STASEON

企業とクリエイターのマッチングサービス

クリエイターが転職に失敗しない方法
TIPS 2019.12.10

クリエイターが転職に失敗しない方法

転職するなら「失敗したくない」と思うのは当然です。やっと決まった転職。その未来は明るいものだと思いたいですよね。

ビジネスパーソンとしては、転職すればするほど、報酬や待遇や居心地が良くなり、ストレスや疲れが少なくなっていくことが理想です。

しかし、現実には「転職は失敗」と認知し、苦しんでいるクリエイターも少なくありません。検索ニーズでも、以下のようなワードが並んでいました。

「転職 1週間 辞めたい」
「転職 1ヶ月 辞めたい」
「転職 2ヶ月 辞めたい」
「転職 3ヶ月 辞めたい」
「転職 10ヶ月 辞めたい」

そこで、今回はクリエイターが転職に失敗しないためにはどうするべきか、転職の失敗を回避する方法を解説していきたいと思います。

方法1:コミュニケーションリスクを回避する

転職が失敗したと思う際、対人関係で苦しむことが多いようです。上司、同僚、会社の風土などに馴染めないといった形です。

ですから、転職を考えるクリエイターの皆さんは、普段からコミュニケーションに関する対策をしておくべきです。

まずは、根本的なコミュニケーション力を高める対策をしましょう。今の会社でコミュニティが安定し、いい意味で関係が停滞していると、自分自身のコミュニケーションの度量は実はどんどん失われている可能性もあります。

ビジネスコミュニケーションのセミナーに行くのも良いですし、異業種交流会などに参加して、程よくストレスを与えるのも良いでしょう。コミュニケーションに関して、自分らしくない場所で、周囲に対応していくことで、幅広い場所でのコミュニケーション耐性が身に付きます。もちろん、コミュニケーション力も高まります。

結果、様々な対人関係で自分らしいと思えることが増えます。「対応できる幅=自分らしさ」です。自分らしさを広げるためには、多様な人間関係を日頃から味わい、乗り越えることが大切です。

そのうえで、転職活動の際は、仕事の現場をできる限り見せてもらいたいところです。転職エージェントを使う場合も社内のコミュニケーション関係や問題のある人物などがいないのかを聞き出せると、コミュニケーションが原因となって転職に失敗する可能性は小さくなります。

面接の際も、どういった制作フローや上司や部下との関わりでプロジェクトが進むのかを質問していきましょう。

また、仕事の人間関係に問題があったとしても、仕事の外で心を潤わせることのできるコミュニティを持っていれば、仕事の問題が小さく感じていきます。キーパーソンになる人たちとコミュニティを作っていくことで、どんな職場に転職しても、レジリエンスの高い状態で仕事をすることができるようになり、転職を失敗だと認知しなくなります。

方法2:長期的な戦略で希望企業への対応するスキルを磨く

コミュ力を高め、コミュニケーションに関するリサーチを徹底

困難への対応力が高まれば、それは失敗ではなくなる

自分は現状維持のまま、待遇や条件の良い企業に勤めたい。これが一般的な転職ニーズかもしれません。

しかし、転職の機会に、自分自身もパワーアップしていくぐらいの気持ちが転職の失敗の確率を大きく下げていきます。

そこで、まず、転職を長期的に捉えます。一般的な転職の場合、転職活動開始から3カ月~半年で転職先が決まると言われています。

この期間を2倍~3倍にしても良いでしょう。

次に、今の自分が働きたい企業や、条件面をピックアップしていきます。おそらく、この時点で、かなり理想的なことを書き出しているはずです。

次に、ピックアップした理想を自分が難なくこなすと想像した場合、どんなスキルが必要なのかを考えていきます。

そのスキルが身に付けば、あなたは「選ばれる側」ではなく、「選ぶ側」になっているでしょう。

そして、転職エージェントからも、より多くの提案を受けることになります。

結果、あなたが主体的に選択できるようになります。スキルを持っている人材に対して、企業は好意的です。ですから、面接の際も本音で話してくれるようなります。個人的に呼び出して、より詳しい話を聞き出すこともできるでしょう。

1日だけ体験させてもらう交渉もできるかもしれません。体験入社ができれば、他の社員からも、本音トークを聞き出すことができるでしょう。

その結果、どこまでも失敗が減っていくことになります。

せっかく人生を大きくシフトチェンジするのですから、転職を踏み台にして、自分を磨いていきましょう。

方法:失敗の認知を変える

成功とはジグザグで歩むものである

これは非常に大事なことです。精神的な病気や依存症では、認知を変える認知療法があります。認知とは「言語化された思考」です。

皆さんは失敗をどのように言語化して考えていますか?

例えば、「転職した会社が、前の会社より楽しくない」と感じた場合、「転職したのに楽しくなくなるのは失敗だ!」と言語化された思考を持つのが「失敗の認知」と言えます。

しかしながら、「この感じはまだ楽しいとは思えないな。でも、これを楽しいと思えるにはいろんな方法がまだまだあるだろうし、これを楽しくないと思ってしまうということは、自分がまだまだ成長できるってことで、成長しても楽しくないんやったら辞めればいいし、どちらにしても成功だな」と認知することもできるわけです。

スキルもなく、結果もない状態でも、自分らしく、気持ちよくいられる場所はとても限られているでしょう。

スキルを高め、結果を出して自尊心を高めていくと、どこにいても気持ちよくいられるわけです。

つまり、居心地の悪さとは、乗り越えようと行動を取れば、それはもう成功なのです。

乗り越えようと行動し続けて、自分のレベルを上げてから、別の企業への転職活動をすれば、あなたを歓迎してくれる企業の質は高まり、オファーの数は以前よりも増えているはずです。

失敗を成功にカスタマイズできるクリエイターになろう

まさに失敗は成功の基である

以上、クリエイターが転職に失敗しない方法をお伝えしてきました。

何事も反射的に失敗と捉えるのではなく、失敗を仲間に取り入れ、失敗に生かされるクリエイター人生を歩めるようにしていくことで、あなたは最強のクリエイターへ日々成長していくはずです。

ぜひ、どこに行っても活躍できるクリエイターになってください。そして、そもそも、大きな失敗だと感じるような企業がオファーしづらい眩しい存在になってください。

小さな失敗は大きな成功の材料にできるクリエイターになっていきましょう。

▼関連記事

・クリエイターとは?クリエイターの定義
・弁護士に聞く、最近の炎上事例の特徴とクリエイターやマーケターに求められる注意点
・弁護士に聞く、デザイナーがWebサイトや広告でフリー素材を利用する際の注意点

▼クリエイティブ業界の求人情報

・クリエイター求人検索

はじめての方へ

アカウントを登録すると、求人情報やポートフォリオをお気に入り登録することができます。