STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

Webライター初心者向け!ひらがな・カタカナ・漢字の使い方!
TIPS 2019.9.08

Webライター初心者向け!ひらがな・カタカナ・漢字の使い方!

ユーザーにとって有益なWebコンテンツを作り続けることは、最も基本的で本質的なSEOだと言えます。しかし、経験豊富なWebサイト運営者でも、有益なコンテンツの作成は決して簡単なことではありません。当然、Webライティング初心者の場合はなおさらです。情報自体に価値があっても、分かりにくい・読みにくい文章を書いてしまっては、ユーザーにとって有益なコンテンツは完成しません。

基本的に、読者は、少しでも「読みにくい」と感じた文章を読み続けることはしません。文章に対して不信感や嫌悪感を抱いた場合には、一瞬でそのページから離脱してしまうでしょう。よって、Webライティングでは、読者に「良い印象」を与えることが非常に重要だと言えます。そのために意識したいのが、「ひらがな・カタカナ・漢字」の使い方です。

皆さんご存知の通り、日本語には、「ひらがな・カタカナ・漢字」という表記が存在します。たとえ同じ言葉でも、表記が違うだけで印象が大きく変わります。そのため、「ひらがな・カタカナ・漢字」それぞれの特徴を理解し、上手に使い分けることで、読者にとって読みやすい文章を書けるようになるでしょう。そこで当記事は、Webライティング初心者向けに、「ひらがな・カタカナ・漢字」の効果的な使い方を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

ひらがな・カタカナ・漢字の特徴

日本語には、「ひらがな・カタカナ・漢字」という3種類の表記が存在します。日常生活で意識することは少ないでしょうが、3種類の表記には、それぞれ異なった特徴があります。それぞれの特徴を理解し、Webライティングに活かしてみてください。

例えば、以下のような言葉は、「ひらがな・カタカナ・漢字」のどの表記でも使われる言葉です。

・かばん、カバン、鞄
・いぬ、イヌ、犬
・くつ、クツ、靴
・かわいい、カワイイ、可愛い
・きれい、キレイ、綺麗

もちろん、どの表記を使っても、正解不正解はありません。しかし、ライティングにおいては、読者に与える印象がそれぞれ異なります。以下では、「ひらがな・カタカナ・漢字」のメリット・デメリットを詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

ひらがなのメリット・デメリット

ひらがなの最大の特徴は、「読みやすさ」です。また、読者に「親しみやすさ」を感じさせるので、情報を伝える側と受け取る側の距離を縮めることができます。

一方で、ひらがなは、読者に「幼い印象」を与えかねません。よって、知的なイメージを与えたい場合には、ひらがなを使うのは避けた方が賢明です。

カタカナのメリット・デメリット

カタカナは、「シャープな印象」を持っており、「躍動感」や「斬新さ」を感じられる表記だと言えます。そのため、読者に対して、「新しい」「カッコいい」等のイメージを与えたい場合には、カタカナを使用すると良いでしょう。

しかし、カタカナには、「頭に入りにくい」「記憶に残りにくい」といったデメリットもあるので注意してください。

漢字のメリット・デメリット

漢字は、読者に対して「きちんとした印象」を与えます。よって、「誠実さ」や「信用性」を示したい場合に使用すると効果的です。また、「記憶に残りやすい」というメリットもあります。

一方で、「堅い」「真面目過ぎる」印象を与えてしまう場合もあるので注意しましょう。さらに、難しい漢字においては、「読めない可能性がある」というデメリットもあります。

検索ボリュームもチェックする

読者にとって読みやすい文章を書くためには、上述した「ひらがな・カタカナ・漢字」それぞれの特徴をしっかりと把握して、上手に使い分けることが重要です。しかし、「ひらがな・カタカナ・漢字」のどの表記を使うべきか迷う時もあるでしょう。その場合には、「月間平均検索ボリューム」を参考にすると良いです。

「月間平均検索ボリューム」とは、「ある言葉が月にどれくらい検索されたか」を表す値です。つまり、「月間平均検索ボリューム」が高ければ高いほど、より多くの人に検索されているキーワードだと判断できます。例えば、「かばん・カバン・鞄」という言葉の「月間平均検索ボリューム」が、以下のようだったとします。

・「かばん」の月間平均検索ボリューム:9,500
・「カバン」の月間平均検索ボリューム:35,000
・「鞄」の月間平均検索ボリューム:13,000

上記の例で言うと、「カバン」という表記で検索する人が最も多いことが分かります。よって、「かばん」や「鞄」よりも、「カバン」の方が、より多くの人にとって馴染みのある表記だと推測できるでしょう。「ひらがな・カタカナ・漢字」の使い分けに困った時は、検索ボリュームをチェックし、より多くの人が検索する表記を選ぶようにしてください。

まとめ

Webライティング初心者向けに、「ひらがな・カタカナ・漢字」の効果的な使い方を解説しました。「ひらがな・カタカナ・漢字」という3種類の表記には、それぞれ異なった特徴があります。たとえ同じ言葉でも、表記が違うだけで、読者に与える印象は大きく変わります。ぜひ、当記事を参考にしながら、「ひらがな・カタカナ・漢字」それぞれのメリット・デメリットを理解し、読者にとって読みやすい文章を作ってください。

▼関連記事

・Webライター初心者向け!主観的な文章と客観的な文章の違い!
・Webライター初心者向け!「修飾語」を効果的に使うためのコツ!
・求められる「社内ライター」の絶大な価値。なぜ、企業にはライター社員が必要なのか?
・コンテンツマーケティングにおけるSEOのポイント(ライティング編2/2)
・オリジナルな文章に磨きを掛けるハイパーライティング術

▼クリエイター求人情報

・編集・ライターの求人情報