STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

良いコピーライティングとは?コツと事例をまとめてご紹介します!
COLUMN 2020.3.06

良いコピーライティングとは?コツと事例をまとめてご紹介します!

消費者が商品やサービスの購入を検討するうえで、キャッチコピーやPR文は有力な判断材料になります。購買意欲を引き立てる文章を書くことは難しいものであり、コピーライターがどうやって良質な宣伝文を考えているか気になる人もいるでしょう。
この記事では、購買意欲を引き立てる良いコピーライティングのコツをご紹介します。良い文章の実例や応用的な技法に関しても解説していきます。

コピーライティングとは

コピーライティングとは、人に対して特定の行動を促すように工夫して文章を書く技術、あるいは書かれた言葉を指します。例えば、チラシや本の帯などのアナログ媒体や、Web広告やホームページといったデジタル媒体など、幅広い領域で活用される技術です。
一般的には商品やサービスの購入を促すことが目的となっており、短い文章で商品やサービスの特徴を伝える「キャッチコピー」が有名です。長い文章でコピーライティングを行う場合、「セールスレター」といいます。

良いコピーライティングのためのコツ

読み手の購買意欲を刺激する文章を書くには、コピーライティングに必要な知識やスキルを理解することが重要です。今回はとくに効果が高い、優先的に知っておきたいライティングスキルを解説していきます。

読み手のニーズを理解する

読み手が必要とする情報を的確にまとめることで、文章を一通り読んでもらいやすくなるため、結果として商品・サービスの購入につながる可能性が高まります。
読み手がどういったニーズを持っているかは、市場で人気を集めているセールス文章を読むことで大体は把握できます。市場で必要とされている情報を基礎として、自身の商品やサービスが持つセールスポイントを追記するというのがコピーライティングの基本テクニックです。

読み手のメリットを考える

コピーライティングの質を上げるには、読み手となる顧客にとってのメリットを考えて書くことがポイントです。
例えば、「1000㎎のビタミンCが摂れます」よりも、「風邪の予防に役立つビタミンCを1000㎎配合」のほうが顧客から見てメリットが一目でわかりやすいです。具体的なメリットを伝えることで特定のターゲット層に対する訴求力が高くなり、商品やサービスが売れやすくなる傾向があります。

読み手に行動を促す

商品・サービスの良さや必要性を一通り伝えた後は、申し込み窓口や商品案内ページへの誘導を必ず行うようにしましょう。キャッチコピーやセールスレターを読んで商品やサービスに関心を持った人でも、最後に購入や商談に進むプロセスが用意されていないと、購入を見送られてしまう確率が高くなります。
読み手に対して最後の一押しを行うかどうかで、売上は大きく変わってきます。売上を伸ばすコピーライティングを行うには、読み手に問い合わせや購入手続きといった行動を促すようにしましょう。

具体的なデータを提示する

何らかのデータを提示してセールスポイントを作る際は、できるだけ具体的なデータを挙げることがポイントです。例えば「毎年売上No.1」よりも「7年連続売上No.1」のほうがどれくらい人気か分かりやすいでしょう。
具体的な売上数を合わせて表記したり、競合他社との差を具体的な数値を伴った表やグラフで示したりするのがポイントです。明確なデータを提示することによって、自社商品の人気や品質をしっかりと裏付けられます。

分かりやすい言葉を使う

コピーライティングを行う際は、できるだけ万人に伝わりやすい表現を用いることが大事です。専門用語を多用して情報量を詰め込むよりも、一般的な表現を用いて理解しやすくした方が、売上アップやイメージアップにつながりやすいようです。
文章の難しさを決める際は、顧客が読むと想定して書くことをおすすめします。コピーライティングに慣れていない人ほど意図的に難しい言葉を使おうとする傾向がありますが、無理に難しくする必要はありません。むしろ、簡単にするように心がけましょう。

キャッチコピー

キャッチコピーとは、商品や企業の特徴を端的に伝えている短い文章のことです。一般的にコピーライティングというと、キャッチコピーを連想する人が多いと思います。

キャッチコピー事例1:カルピス株式会社

テレビCMで有名になった「カラダにピース。CALPIS」というキャッチコピーは、ピース(平和)という言葉から、乳酸菌飲料であるカルピスが体に良いことが分かります。
なお、「カラダにピース」はカルピス株式会社の2019年におけるスローガンにもなったキャッチコピーです。文字通り、同社を代表する商品の特徴をシンプルに表したキャッチコピーだといえます。

キャッチコピー事例2:インテル株式会社

インテル社の「インテル、入ってる」は今でこそ有名ですが、発表当初はインテル社の副社長がキャッチコピーに反対していたとのことです。
しかし、海外にも「intel inside」という形で言葉が逆輸入され、実際に人気を得ていることから考えが変わったというエピソードがあります。日本から広まったコミカルなキャッチコピーが、インテル製品の知名度を大幅に向上させた事例です。

セールスレター

セールスレターとは、商品やサービスの良さを比較的長文で伝える文章です。どちらかというと、文法的な正しさよりも購買意欲を引き立てることを重視して書かれる傾向があります。

セールスレター事例1:税務調査SOS

税務調査をサポートする「税務調査SOS」のセールスレターは、税務調査に対する知識が乏しく、不安を抱えている人がターゲット層です。
セールスレターを一部引用すると、「無申告でも対応可能」「罪悪感のある質問OK」という文言が出てきます。税務申告を怠っていた人に行動を促しており、問い合わせ前にユーザーが持ちやすい不安を先読みした文章です。
税務関連の悩みを持つ人のニーズに一致しており、気軽さとサービスの質の高さを同時に宣伝できている良質なセールスレターです。

参考リンク: 税務調査SOS

セールスレター事例2:ナイル株式会社

2件目の事例は、アルバイト募集を目的とした特設Webサイトです。未経験者歓迎、フラットな社風であるなど、気軽に応募できることが強調されています。
サイト内で社員登用されたアルバイトのインタビューを紹介したり、大手企業との取引実績を掲載したりするなど、信頼できる企業であることを求職者に向けてアピールしているのが特徴です。
ページの下部には募集対象職種とエントリーフォームがあるので、求人内容に興味を持った人は直ぐに応募できるようになっています。

参考リンク: ナイル株式会社 アルバイト採用ページ

より良いコピーライティングを行うには

読み手の関心を持続させるように意識して、情報を伝える順番を工夫するのがポイントです。手軽な解決策としては、コピーライティングの有名な書き方を知っておくことをおすすめします。
今回は、「新PASONAの法則」という書き方を紹介します。「問題・親近感・解決策・提案・絞り込み・行動」の順番で構成することで、読み手の関心を最初から最後まで引きつける書き方です。
この「新PASONAの法則」において、商品やサービスを売り込むのは「提案」の段階です。「絞り込み」は数量限定や期間限定という情報で読み手の購買意欲を煽る過程であり、最後の「行動」で問い合わせ先を案内します。
商品やサービスのジャンルを問わずに使いやすい書き方なので、コピーライティング初心者におすすめできる技術のひとつです。

まとめ

良質なキャッチコピーやセールスレターを書くには、前提として市場調査や自社商品に関する知識が不可欠です。さらに、読み手の目線に立って具体的なメリットやデータを紹介するライティング技術も必要になります。当記事で紹介したコピーライティングの技術や実例を参考にして、実践的なライティング技術を習得していきましょう。

▼関連記事

・コピーライターになるために必要なスキルとは?目指し方も解説!
・コピーライターに未経験から就職できる?実力の付け方を紹介
・フリーランスのコピーライターは稼げる?収益アップのコツを紹介

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事