においては常に最新の知識をインプットすることが求められます。また、ITやコンテンツ制作にも理解を持つことも重要です。

おすすめのSNSマーケティング会社3選


以下では、おすすめのSNSマーケティング会社3つをご紹介します。

株式会社ガイアックス

1,000社以上のSNSマーケティングの実績を持つ会社で、「Social Media Lab」というブランド名で企業・自治体・教育機関に向けてサービスを提供しています。
サービス内容はSNSマーケティング・運用コンサル・広告代行・SNS上の投稿分析・炎上対策と多岐にわたり、発注者の課題のヒアリングに力を入れているのも特徴です。
また、集客化から顧客化までを支援するWEBサイト改善支援サービスの提供や、SNSを活用した集客を行っています。

アディッシュ株式会社

海外向けSNSマーケティング支援に力を入れている会社で、「Front Support」のブランド名で、Facebook・Instagram・LinkedIn・Twitterなどの運営支援を国内外問わず手がけています。
対応できる言語が英語・中国語・韓国語と幅広く、サービス内容も翻訳投稿・広告運用・カスタマーサポートなど多岐にわたります。

中でも大きな強みとしているのがSNSキャンペーンの企画・運用代行で、抽選作業・当選通知・景品発送などの事務的な業務の代行も可能です。
また、VTuberの動画投稿・SNS監視サービスにも力を入れています。

株式会社メンバーズ

Facebook・Twitter・YouTube・LINE・Instagram・LinkedIn・WeChat・微博など、多様なSNSの運用代行に対応した会社です。
また、サービス内容も戦略立案支援・投稿代行・レポーティング・改善提案と幅広く、サントリーホールディングス株式会社のFacebookアカウントの運用など、大手企業のSNS広告の実績があります。
複数のソーシャルメディア運用における支援の一括化に注力し、専任の運用体制で効率的かつミスのない管理を心がけています。

まとめ


SNSマーケティングは目的に合わせてさまざまなプラットフォームで運用でき、企業と消費者の関係をより親密なものとするため、多くの企業で導入すべきものといえます。
もちろんメリット・デメリットや注意点はありますが、SNSマーケティング会社と協力することによって、安定かつ効果的な運用が可能です。ポイントをおさえて効果的なSNSマーケティングを始めてみましょう。

▼関連記事

話題のインフルエンサーの有名人10選!人気の理由を総解説
インフルエンサーマーケティングの費用とは?費用対効果を高める対策も解説
SNSマーケターとは?需要増加の背景と仕事内容を徹底解説!

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



Webディレクターの求人

MORE

おすすめの記事