フリーランスと女性:女性の起業について - Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・Webディレクターの求人転職支援「STASEON(スタシオン)」

Webデザイナー・ディレクターの求人転職支援

フリーランスと女性:女性の起業について
COLUMN 2019.5.30

フリーランスと女性:女性の起業について

フリーランス女性という生き方

起業女性を掘り下げる

最近では「起業女子」という言葉があるように、女性が起業することは当たり前の感覚となりました。独身女性も、主婦の方も、より自分らしい社会的なプロフェッショナルで在り続けながら、母として、一人の女性として輝くことができるフリーランスという働き方。

そこで今回は女性の起業について掘り下げていきたいと思います。

フリーランス女性のメリット

女性が起業すると生活が豊かになる

メリットは何といっても、「自分のスケジュールに合わせて、単価の良い収入の柱を確保できる」、これに尽きます。会社員で育児休暇、不妊治療休暇などの制度が整っていても、周りの女性社員がどう思うか、この点はコントロールできません。

しかし、フリーランスであれば、自分で稼いでいるため、自分の休みもコントロールできます。パートナーもきちんと稼いでいれば、フリーランサーとしてかなりの自由度が利くはずです。

フリーランス女性の魅力

女性はなぜフリーランスに向いているのか

フリーランスと女性は非常に相性が良いと思います。それは、男性よりも女性の方がフリーランスに向いていることを意味します。女性がフリーランスに向いている最たる理由は、「マルチタスク性の高さ」と「細やかさ」です。

フリーランスは、自分自身の裁量で仕事を行います。そのため、自分を制する技術というのが、サービスの品質に大きく直結します。また、自分自身で多様なことをする必要があります。求められた技術を提供するだけでなく、メールのやり取り、会議の打ち合わせ、請求書の発行、確定申告など、あらゆることをこなすのがフリーランスです。

男性には「マルチタスク性の高さ」と「細やかさ」がないとは限りませんし、女性にも個性がありますから、全ての女性に「マルチタスク性の高さ」と「細やかさ」があるとは言い切れませんが、実際に、起業の世界で感じたことになります。

フリーランス女性の弱点

起業女子のありがちな失敗

多くの女性が起業に対して非常にポテンシャルが高いのですが、実際のところあまり上手くいかないという方も非常に散見します。

その理由の1つが、起業女子は「ブランディングのみに走りがち」というものです。専門性を育てれば、すごく女性的な価値が生きるのに、ブランディングに終始して、まったく専門性を育てないから、いつまでたってもプロになれない、みたいな人が起業女子には多いように思います。

「SNS起業女子」「キラキラ起業女子」という言葉はあっても、「SNS起業」や「キラキラ起業」に「男子」という言葉が冠されることはありません。ブランディングのみに走った痛い女性を形容する言葉として、「SNS起業女子」「キラキラ起業女子」という表現が使われているわけです。

女性の方が、承認欲求に対して正直であるという特性が、起業の成功へ真っすぐダイブしない原因だと感じています。「男は黙って」という表現がありましたが、男性のほうがじっくりプロになることに対しては、覚悟を決められるようにも感じます。

つまり、専門性を高めた女性は最強のフリーランスになれる

しかも、2種類以上の専門性があると鬼に金棒

本屋に行けば、「可愛いままで年収1000万」のような、楽して稼ぐ系の本が溢れているように、飛躍を求められるガチガチのノウハウは現在避けられる傾向にあります。なぜなら、ガチガチの細かく大量のノウハウを示されると、途方に暮れるからです。逆に言えば、その壁を乗り越えれば、他人と圧倒的な差が付くのですが、「その場しのぎ」「なるはや」のノウハウが受ける現状があります。

その理由は、無料でコストを掛けずに社会へ発信するお手軽なツールが増えて、起業やフリーランスの敷居も下がったからです。要は、手軽に起業していることやフリーランスであることを名乗りやすくなったわけです。

そうした環境があるからこそ、ブランディング先行型の起業モデルが提唱されているわけです。実際、虚業のような人たちが稼いでる現実もあります。

一度突き詰めた専門性はあなたの財産になります。その専門性が時代によって廃れたとしても、専門性を突き詰めるまでのプロセスを経験したフリーランサーは、何度も蘇り、長きにわたって活躍できます。

また、2種類以上の専門性を取得すると、フリーランサーとしてかなり強い個性になります。2つの専門性が仕事として掛け算にならなくても、大丈夫です。頑張った女性は必ず報われる、それが起業の世界のように感じます。

最後に:圧倒的な起業女子になろう

コミュニケーションとマーケティングの能力がある女性はさらに強い

いろんな業種や職種のフリーランスがいるかと思いますが、コミュニケーションとマーケティングの能力を兼ね添えた女性はかなり強いと言えます。

  • 女性の意見が欲しい
  • 女性のライターが欲しい
  • 女性のSEが欲しい
  • 女性のマネージャーが欲しい
  • 女性のデザイナーが欲しい

といったような声は、様々な企業から聞こえます。社内システムを上手く回す社内の女性社員とは違った、女性の感覚を持ったゴリゴリの女性のプロであるフリーランサーを欲しているわけです。

起業をする中で、次のステージへ行きたい女性起業家は、ぜひ、自分の専門性を一気に高めるような時間を多くとってもらいたいと思います。すると、自分のすべての感覚が仕事へ繋がっていきます。

▼関連記事

・フリーランスの恋愛と結婚:幸せになるためのランサーの恋愛と結婚について
・フリーランスの営業手法、仕事の取り方とは?
・非デザイナーでも必須!4つのデザイン原則

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。



Webディレクターの求人

MORE

おすすめの記事