STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

Webマーケティングにおける3C分析とは?
COLUMN 2020.1.26

Webマーケティングにおける3C分析とは?

皆さんは、「3C分析」という言葉をご存じでしょうか?ご存知の方も多いと思いますが、「3C分析」とは、代表的なマーケティング手法のひとつ。あらゆるビジネスシーンで、実際に「3C分析」を実施した経験のある方も多いかもしれません。

WebマーケティングやWebコンサルティングでは、競合の調査や分析、市場の調査や分析、ターゲットの分析や設定を必ず行います。その時に活躍するのが、「3C分析」というフレームワークです。効果的にWebサイトを制作し、適切に運営するためには、もはや「3C分析」は欠かせません。

しかし、マーケティング初心者の中には、「3C分析」について詳しくない方もいるでしょう。そこで当記事は、Webマーケティング初心者向けに、「Webマーケティングにおける3C分析」とは何か、分かりやすく解説しています。また、「Webサイト制作における3C分析の活かし方」にも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

3C分析とは?

まずは、「3C分析」とは何か説明するために、「3C分析の基礎」について、分かりやすく解説していきます。

上述の通り、3C分析とは、代表的なマーケティング手法のひとつです。以下の3つの「C」を分析し、その分析結果をもとに、経営課題を見つけたり、戦略を考えたりします。

・Customer(顧客および市場)
・Competitor(競合他社)
・Company(自社)

3C分析の主な目的は、KSF(Key Success Factor)、つまり成功要因を導き出すこと。
Customer・Competitor・Companyをそれぞれ分析し、KSFを見つけることができれば、事業の進むべき方向性が分かります。もちろん、3C分析以外にも様々な分析手法が存在しますが、効率的なマーケティング活動を行う上で、3C分析は欠かせないフレームワークだと言えるでしょう。

基本的に、マーケティングでは、「自社でコントロールできない外部環境」と「自社でコントロールできる内部環境」の2つの視点が必要です。3C分析では、Customer(顧客および市場)とCompetitor(競合他社)を「外部環境」、Company(自社)を「内部環境」として分析します。

それでは、それぞれの要素について解説していきます。

Customer(顧客および市場)

まずは、Customer(顧客および市場)です。

3C分析では、3つのCの中でも最初に、Customer(顧客および市場)を分析しなければなりません。自社の長所を活かした事業戦略を練るためには、顧客や市場動向を把握しておく必要があります。市場をしっかりと定め、顧客のニーズを分析し、ニーズの変化にも対応できるようにしましょう。

Customer(顧客および市場)の分析においては、一般的に、下記3つの分析手法が使われます。

・マクロ分析(社会的な変化を探すための分析。PEST分析など)
・ミクロ分析(業界の構造変化が、自社にどのような影響を及ぼすか、を算出する分析。ファイブフォース分析など)
・顧客分析(マクロ分析とミクロ分析の結果が、顧客ニーズに対してどのような影響を及ぼすか、を算出する分析)

Competitor(競合他社)

顧客や市場動向の分析を終えたら、続いて、Competitor(競合他社)の分析を行います。

競合企業と同じ戦略で戦っている場合、ビジネスはなかなか成功しません。優位性を持った自社オリジナルの戦略を立てるためには、競合の戦略はもちろん、競合の強みや弱みを把握し、分析することが重要です。

なお、Competitor(競合他社)の分析においては、下記の2点に注目してください。

・競合企業の事業結果(コスト、売上など)
・その事業結果に至った理由(営業手法、流通経路など)

Company(自社)

顧客や市場、そして競合他社の分析を終えたら、最後に、Company(自社)の分析を行います。

これまでの分析結果を用いながら、「自社の事業戦略を最適化する方法」を考えていきます。自社の戦略や特徴をしっかりと見つめ直し、競合他社の戦略や特徴と比較してください。また、市場や顧客のニーズの変化に対して、競合他社がどのように対応しているか、自社の対応方法と比較することも大切です。

なお、Company(自社)の分析においては、下記のような分析手法を使います。

・VRIO分析(自社の経営資源に注目する分析手法)
・SWOT分析(自社の強み、弱み、機会、脅威の4つの視点で分析する手法)

Webサイト制作における3C分析の活かし方

最後に、「Webサイト制作における3C分析の活かし方」について解説します。

Webサイト制作の最初の段階で、まずは、Customer(顧客および市場)の分析を行います。市場動向や顧客のニーズを把握し、Webサイトのメインターゲットを決めましょう。ツールを活用しながら「検索キーワード」を分析し、どういったユーザーが、どのようなキーワードで検索を行うのか、頭に入れておくことが大切です。

次に、Competitor(競合他社)を分析します。「検索キーワード」を用いて実際に検索を行い、競合のWebサイトを覗いてみましょう。検索結果の上位に表示されているWebサイトが、自社サイトのライバルです。ターゲット層に対して、競合のWebサイトがどのような情報をどのような形で提供しているのか、チェックしてください。

最後に、Company(自社)の分析です。自社のWebサイトの長所や短所を洗い出し、競合サイトと比較します。ターゲットユーザーのニーズ、つまり検索意図を考えながら、競合には真似できないコンテンツを作りましょう。3C分析を活用し、検索ユーザーにとって価値の高い、独自性のあるWebサイトを制作してください。

まとめ

初心者向けに、「Webマーケティングにおける3C分析」について解説しました。また、「Webサイト制作における3C分析の活かし方」も紹介しました。3C分析は、Webマーケティングに欠かせないフレームワークです。ぜひ当記事を参考にしながら、3C分析に関する理解を深め、効果的なWebマーケティングを行ってください。

▼関連記事

・Webマーケティングにおける主な「集客施策」とは?
・Webマーケティング担当者の仕事内容とは?求められるスキルも解説!
・初心者向け!Webマーケティングに必要なツールの種類とは?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。