STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

マンガを使うマンガマーケティングの知識まとめ
TIPS 2019.10.14

マンガを使うマンガマーケティングの知識まとめ

ランディングページやチラシなど、商品やサービスを展開するあらゆる媒体でマンガは有益な効果を発揮すると言われています。そこで、今回はマンガを使ったマーケティング手法の知識を掘り下げていきたいと思います。

マンガマーケティングとは

マンガを効果的に利用したコンテンツマーケティング

マンガマーケティングとは、凄く単純にマンガを使ったマーケティングの手法を指します。商品説明、サービスの強み、顧客の体験などをマンガにすることで、より本質を伝えやすくし、目的や目標を達成することに繋げていきます。

マンガマーケティングは、「マンガプロモーション」と言われることもあり、どちらも根本的には同じです。

マンガマーケティングの効果

効果1:とりあえず読み始めてしまう

マンガマーケティングでは、トップにいきなりマンガを置く手法があります。マンガの場合、「とりあえず読み進める」ということを促進し、商品やサービスのニーズに合致しているユーザを取りこぼしにくい特徴があります。ある程度のクオリティがあるマンガは、「コンテンツとして楽しめるもの」という認識を一般の方々の潜在意識に刻まれているようにも感じます。

効果2:全体像を把握させる

マンガはテキストコンテンツよりも詳細な専門性を入れ込むには不便ですが、全体像を手短に掴んでもらうのには非常に最適なメディアです。

セールスの内容が長尺なランディングページでは、先にマンガで全体像を伝えることで、業界や商品(サービス)のリテラシーを高めてもらうことができます。

すると、マンガ以後のセールス内容もユーザがきちんと理解してくれるよになり、商品(サービス)の魅力が深く伝わり、購入(成約)に繋がっていきます。

効果3:複雑なものを分かりやすくする

特殊で専門性が深いB to B系の商品やサービスの場合、どうしても内容が難しくなってしまいます。ターゲットの属性を絞ることができても、その属性内の人々の専門性に大きな差があると、せっかく作り込んだページも効果が薄まってしまいます。

そこで、マンガのセクションを作ることで、複雑なものを分かりやすくし、潜在顧客の専門性を補完することができます。既に知っていて、商品やサービスの詳細が見たいユーザはマンガを飛ばすこともできるわけです。マンガで複雑なものを分かりやすくすることで、より多くの潜在顧客を取り囲むことができます。

効果4:感情移入を促す

例えば、商品開発のストーリーをマンガで表現すると、ストーリーはよりドラマチックな印象を与えることができます。もちろん、マンガの質によっては陳腐に映ってしまうリスクもありますが、マンガを上手に活かせば、マンガは感情移入を促すツールになります。

効果5:キャラクター性を強くする

リアルな人間を登場人物にする場合は、マンガにすることで、その人物のキャラクター性を強くすることができます。マンガによって、当人をブランディングすることに繋がります。

マンガマーケティングのデメリット

デメリット1:ポップに映ってしまう

マンガマーケティングのデメリットがあるとすれば、マンガによって、商品やサービスがポップな印象になってしまうということがるでしょう。ハイブランドを貫きたい場合は、マンガのイラストテイストやストーリー展開はかなり気を付ける必要があります。

デメリット2:全体の雰囲気との調和を図る必要がある

全体のページデザインに対してマンガが浮く、マンガに対して全体の内容とのバランスが悪い、こういったことがマンガマーケティングの際にはよく起こり得ます。

全体のバランスの悪さは、違和感に繋がり、違和感は、「商品やサービスの非現実感」を創出させます。マンガを上手くなじませることができなければ、商品やサービスに対する現実味が薄れてしまうので、コンバージョンが下がってしまう可能性もあるのです。

デメリット3:マンガ制作コストが掛かる

マンガを作るのは簡単な作業ではありません。普通に作る制作にプラスしてマンガを加えるわけですから、予算はかさみます。大事なのは、「本当にここにマンガは必要なのか」と深く検討することです。

ブックブランディングとしてのマンガマーケティング

マンガとブックブランディングは相性が良い

STASEONでは「本を起点に認知や売上を高めるブックブランディング術について」という記事で、本を起点に企業・商品・サービスのブランドを高める手法をお伝えしてきました。

そして、ブックブランディングはマンガとも非常に相性が良いです。ブックブランディングと言えば、経営者や企業の紆余曲折をストーリー化するものがありますが、テキストではなく、マンガにすることで、より読みやすく読み応えのあるものにする効果があります。

ブックブランディングをマンガで展開せる際に一番効果的なのが「採用活動」です。なぜなら、採用活動の場合は、応募する立場より募集する企業側の立場が強いことを応募者が暗に理解しているためです。そのため、マンガにすることによって安っぽくなることが極力なくなります。

最後に:マンガを取り入れるという選択肢を常に含んでいこう

マンガだからこそできるマーケティングがある

以上、マンガマーケティングにおける知識の概要を分かりやすくまとめてきました。マンガはもはやエンターテイメントのみに留まらず、マーケティングツールとしても非常に大きな役割を担っています。

マンガだからこそ伝えられる雰囲気や情報の質感は確かにあります。マンガを取り入れるという選択肢を常に頭に持っておき、フィットするクライアントに適切な提案をできるようにしたいですね。ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

▼関連記事

・企業がYoutubeでコンテンツマーケティングを最適化する方法
・企業がKindleでコンテンツマーケティングを最適化する方法
・広告主・代理店が知っておきたいインフルエンサーマーケティングのイロハ

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事