STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

コピーライターになるために必要なスキルとは?目指し方も解説!
TIPS 2019.12.06

コピーライターになるために必要なスキルとは?目指し方も解説!

コピーライターと聞くと、個人でキャッチコピーを考える職業だと思っている方は少なくないでしょう。しかし、実際には社内会議や出張などを日常的に実施しており、売れるキャッチコピーを1個考えるまでには多大な労力が必要です。コピーライターを目指している人でも、実際に必要なスキルや効率的な学習法を理解できている人は意外と少ないものです。そこで今回は、コピーライターの具体的な仕事内容から要求されるスキル、おすすめできる学習法までを一通り解説します。

コピーライターとは

コピーライターは、商品や企業などのコピーを考えることで収入を得ている職業です。キャッチコピーの制作だけではなく、クライアントに対して必要な情報をヒアリングしたり、利益を最大化するように制作方針を考えて提案したりすることなどもコピーライターが行う仕事です。キャッチコピーやコーポレートメッセージなどを考えることによって、クライアントの商品やサービス、会社名などを広範囲に効率良く認識してもらうことがコピーライターの役目であるといえます。

コピーライターに必要なスキル

ここでは、プロのコピーライターとして働きたい人が習得するべきスキルをご紹介します。コピーライティングによって継続的に利益を上げていくには、費用対効果を上げることでクライアントの信用を勝ち取っていくことが必須です。

情報収集力

優れたコピーライターを目指すのであれば、クライアントや各種メディアなどから情報を引き出すスキルは非常に重要です。クライアントの要望に沿ったコピーを考えるには、直接ヒアリングを行う前に事前調査を進めておく必要があります。クライアントの現状を正しく把握しておくことで、本当に必要とされるコピーを考えられるようになります。

また、クライアントが属している業界に関してもある程度はリサーチが必要です。情報収集が充分にできていないと、的外れなコピーを作ってしまう可能性が非常に高くなります。目安としては、1つの依頼について専門書を5冊以上読みこむようにすると一通りの知識をインプットできます。多数のジャンルを手がけるコピーライターであれば、所属している会社と関連がある他社や業種については適宜調べておくことをおすすめします。

コミュニケーション能力

コピーライターは社内会議やヒアリング調査を頻繁に行う職業です。コピーライターは個人業務というイメージがあるかもしれませんが、実際は複数人との連携が重視される業務です。例えば雑誌を作るには、ページの構成を考えるデザイナー、画像を用意するカメラマン、そしてインタビュー対象となる一般の店舗や有名人であるなど、さまざまな人とコミュニケーションをとっていく必要があります。同僚やクライアントとのコミュニケーションが円滑にできるコピーライターであるほど、ライティング以外の業務にかかる時間を短縮できるようになります。結果として、閲覧者にとって良質なコピーを短期間で制作することができます。

マーケティング分野の知識

実益につながるコピーを書くには、マーケティング戦略を意識して内容を考えることが重要になります。具体的には、インタビューやリサーチ作業などによってクライアントの要望、競合他社が持つ強みや弱み、一般ユーザーが持つ要望といった情報を集めて、コピー制作に活かす必要があります。競合他社が多数いるジャンルであるほど、入念なマーケティング調査に基づいてコピーを考えないと充分な成果を得ることは困難です。必ず意識するべきポイントとしては、コピーライター自身が書きたい内容を書くのではなく、マーケティング戦略を意識してコピーを書くようにすることです。コピーライターとして働くには必須のスキルといえます。

ライティングスキル

コピーライターは宣伝力のある文章をライティングすることが仕事なので、文章構成力や語彙力などのライティングスキルは必須といえます。コピーライティングの業務では、1行分のコピーを決めるまでに100個以上の案を出すことが珍しくありません。業務経験が浅いうちは、できるだけ大量にコピーを考えてライティングスキルを上げることが重要になります。確実にライティングスキルを向上させていくには、依頼内容からクライアントが何を伝えたいかを読み取って、的確にアウトプットすることが必要です。多様なコピー案を用意できる知識量や、伝えたい内容を的確にアピールできる構成や表現方法を思いつけるスキルがコピーライターには欠かせません。

コピーライターの目指し方

実際のところ、コピーライターになること自体は誰にでも可能です。もちろんライティング未経験者でもコピーライターは目指せますが、プロとして生計を立てていくにはさまざまなことを勉強する必要があります。ここでは、コピーライターを目指す人が取るべき方法を伝えていきます。

コピーライティングを学べる場所

コピーライターを目指す人は、まずコピーライティングの講座や学校を探すケースが多いようです。過去にライター業で働いた経験がある場合、コピーライター向けの一般公募に参加するという方法もあります。それでは、各方法の特徴を紹介します。

コピーライター養成講座

すでにWebライターやメディア関係のライターとして実績を持つ人であれば、コピーライターの育成に特化した養成講座を受講することをおすすめします。ライティング経験者であれば、養成講座を受けたという実績はコピーライターになる際に有効なアピールポイントにできます。

大学、専門学校

他業種からコピーライターを目指すのであれば、専門学校もしくは四年制大学を卒業していると応募先を選びやすくなります。ライティング未経験者がコピーライターを目指す場合、文章力よりも幅広いジャンルに関する知識やライティングが好きであることなどが評価されやすい傾向があります。

一般公募へ参加

熱意やライティングスキルをアピールするという意味では、インターネット上で開催されているコピーライティングの一般公募で賞を取れていると評価されやすいです。スキルに自信がある場合は、ぜひ一度挑戦してみましょう。

コピーライターの就職先

コピーライターのおもな就職先は、広告代理店、印刷会社、出版社などがあげられます。広告代理店は新規就業者からの人気が高い就職先であり、大手広告代理店になると応募倍率が100倍近くまで上がることもあります。中小規模の広告代理店は新卒、第二新卒であれば学科を問わずに採用する傾向がありますが、中途採用だとライター職経験者を募集するところがほとんどです。新卒やライター未経験者である場合、入社からしばらくは営業職に就くケースが多いです。制作業務の全体的な流れを知ることが目的であり、基礎的な知識を付けてからコピーライターになるという方法も近年では出てきています。

まとめ

さまざまな人の印象に残るコピーを作ることがコピーライターの役割です。基本となる文章力のほかにも、クライアントからの要望を引き出すコミュニケーション力や、多方面から知識を引き出せる情報収集力などが重要となる職業です。専門的な資格や経験は不要ですが、ライティングが趣味レベルでも得意であり、幅広いジャンルに対する知識や興味がある人だとコピーライターはおすすめできる職業だといえます。これからコピーライターを目指す人は、自分の状況に応じて養成講座や各種学校などに通うところから検討してみましょう。

▼関連記事

・コピーライターに未経験から就職できる?実力の付け方を紹介
・フリーランスのコピーライターは稼げる?収益アップのコツを紹介
・プロライターの相場単価・原稿料-webライティングからコピーライティングまで

▼クリエイティブ業界の求人情報

・編集ライターの求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事