ランディングページにチャットボット導入はアリ!?成功事例を掘り下げてみました

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

ランディングページにチャットボット導入はアリ!?成功事例を掘り下げてみました
COLUMN 2020.9.24

ランディングページにチャットボット導入はアリ!?成功事例を掘り下げてみました

ランディングページの成果をより高めるために「チャットボットの導入」を検討している企業が多くなっています。

チャットボットはこれまで実現できなかったお問い合わせの「選択の幅」と「快適さ」と「手軽さ」と「愛着さ」を与えている点でかなりのメリットがあります。

つまり、良い構成でチャットボットを作れば、明らかにランディングページに導入するメリットがあるということです。

そこで、今回はランディングページにチャットボットを導入した際の成功事例をリサーチし、チャットボットを導入した実際の好影響例をまとめていきたいと思います。

チャットボットの成功事例

成功事例1:売り上げ増

リピート率も50%以上となり売上も月120%ずつ成長

カート内金額7,000円以上かつ会員のターゲットに対してクーポンを表示して購買訴求したところ、コンバージョン率は202%、客単価は1万円以上まで上昇

1日2時間を費やしていた見込み顧客リスト作成がリアルタイムで抽出できるようになり、残業時間が98%削減! 見込み顧客が大幅に増え、業績は1.8倍へと成長

まずは、根本的に売り上げが増加するという成功事例があります。

チャットボットは、今までのお問い合わせでは実現できなかったテイストとアクション形式を取れるため、「そうしたコンタクトが取れるなら、ぜひ、取ってみよう!」というケースが増え、そのまま売り上げに繋がるからです。

適切に設計されたチャットボットを導入すれば、売り上げ増が見込めることは明らかと言えるでしょう。

成功事例2:コスト削減

月440件から200件へ削減

チャットボット導入により約90%問い合わせ数削減へ

商談獲得コスト、他広告と比較して83%減

年間1億6,800万円のコスト削減

初歩的な質問がほぼゼロ

「コスト削減」はチャットボットの一番の訴求性の高いメッセージと言えるでしょう。

実は人を使わずに「機械的な処理」でお問い合わせ対応が済んでいたことをチャットボットが証明したのです。

チャットボットの魅力は「人間味を残している」という点にあります。そのため、システマティックでありながら、人的な感覚やイメージを対象者に与えます。

だからこそ、コスト削減をきちんと行うことができるのです。

成功事例3:業務効率化

人事総務部門」での課題を解決。就業時間の30%
※近くを占める電話による「問い合わせ」への対応の負担を軽減。

※就業時間中1時間に4~5回の問い合わせ電話
・平均して3~5分程度の対応時間

FAQを自動化して問い合わせ効率が20倍UP

基本的に、これまでは社員が個別に考え対応しないといけなかった仕事がチャットボットで事済むようになるため、業務は効率化します。

これは社員のメンタルコストを非常に下げ、他の仕事への集中力やモチベーションを高める効果があると言えます。

成功事例4:リモート化

Slackと連携し、チャット通知を受信し、そのままSlackから返信することができるチャットボットも存在します。

社内にコールセンターを置くことなく、チャットボットでなるべく管理が済めば、一定のネットセキュリティを確保すれば、他の社員がリモートで対応することも可能です。

このことにより、これから企業へ対応が迫られるリモート化を手助けしてくれます。

成功事例5:外部からのアドバイスやノウハウの獲得

チャットボットのシステムやプラットフォームを選択する際に、選任のカスタマーマネージャーが事業をフォローアップしてくれるサービスが付随していることがあります。

このことにより、カスタマーマネージャーと一緒になり、ビジネスを根本から見直すことができる機会を得ることになります。

成功事例6:アクセス増

話しかけ機能で5倍超のアクセス

これはランディングページというよりは、複数のページに遷移させたい意図がある際に使えるのですが、チャットボットを単にページに置くのではなく、チャットボット側から積極的にユーザにコンタクトを取ることにより、他のページへの遷移を与えることができます。

チャットボットを「待合室」の一つとして増やすのではなく、ユーザへのアクションを取るツールとして選ぶという手もあるのです。

最後に:チャットボットは丁度良い親切さがある

だからチャットボットは多くの成功事例を輩出する

以上、ランディングページにおけるチャットボットの成功事例を掘り下げてみました。

特にランディングページでのセールスが軸となる企業は、その成果や影響を出しやすいと言えるでしょう。

チャットボットは、冒頭で述べたように、チャットボットは「選択の幅」と「快適さ」と「手軽さ」と「愛着さ」を与え、それが「丁度良い親切さ」を導き出しています。

これからチャットボットはますます進化し、これまでのお問い合わせの概念や常識を超えた役割を果たしていくでしょう。ぜひ、ランディングページにチャットボットを検討している方は、今回の記事を参考にしてみてください。

▼関連記事

・LP制作の【相場】を徹底解剖!ラインディングページの値段は幾らが妥当か?
・ランディングページ(LP)とは?特徴を分かりやすく解説!
・ランディングページの成功事例:LPを作って成功した例を見ていこう!

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事