STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

未経験から広告プランナーになれる?必要なスキルや転職する方法を紹介
COLUMN 2020.2.08

未経験から広告プランナーになれる?必要なスキルや転職する方法を紹介

広告プランナーは、イメージとして年収が高く、広告業務の中でも目立つ業務を担当していることなどから、人気を集めやすい職種です。しかし実際にどういった業務を担当しているか、業界未経験から広告プランナーは目指せるのかを正しく把握していない人は多数いるでしょう。そこで当記事では広告プランナーの業務内容や必要なスキルなどを解説するとともに、未経験から広告プランナーを目指す方法も解説します。

広告プランナーとは

広告プランナーを目指すのであれば、まずは広告プランナーがどういった業務を担当しているかを知っておきましょう。広告プランナーに要求される業務を知れば、業界研究や応募先の選定などが行いやすくなります。広告プランナーの業務内容について簡単に解説するとともに、平均的な年収やキャリアパスについてもあわせてご紹介します。

広告プランナーの業務内容

広告プランナーは、広告作成の業務におけるマーケティング調査や企画立案、デザインや営業戦略といった幅広い分野を担当する業種です。近年は紙媒体よりもネット媒体に力を入れる会社が増えつつあり、オンラインマーケティングを実施する頻度が高くなっているという調査結果もあります。

業務内容が多様化すると同時に、プランナーの種類や担当する業務も増えてきています。広告の質を大きく左右する企画業務を担当することや、さまざまな業界と関わるポジションであることから、場合によってはプロデューサーに近い役割を任せられるケースもあるようです。

広告プランナーの年収・キャリアパス

新卒採用や未経験者が広告プランナーに就職した場合、年収は約300~400万円ほどです。就職直後の年収は比較的高い業種であり、実績が評価されれば年収も上がっていきます。実際に、大手広告代理店に在籍する広告プランナーであれば年収1,000万円を上回る人も存在します。

広告プランナーとして経験と実績を積むことで、プロデューサーやディレクターといった上位職にキャリアアップしていくこともできます。業務スキルや人脈を十分に築いているのであれば、独立するという選択肢も出てくるでしょう。

広告プランナーに習得が求められるスキル

広告プランナーとして実績を上げていくには、顧客から要望を引き出すコミュニケーション能力や、顧客の業界に関する豊富な知識など、多様なスキルが必要とされます。

情報収集力

広告プランナーとして実績を上げていくには、顧客に関する情報をしっかりと収集することが必須です。
業務内容の性質上、広告プランナーには幅広い業界に関する知識が必要とされます。顧客の目的や要望を理解するには、顧客自体の情報に加えて、顧客が属する業界について事前に調べておく必要がある場合があります。

取引先が技術革新の早い業界であるほど、広告プランナーは頻繁に市場調査や業界研究などに時間を使う必要が生じてきます。広告会社は取引先が変わることも珍しくないので、自然と幅広い業界に関する知識が身についてくるものです。

インターネットや紙媒体の広告などを用いて情報収集を行う過程で、おもな顧客層やトレンドといった情報に関しても集める必要があります。広告プランナーは関連業界のトレンドだけでなく、業界特有のルールといった知識を高い水準で理解していることが求められます。業界の現状に見合っていないと、十分な宣伝効果を持つ広告を制作することは困難です。広告プランナーとして実績を重ねていくには、情報収集力はとくに重要なスキルのひとつです。

顧客のニーズを引き出すコミュニケーション能力

顧客の要望を上手く引き出すには、インタビュアーとなる広告プランナーが高いコミュニケーション能力を持っていることが大事です。顧客の要望に応えられる広告を作るには、顧客から具体的にどういった広告を作りたいかを理解することが欠かせません。業務経験を積みながら、より的確に顧客が持つ要望を引き出せるようになり、顧客も自覚していない潜在的な悩みなども引き出していけるようになりましょう。

実際の場面でインタビュー前に収集した情報を有効活用するには、顧客の現状や要望に見合ったコミュニケーション内容を広告プランナーが考案し、的確に実践する必要があります。広告プランナーは顧客に対して意見や提案を行うこともあるほか、社内スタッフとの連携が重要となる業種です。社内外で頻繁に人と関わる業種であることから、コミュニケーション能力はとくに重要なスキルのひとつであるといえます。

表現力

広告プランナーとして顧客を獲得するには、顧客の興味・関心を引きつける企画内容を考案し、最適な言葉を選んでプレゼンできる表現力が必要です。前日までに用意した情報と顧客へのインタビュー当日に得た情報を組み合わせることで顧客が持つ要望や悩みを推測し、顧客にとって魅力的な提案内容を伝えられると実績を上げやすくなります。
営業職に求められるスキルに近いですが、広告プランナーにとって高い表現力を身につけることは重要です。

未経験から広告プランナーになる方法

広告プランナーは広告業界での経験が要求されやすく、業界未経験可で広告プランナーを募集する企業は少ないです。これから広告プランナーを目指すという人は、利用する求人媒体やキャリアの積み方などを工夫することで就業できる可能性を向上できます。

他業種から広告プランナーを目指す

広告プランナーの業務内容上、自分が現在就いている業種と関わりがある広告会社を探して応募することで、業界未経験でも広告プランナーとして就業できる可能性はあるでしょう。とくに商品開発業務や営業職に携わってきた人であれば、対象の業界に関する知識、コミュニケーション能力、表現力といった要素はある程度備わっているでしょう。

転職エージェントを利用する

広告プランナーに就職できる確率を高めるには、転職エージェントを活用することがおすすめの方法です。自身の特性に見合った応募先を見つけることがとくに重要な職種なので、複数の転職エージェントに登録することで広告プランナーを目指しやすくなります。
転職エージェントを活用することは、書類選考に用いる職務経歴書や履歴書などの書き方、そして面接対策についてもアドバイスを受けられるというメリットがあります。

広告プランナーに向く人

社内外で人と関わる頻度が高く、顧客へのヒアリングスキルも要求される広告プランナーを目指すには、高いコミュニケーションスキルを習得していることが重要になります。顧客と直接話す広告プランナーは営業職と似たところがあり、実際に営業経験があることを募集条件としている広告代理店もあるようです。
業界研究や市場調査などを頻繁に行う業種なので、次々と新しい知識を習得することをストレスと思わず、幅広い視野を持って業務に取り組んでいける人は広告プランナーの適性を備えているといえます。

まとめ

未経験から広告プランナーを目指すには、転職エージェントを活用することがおすすめの方法です。広告プランナーは広告業界の中でも総合的なスキルが要求される業種ですが、優れたコミュニケーション能力と情報収集力を備えている人であれば未経験でも就業できる可能性はあります。広告プランナーを目指す人は、まず転職エージェントを探すところから始めていきましょう。

▼関連記事

・注目が集まる編集者!未経験から編集者になる方法とは?
・未経験からPRの仕事に就きたい!そのために準備するべきことをご紹介
・コピーライターに未経験から就職できる?実力の付け方を紹介
・未経験から憧れのWEBディレクターを目指す方法をご紹介!
・Web業界の転職は未経験で可能!?未経験者のWeb転職について

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。