転職でミスマッチを防ぐ5つの方法

STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

転職でミスマッチを防ぐ5つの方法
TIPS 2019.7.19

転職でミスマッチを防ぐ5つの方法

転職先で「想定外の過度なつらさ」を味わうことは避けたいですよね。

そこで、今回は転職でミスマッチを防ぐ5つの方法をご紹介します。

方法1:人からの二次情報を収集する

解釈しやすい妥当性の高い情報にアクセスしよう

徹底した情報収集こそミスマッチを防ぐ何よりの方法であると、他のサイトでも言われていることだと思います。

自己分析を徹底することの重要性を訴えている記事や専門家もいますが、自己分析ツールが完璧だとも限りません。完璧な分析など有り得ません。

それよりも、転職活動を機に「情報収集を徹底する行動体質」をパワーアップさせるほうが、今後の社会人人生を輝かしいものにすると言えます。

そこで活用したいのが人からの二次情報です。実際に候補となる転職先で働いていた人の声を収集すること、これがミスマッチを防ぐ第一の方法です。

実体験ほど、想像を掻き立てる情報はありません。自分ではアクセスできない、実際に働いていた人からの二次情報は、覚悟すらも与えてくれます。

つまり、転職先では100%自分の想像通りにいかないことを覚悟させてくれるのです。

方法2:自分の総合力を相対的に引き上げる

ミスマッチを自分の力で極力減らそう

転職がミスマッチだと感じるとき、「前の職場のほうが良かった」といったように、何かしらの不満や消化不良がそこに起こっていると言えます。

ただし、初期に感じた不満や消化不良を昇華させることは可能です。なぜなら、自己成長すればするほど、次の転職では自己価値を高め、好待遇を獲得できるからです。

転職のミスマッチはきちんと向き合えば、「その状況でも乗り越えられる耐性」を手に入れて、より高次元の社会人に成り上がることもできます。

また、日頃から自分のビジネススキルを高めていけば、どんな環境でもマッチします。健全な多くの社員からも好かれていくことになり、高い自己肯定感を得ながら働くことも可能です。

自分の総合力を日々高めていき、社会人としての価値を高め、どんな場所でも自分らしく輝ける体質を育てていきましょう。

方法3:転職を急ぎ過ぎない

急ぐなら自分の選択を信じよう

現実逃避型の転職は視点が狭まるので入社後のギャップ、ミスマッチを起こしやすいと言えます。

方法4:戸惑いがある時はスルーする

自然に背中が押されるきっかけを待とう

ミスマッチというのは印象論のところがあります。要は期待値とのギャップです。

期待値が読めない、不確定な場合は、感情は戸惑いを示します。戸惑いがある時は転職をスルーすれば、「入っておけば良かった」はあるかもしれませんが、「入っておかなければ良かった」は起こりません。

究極ではありますが、戸惑いがある時はスルーするという指針も、ミスマッチを防ぐ方法になります。

方法5:転職の転職を見越した転職をする

長期的な成功を見越して転職を捉える

「転職の転職を見越した転職」とラップのような表現になってしまいましたが、この視点はかなり重要です。

自分の社会人的能力や本質を磨き続けなければ、社会人としての自分はガラパゴス化します。

ミスマッチと感じる状況はむしろ、自分の能力や本質を磨く良い機会とも言えます。

ブラック企業ノスタルジーと呼ばれる「転職あるある」では、過去にブラック企業を経験した人は意外にもブラック企業の頃を懐かしんで良い思い出にしたりしています。

ブラック企業での経験を糧に、程よいタイミングで次の職へ転じ、新天地ではより満足のいく環境を手に入れているからです。

転職を生かすのは自分次第であり、転職の転職を見据え続ければ、ミスマッチな転職はないと言うこともできます。

最後に:転職のミスマッチは経験が浮き彫りにしてくれる

経験を豊かにすれば、見抜く目は養われる

以上、転職でミスマッチを防ぐ5つの方法をご紹介してきました。

転職をどう捉えるかでもミスマッチの意味は変わってくることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

転職の経験を増やし、自分の成功体験を増やせば、いろんな視点や見通しを持つことができるようになります。

能力や実績があれば、好待遇のオファーもやってくるので、他社との比較で良いものを見抜きやすくもなります。

転職に限らず、社会人としての様々な経験に積極的に取り組んでいけば、自然に会社を見抜く目は養われていきます。ぜひ、今回の記事も参考にしてみてください。

▼関連記事

・クリエイターの転職成功エピソード5選
・クリエイター転職時のベストな職務経歴書とは?
・転職に迷ったら考えるべき10のこと
・クリエイターの転職成功率爆上げのポートフォリオの作り方
・厳選:クリエイターの転職におすすめの資格とは?

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



おすすめの求人

MORE

おすすめの記事